ビジネスマインド

情報収集しても稼げないのは



情報収集しても稼げないのは

情報収集ばかりしても、稼げるようにはなりません。むしろ、余計に稼げなくなる場合があります。たくさん情報があれば稼げる、と思うのは間違いです。

今回は、情報収集をしてもなぜ稼げないのか、どうしたら、情報を生かして稼げるようになるのかをお話しします。

情報に溺れて動けなくなる

情報収集したら稼げる、と思って情報収集をしていると、逆に迷いを生むことになります。ビジネスなら、集客法をいろいろ調べて、アメブロもいいし、インスタもいいし、どれがいいのかわからなくなります。

そして、コーチングの資格をもっと取ればいいのでは、とか、とりあえずコーチング業界のことを知ろう、とか、どんどん迷いが出てくるのです。

だいたい、情報収集はネットでします。ネットには、無限と言えるほど情報があります。例えて言うなら、海です。海の中を、やみくもに泳ぎ続けたら、そのうちどこにいるかわからなくなって、遭難するでしょう。

また、情報はネットワークのように繋がっているので、ネットワークをいくらでもたどっていくことができます。コーチングビジネスとほとんど関係がないことにまで、行き着いてしまうのです。

これは、情報が溢れて、溺れている状態です。海のような情報を、処理しきることはできません。

だから、コーチングで稼げない時に、「まず情報収集」とか「まず勉強」といっていたら、どんどん稼げなくなっていきます。

では、どうしたら情報をうまく使えるかというと、先に目的地を決めることです。海の中でも、あの島まで行こう、と決めておきます。

そうしたら、とりあえず島までは迷わずに、溺れないで行くことができます。

ビジネスの問題を見極める

ビジネスの目的は、勉強ではなく、収益を上げることです。そのため、目的地は、インプットではなく、アウトプットになります。

目的地を決めるためには、まず現在地を知って、目的地を知る必要があります。これはビジネスプランを作ることでわかります。

ビジネスプランというのは、ビジネスの仕組みと目標数値を決める、ビジネスの設計図のことです。

成約率は50%
体験セッションの申し込み率は20%
メルマガ登録率は10%

というように、先に計画を決めておくことで、目的地を設定することができます。まず、ビジネスプランを先に決めて、自分のビジネスと照らし合わせてください。

成約率が一番大切で、成約率は50%はあった方がいいです。これより低くなると、マーケティングの途中で何かが間違って居る、と考えることができます。

ビジネスを進めるには、ビジネスプランの中で、何が問題かを見極めて、そこを改善しましょう。もし改善するために、知識が足りない場合は、その分だけ情報を集めればいいのです。

やみくもにやると、だいたい集客とか、セールスが問題だと思ってしまいます。そのため、集客術とか、セールストークの練習をするのですが、大抵そこが本当の問題ではありません。

売れる商品があって、売れる仕組み作りができていれば、集客やセールスがあまりできなくても、売ることができます。まず目指すのはその地点です。

そこまで行ってから、集客数を増やせば、どんどん売れるようになりますが、商品が悪いうちはどう頑張っても売れません。

こうやって目的地を決めると、やみくもに情報収集しなくてよくなります。情報を集めると楽しいのですが、それが目的になるとうまくいかないので、気をつけてください。

不安から逃げているだけ

情報収集ばかりするのは、不安から逃げて安心したいという心理があるからです。不安というのは、売れない不安とか、断られる不安などです。

それらの不安があることは問題ではありません。問題は、そこから目をそらしてしまうことと、目をそらしているのに気づかないことです。

ビジネスであれば、マーケティングやセールスをしていかないと、売れません。しかし、それは失敗するかもしれないし、不安があります。

そこで、とりあえず、ビジネスに手をつけている気持ちになるために、情報収集をするのです。

情報が集まっていくと、安心するように錯覚します。ビジネスも進んでいるように錯覚してしまいます。しかし、実際には、売っていかないと売れることはないので、本当に不安が消えることはありません。

一時的に安心しても、また、不安になってしまうのです。そして、情報収集のループにはまって身動きができなくなります。このように不安から逃げるための情報収集をしているから稼げないのです。

こうならないためには、まず自分の不安と向き合ってください。不安を感じて、知識で埋めようとしていることを認識するのです。

そして、安心するためにインプットする癖をやめましょう。これをやめないと、安心する錯覚だけで、問題は解決できません。

不安を解消するには、売るための行動をするしかないのです。

ただ、売るための行動が、果たして正しい行動なのか、という不安はあると思います。その場合は、すでに稼いでいる人をメンターやコーチにして、見てもらった方がいいです。

ブログを30記事書いているけど、アクセスが集まらない、このまま続けていいのか、と、結果が出ないうちは迷います。しかし、すでに稼げている人なら、そのまま続ければ大丈夫、とわかります。

稼げている人なら、どれくらい何をやったらいいか、というのがわかっているからです。そういう人がいることで、迷いなく進むことができます。

売り上げを上げるための行動ができるようになると、必要な情報は自然と集まってくるようになります。毎日ブログを書くと決めていたら、ブログに必要なネタを集められるようになるのです。

出口が決まっているので、情報をそこに向かって生かすことができるようになります。何が必要な情報なのかも、出口から見極められるので、無駄がなくなります。

今回は、情報収集をしても稼げない理由や情報の生かし方についてお話ししました。

情報はやみくもに入れていっても迷うだけです。自分の現在地と、目的地を知り、必要な情報を手に入れる、という順番に変えることで、稼げるようになります。

そして、不安を埋めるため、ビジネスをしていると錯覚するための情報収集を止めてください。売るための行動をして、本当の不安を解決しましょう。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    外側から付け足すほど本質から遠ざかる

    外側から付け足すほど本質から遠ざかる傘の先っぽに、鉄の重りをつ…

  2. お金

    無料でいい話を聞いても稼げない理由

    無料でいい話を聞いても稼げない理由無料でいい話を聞こうとしたり…

  3. ビジネスマインド

    ゴールに対するモチベーションが問題になるのはなぜか

    ゴールに対するモチベーションが問題になるのはなぜかゴールや目標…

  4. ビジネスマインド

    優先順位をつけるとビジネスが進む

    優先順位をつけるとビジネスが進むあなたは、ビジネスの優先順位を…

  5. ビジネスマインド

    劣等感を克服して儲けるには

    劣等感を克服して儲けるには コーチングビジネスをやっていて…

  6. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【後編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー(後編)前回に続き、ビ…

  1. コーチング

    現状の外側は、「なりきり」で行け!
  2. コーチング

    一年の反省は必要ない
  3. マーケティング

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違い
  4. 目標設定

    抽象度の高い「ゴール達成法則」とは?
  5. コラム

    イビザ・サンセットビーチ
PAGE TOP