マーケティング

メルマガ登録数を増やす方法



メルマガ登録数を増やす方法

コーチングビジネスで、安定して稼ぎ続けるには、メルマガが必要です。

メルマガ登録者のことを、マーケティングではリストと言います。これは、顧客リストのことです。メルマガは、リストを集めて、そのリストに販売することができます。

また、信頼関係を作ったり、興味を持ってもらうことできます。

このリストの質が良く、数が増えて行くと、それだけ売れる確率が高くなり、売上も上がっていくのです。

しかし、メルマガを始めたものの、登録者がない、少ないという悩みを持つ人も多いです。

そのため、今回は、メルマガ登録者の数を増やすための方法についてお話しします。もちろん、数だけ集めても意味がないので、あなたの商品を必要とする人を集める方法についてです。

メルマガ登録がない原因から対策する

メルマガ登録が少ない場合、ビジネスの流れの中で、どこかがつまづいています。まずは、

・ブログアクセス数
・メルマガ登録ページへのアクセス数
・メルマガ登録ページへのアクセス率
・メルマガ登録率

を把握してください。

問題は、

1、メルマガ登録ページの登録率が悪い
2、ブログに来た人が、メルマガ登録ページに来ない
3、ブログアクセス数が少ない

の3つに分けることができます。

メルマガ登録が低いと、ブログのアクセス数を増やせばいいと考えられがちですが、アクセス数を増やしてもそもそもメルマガ登録ページを見なかったら登録しないし、登録ページに問題があっても登録しません。

ざるに水を流しても意味がないように、動線と受け皿をしっかり作ることが大切です。

メルマガ登録ページの登録率が悪い

メルマガ登録率は、登録者数を、メルマガ募集ページへのアクセス数で割って出します。月100PVで、登録者が10人なら、10%の登録率です。

登録ページまでは来ているのに、登録がないということなら、登録ページの問題があります。

メルマガに登録しようか迷う人は、メルマガに登録すると、スパムが来るとか、迷惑メールを心配します。メルマガを取ったことがある人なら、そういう経験は大抵の人がしています。

その中でも登録してくれる人はいるのです。それは、どうしても見たい内容だったり、メルマガ特典が良かったりといった理由があります。

メルマガ特典は、見込み客が欲しがる、メルマガ特典目当てで登録する、というくらいのものにしましょう。ここでは出し惜しみせず、魅力的な特典を作ってください。

無料のセッションをつけたり、動画セミナーをつけたりといった、本来有料になるくらいのものをつけるのです。そうすると、メルマガ登録したくなるので、登録率が高くなります。

動画は、凝ったものでなくても問題ありません。自分の姿を映さないで、パワポだけ画面に出して、話すという形でもいいのです。

こうすることで、読むだけじゃなくて、見る聴くという点で満足度が高くなります。動画が好きな人なら、動画目当てに登録することもあるでしょう。

ブログから、メルマガページに来ない

ブログから、メルマガページに来ない場合は、

・動線が悪い
・ブログとメルマガの内容が合ってない

ことが考えられます。

動線が悪い

動線が悪いというのは、バナーを設置する位置が違っていたり、バナーの文章やデザインが良くなかったり、といった問題です。

何が悪いのかは、テストしてみないとわからないので、一つづつ変えてみましょう。

バナーは、ページトップと、右上と、記事下に置くのが基本です。それができていない場合は、置いてみてください。それでアクセスの変化があるかを見ます。

あるいは、ワードプレスの場合、バナーがページをスクロールしても追いかけてくるようにできます。ワードプレスの「Q2W3 Fixed Widget」というプラグインを入れると、設定できます。

バナーを置く位置では変わらない場合は、バナーのデザインや、文言を変えてみてください。

ブログとメルマガの内容を合わせる

ブログとメルマガの内容が合ってないと、興味を持ってもらえず、アクセスしてもらえません。男性向けの内容で、女性の化粧品のバナーを貼っても、アクセスしませんよね。

だから、ブログの内容と、メルマガの内容のポジションが一致するようにしましょう。ビジネス系のメルマガなら、ブログもビジネス系にして、バナーにもビジネスの内容を書きます。

ブログアクセス数が少ない場合

ブログのアクセス数が少ないのは、SEO対策ができていないからです。SEOは、いろんなテクニックがありますが、見込み客が興味がある内容であることが一番大事です。

小手先でアクセスを増やしても、クライアントが増えないと意味がないので、キーワードでアクセスを集めようとしても、売上が上がるわけではありません。

アクセスしても、興味ないと思われたら、すぐにその人は離脱してしまいます。Googleはこうした滞在時間も見ているのです。また、情報が最新であることも重要です。

コーチはSEOの専門家ではないので、見込み客を想定して、その人に向けて、毎日更新する、ということをしましょう。

そうすると、最新情報で、しかもじっくり読んでくれるようになります。ページ全体の評価が上がっていくと、アクセスも増えていきます。

アクセス目当ての記事を書いても、思ったようにアクセスが来るわけでもなく、来てもメルマガに登録しません。

毎日書いていると、文章もうまくなって、ある程度長い文章も書けるようになります。そうすると、滞在時間も長くなって、評価が上がります。

メルマガ登録を増やして売上を上げよう

今回はメルマガ登録数を増やす方法についてお話ししました。コーチが稼ぐにはメルマガは必須です。メルマガのリスト数を増やして、売上を向上させてください。

メルマガ登録を増やすには、登録率や、アクセス数を数字で管理して、どこに問題があるのかを見極めましょう。そして、一つ一つテストしながら、改善していきましょう。

地味な作業ですが、こうした改善をしていくことで、自動で集客する仕組みができあがります。




関連記事

  1. マーケティング

    ブログネタに困った時の対処法10選

    ブログネタに困った時の対処法10選マーケティングには、ブログが…

  2. マーケティング

    インプットして安心するな。質の高いインプットとアウトプットの方法

    インプットして安心するな知識をインプットすることは大切なことで…

  3. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

  4. マーケティング

    ブログが書けない、続かない原因と対策

    ブログが書けない、続かない原因と対策ブログをやり始めても、多く…

  5. ビジネスプラン

    単価を高くできない理由

    単価を高くできない理由コーチングビジネスでは、安い単価で売って…

  6. ビジネス

    コーチに必要なITスキルとは

    コーチに必要なITスキルとはコーチングで稼ぐために、必要なIT…

  1. コーチング

    あなたは凡人のフリをしている
  2. 脳科学

    本当のポジティブ思考の脳科学
  3. 脳科学

    習慣を変えて夢を叶える方法とは
  4. コーチング

    「セルフトークを改善」する一言とは?
  5. ビジネスマインド

    稼げない人ほど人を頼れない
PAGE TOP