マーケティング

お客さんがコーチを選ぶ理由



お客さんがコーチを選ぶ理由

ビジネスでは、お客さんがあなたを選ぶ理由が必要です。

コーチングビジネスなら、コーチングをするというのはコーチなら誰でもやっていることです。また何々の資格を持っているといっても資格を持ってる人はたくさんいます。

なのであなただから頼みたいという理由にはなりません。それは差別化と言ったりポジショニングと言ったりします。

お客さんがコーチを選ぶ理由がないと、他のたくさんのコーチたちとの違いがわからなかったり、同じようなところで激しい競争をすることになります。

しかし選ばれる理由があれば売れるようになるのです。

差別化が選ばれる理由になる

コーチはコーチングを売ろうと思っている人が多いです。そのため、こんなスキルがあるとか、こんな資格を持っているということを売りにしています。

しかしそれはみんなやっていて、お客さんからすると違いが分かりません。なのでお客さんから見て価値のある違いがなければ、あなたを選ぶ理由にはならないのです。

その違いはいろんなところで出すことができます。例えばほとんどの人がアメブロやSNSで発信しているので、ワードプレスのブログを本格的に作ればそれだけでも違いになります。

またどんなサポートするか、どんな悩みを解決できるのか、どんな未来を提示できるのかといったことも差別化になります。

例えばデザイナーであれば、デザインをできる人というのはいくらでもいるわけです。しかしマーケティングまでコンサルできるという人はわずかです。

たいていはきれいなデザインを作ってとか、綺麗なホームページを作って終わりという感じです。それが売り上げにどうつながるかはデザイナー自身もわかっていません。だからホームページを頼んでもそれだけでは売れないわけです。

ホームページの更新とマーケティングをセットで見ることができれば、喜ぶ人は多いでしょう。

ホームページを作りたい人は、ビジネスの場合、売り上げを増やしたいと思って頼むことが多いです。なので売り方とデザインが両方融合できると強みになります。

ただありきたりなホームページを納品するだけではない差別化ができるわけです。

コーチでもただ質問して相手から引き出すコーチングをするだけではなく、自分の得意な分野の問題解決ができたり、マインドセットを教えられればそれが差別化になります。

売れる商品を作るには

コーチングメニューはたいていの人はは他のコーチを見て決めています。この時に売れてないコーチを見るより売れているコーチを見たほうが売れる商品の作り方の参考になります。

もし全く同じことが出来るなら、そのまま商品として出すことができますが、売れている人はマーケティングが上手だったり、信頼度が高いので、そのままでは売れにくいでしょう。売れている人の真似をする人は多いですが、簡単には売れません。

なのでそれを参考にして自分の差別化したメニューをつくります。




固定ページ:

1

2

関連記事

  1. マーケティング

    時間を短縮して稼ぐには

    時間を短縮して稼ぐには今回は、時間を短縮して稼ぐには、というお…

  2. マーケティング

    メルマガは解除されてもいい

    メルマガは解除されてもいいメルマガを配信できない人で、解除され…

  3. マーケティング

    ブログで長文を書くには

    ブログで長文を書くには今回は、ブログやメルマガで長い文章を書く…

  4. マーケティング

    ビジネス塾に入っても稼げないのはなぜか?

    ビジネス塾に入っても稼げないのはなぜか?今回は、ビジネス塾に入…

  5. マーケティング

    集客の仕組み化をして売れない

    集客の仕組み化をして売れない今回は集客の仕組みを作っても成功で…

  6. マーケティング

    コーチングで稼げるビジネススキル

    コーチングで稼げるビジネススキル稼ぐことは、難しいと考えていま…

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    嫌なことをやらずに済ませる「上の論理」の使い方
  2. 目標設定

    ゴールに対する恐怖感を解消する方法
  3. ゴール設定

    ゴールから引っ張られてゴール達成する
  4. マインド

    マインドを強化する5つの方法
  5. 催眠術

    催眠の効果を解説:メンタル、能力アップ、病気・体の不調の治療など
PAGE TOP