ビジネスマインド

稼ぐ自信がない人へ



稼ぐ自信がない人へ

稼ぐために、自信がない、と考えていませんか?また、自信があったら稼げる、と思っている人もいるかもしれません。

「まずは自信をつけてから」と言って、勉強をしたり、新しい資格を取ったり、準備をいつまでもしている人は多いです。

実は、自信をつけてから稼ぐ、というのは間違いです。また自信がない、というのも間違っています。自信についてどう考えたら成功するでしょうか。

★動画でも解説しています。
『今の自分を肯定すればゴールが近づく』

自信のなさと、未来への不安を分ける

まず、自信がない、という人は、「未来への不安」があります。未来への不安のことを「自信がない」と言っているのです。

しかし、未来への不安と、自信がないことは違います。未来が不安なのは、当たり前だからです。なぜなら、未来はまだ来ていないからです。

来ていないので、実際はどうなるかわかりません。人間であれば、未来に不安を感じる人がほとんどです。でも、未来に不安を感じるからと言って自信がないわけではありません。

明日の天気に自信がない、と言っても、その人に自信がないことにはなりません。天気はどうなるかわからないのに、自信もなにもないからです。

そのため、自信がないのではなく、売れるかどうか不安だ、と正しく認識することが大切です。

稼げないコーチや、ビジネスを始められない人は、この不安に対処しようとします。

不安は準備をしたり、安心できるために生まれる感情です。なので、不安を消そうとすると、準備がずっと続いたり、絶対安心のところまで何もできなくなります。

未来のことは未確定で、あらゆる可能性があります。そのため、未来の不安要素を事前に消そうとすると、無限の準備が必要になるのです。

ビジネスも失敗しないためのスキルや知識の勉強を、いつまでも続けることになります。また、コーチングセッションも、誰が来ても完璧にできるまで、できなくなります。

もちろん、完璧などこの世にはありませんので、不安を消すための勉強は終わりません。

本人は「勉強したら自信がついて稼げる」と思っているのですが、不安を埋めるための勉強なので、自信にはなりません。

コンフォートゾーンの中に、どんどん問題をこしらえて、それを解くというループを繰り返すだけなのです。

不安に感じていることを認める

この考えを変えるには、まず不安を感じていることを認識することが大切です。将来のあらゆる失敗に対処しようとしていることを、自分で気づく必要があります。

気づかない人は、不安に振り回されて、もっともらしい理由をつけて、自分の気持ちがわからなくなります。なので、本当の自分の気持ちに気づいて、振り回されるのをやめるのです。

そして、未来は誰にもわからないので、不安を感じることは仕方がない、と思いましょう。

不安を感じるのが、異常だと思って、それを消そうとするので、わけがわからなくなるのです。まずは、こういうことも人間だからあるよね、と思ってください。

未来が稼げるかどうかわからないなら、悩んでいる暇に、稼げる確率を上げていくしかありません。それが本当に必要なことです。

そのためには、稼げることをすることが大切です。勉強はいくらしても、稼げることには直結しません。

稼げることというのは、稼ぎ方を教えてくれるメンターやコーチについたり、マーケティング活動をしてお客さんを呼ぶことです。

また商品を見直したり、ウェブを改善したり、といったことがあります。これらに時間を使うようにしましょう。

稼げない人は、稼ぐために必要なこと以外のことに気持ちがいってしまうので、稼げないのです。稼ぐための行動に集中すれば、ビジネスは確実に進んでいきます。

現状を肯定する

コーチングや、自己啓発などでは、「現状を否定しましょう」ということが言われることがあります。これは、現状を否定しないと、成長が止まってしまうから、という理由があるからです。

しかし、現状を否定すると、自信をなくしてしまいます。自分を否定すれば、自分を信じられなくなるのは当たり前のです。

それが不足感や、欠乏感となって、自分を高めなければいけないとか、ダメな自分は頑張らないと成功できない、という考えになります。

コーチングでは、ゴール設定をします。ゴール設定をすると、コンフォートゾーンがずれて、現状の居心地が悪くなるのです。

ただ、この仕組みを間違った捉え方をすると、自分を否定すればいい、という考えになる場合があります。その結果、自分を下げるので、欠点探しや、足りないもの探しになってしますのです。

人間には、現状維持機能があります。例えば、体温はだいたい一定に保たれていますが、それも脳の機能のおかげなのです。この働きをホメオスタシスといいます。

寒かったら、体が震えたり、暖かいところに行こうとします。暑ければ汗をかいて、涼しいところに行こうとします。

これが情報空間にも働いているので、コンフォートゾーンが変わると、現実もそれに合わせて変わっていくのです。

しかし、汗をかくときに、自己否定をする人はいません。

年収300万円の人が年収1000万円のコンフォートゾーンになったら、1000万円が普通なので、むしろ、より稼げているのが普通な状態になっています。

赤ちゃんは、自分を否定しなくてもどんどん成長しています。親が歩いていたら、歩きたい、と思って、真似したりしながら、覚えてしまいますよね。

ところが、大人になると、スキルが足りないので勉強してからとか、自分は高い商品を売るほどの価値がない、と思って、「成長」をしようとするわけです。

Yes I’m goodの本当の使い方

今の自分が価値がある、これでいい、と思うことは、過去も未来も肯定することになります。

今がどんな状況でも、未来がよくなると思えれば、今は未来への必要な通過点になるのです。また、今がいいということは、過去に起こったことがすべてよかったことになります。

良い未来から見たら、今は良い現在になり、良い現在から見たら、過去は良い過去になります。

私たちは、いつもその時の最善の行動をしてきているのです。だから、今という通過点は、最善の結果になります。今の自分を肯定できない人は、未来も過去も肯定できないのです。

自分を肯定すれば、自分に価値があると感じることができ、欠乏を埋めようとすることがなくなります。

その上で、理想の未来をイメージして、ゴールを設定してください。自信がないから何かをする、というのは、want-toではありません。

今は今で満足して、感謝してください。そして、その地点から、「これから何をしたいか」を考えるのです。

稼ぎたいなら、ぜひ稼ぎましょう。どんな楽しいことがあるか、想像してみてください。

私は、自由で豊かな稼げるコーチを育成したいと思っています。

豊かなコーチになる、というのは、お金の話だけではなく、自己肯定をすることも含まれています。自分を肯定できなければ、1000万円稼いでも、10億円稼いでも、本当の自信にはなりません。

稼いだ額が自信になるなら、稼げなくなることが怖くなって、自由ではなくなります。もっと稼がないといけない、という、強迫観念になるでしょう。

これでは、お金があっても豊かさを手に入れたとは言えないのです。

コーチングの言葉で、Yes I’m good!というものがあります。これは、何か成功した時に言う言葉とされています。もちろん、成功した時に言うのもいいです。

しかし、本当は成功した時も、失敗した時もYes I’m good!なのです。稼ごうとして、稼げなくても、goodです。成果が出なくても、よくやった、と思いましょう。

こんな風に自分を認められるようになれば、うまくいきますよ。

あなたが、自信を持って、豊かなコーチになることを願っています。




誰でもできるコーチングの基本スキル前のページ

稼げる未来をもっと確信する次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    労働者思考では稼げない

    労働者思考では稼げない今回は労働者思考では稼げないというお話を…

  2. ビジネスマインド

    なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか

    今回は、なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか…

  3. ビジネスマインド

    成功者の真似をしても稼げない理由

    今回は、成功者の真似をしても稼げない理由、というお話をします。…

  4. ビジネスマインド

    成功するには真逆の発想をする

    今回は、成功するには真逆の発想をする、と言うお話しをします。コ…

  5. ビジネスマインド

    努力すれば稼げると勘違いしているコーチの方へ

    今回は、努力すれば稼げると勘違いしているコーチの方へ、とい…

  6. ビジネスマインド

    労働者がなぜ成功しないのか

    今回は、労働者がなぜ成功しないのかというお話をします。労働者が…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    抽象度を理解して、大量の情報を手に入れよう!
  2. マインド

    ゴール達成を左右する「超重要」マインド!
  3. マーケティング

    なぜ自動化ができないのか?
  4. ビジネスマインド

    慣れ親しんだパターンを変える
  5. ビジネス

    お金に関する雑談
PAGE TOP