マーケティング

単価を上げるのはなぜか



単価を上げるのはなぜか

あなたは、1回のセッション単価はいくらで売っていますか?もし5千円とか1万円でやっているなら、単価を上げた方がいいです。

なぜかというと、稼ぐことを考えると、安い単価では無理だからです。そして、安い単価でやることは、実はクライアントを幸せにしません。

単価が高い方が価値を受け取れる

売れないコーチは、安い値段でやればお客さんは幸せになると思っています。だから、できるだけ安くしようとか、ボランティアみたいになっていきます。

しかし、安い値段でお客さんが喜んでくれても、本当にお客さんのためになるわけではありません。それは、お客さんが価値を受け取れないからです。

5千円で商品を売ったら、5千円のものだと思ってお客さんは買います。すると、受け取れる価値は、5千円くらいになります。

無料でやれば、「無料でいいんですか?」と行って喜ぶ人もいるでしょう。しかし、無料だからと言って来る人は、やはり無料の価値しか受け取れません。

そのため、「いい話を聞きました」と行って、何も変わらない、となってしまうのです。

無料の人は、「まあ気に入ったらやろうか」くらいの気持ちでくるので、アドバイスをしても実践しないのです。喜ぶのは、無料で得できたと思うからです。

逆に、お金を払いたい人にとっては、格安や、無料だと、効果がないと思われるか、申し訳ないと思わせてしまいます。

お金を払いたい人は、たくさん価値を受け取りたい人です。100万円払って、100万円、1000万円以上の価値を取りに来る人です。ちょっと得したい人ではありません。

そういう人にとって、安い商品は魅力がありません。稼げないコーチは、お金を払いたい人を助けられないから稼げないということです。

お金を払いたい人には、お金を払わせてあげることが、助けることです。100万円以上払ったら、遠慮なく、100万円以上の価値を取りに来れるからです。

そうすることで、コーチもクライアントも豊かになることができます。

これが5千円でコーチングを売っているの人から、100万円以上の価値を受け取るとなると、無理なので頼まないのです。

金額をあげることで、クライアントにも本気になってもらうことができます。お客さんにとって、楽には払えない金額を払ってもらうことで、覚悟が決まるのです。

1万円なら、損したとしてもそんなに痛くありません。だから、回収しようという気持ちにはなりません。しかし、数十万、100万以上となると、回収しようという気持ちになるのです。

もちろん、コーチの側も、それに答えるために、本気でやります。値段を上げることで、コーチの能力も上がるのです。

これが5千円でやっていたら、自分の意識も5千円で止まってしまいます。値段を上げることにブロックがある人も多いですが、値段を上げた方が、自分にとっても、お客さんにとっても価値が増えるのです。

もちろん、お金儲けマインドが肥大している人もいるので、しっかりやらない人もいますが、あなたはそんなことはないと思います。

価格を上げる必然性

どんどん安くしていったらいいとか、コーチングの種類によっては、お金を取ってはいけないというところもあるようです。

また、コーチは本業ではいけないとか、趣味でやった方がいい、という人もいます。こうした人たちは、コーチという職業の価値を貶めています。

弁護士とか、会計士に対して、ボランティアでやりましょう、とか、趣味でやりましょう、といったら、アホだと思われるでしょう。

それと同じように、コーチという職業は、価値が高いものなので、自分から貶める必要はないわけです。堂々と、本業として、お金をもらっていいものです。

あなたが、こんなにもらったら申し訳ない、と思っていたら、自分で価値を下げることになります。

本業にするからには、月に30万円では足りないので、月商で100万円くらい全然もらってもいいのです。

自営業は、サラリーマンとは違うので、サラリーマンが平均500万円の給料なら、自営では2〜3倍くらいで金銭的に同じ水準だと思ってください。

というのも、サラリーマンは、地位がある程度守られているからです。社会的な信用力もあります。いい会社だと、給料も上がっていきます。

もし自営業で、安いセッションフィーでやって、月20万円の収入とかになると、サラリーマンと比べることはできません。フリーターと比べた方がいいでしょう。

少し収入が減れば、途端に行き詰ることになります。確かにボランティアや副業や趣味、パートの仕事とあまり変わらなくなります。

もちろん、人の生き方なので、好きにしたらいいのですが、みんながこうしないといけない理由はありません。本業で稼いで、家族を支えたり、プロとして豊かに生きたい人もいます。

自営の場合、自分がリスクを負っているので、サラリーマンの給料と同じではありません。そうすると、1回数千円とかでは、成り立たないとわかるでしょう。

5千円で100万円稼ごうとすると、月200セッションです。これはできない数字です。30万円の契約を月1人なら、3人クライアントがいればいいので、3回か6回のセッションになります。

月に30万円稼げれば、とりあえずの生活はできます。そして、本業レベルとなれば、月2人で60万円以上は必要です。

あなたも、ぜひ、まずは月30万円、そして、月100万円以上を目指してください。

豊かなコーチのチームを作ります

これまで、コーチングの世界では、資格だけ発行して、稼げないコーチがほとんどという状況でした。コーチも、少しやって売れないと、やめてしまう人が多かったのです。

結局、資格発行ビジネスになってしまっているので、コーチにとっても、コーチングを必要とする人にとっても、良くない状況です。

コーチングを本業の職業としたいので、私は、豊かなコーチを育成したいと思っているのです。そういうコーチが増えると、コーチングの価値は高まっていきます。

・コーチが自由と豊かさを両方持っている
・クライアントの人生を変えられる

こうしたコーチが増えることで、立派な職業になっていくのです。そういう、本業のコーチのチームを、私は作りたいと思っています。

コーチが自由で豊かになることで、クライアントにも、自由と豊かさを伝えることができると私は思っています。

クライアントを導くためにも、まずはコーチ自身が理想の生活をぜひ実現してください。

そのために、これからも皆さんに、どんどん情報を提供していこうと思います。正しい情報を知っていただくことで、皆さんに、少しでも豊かなコーチに近づいていただきたいです。

あなたが、豊かなコーチになれることを祈っています。




関連記事

  1. マーケティング

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違い

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違いコーチと言っても…

  2. ビジネスプラン

    単価を高くできない理由

    単価を高くできない理由コーチングビジネスでは、安い単価で売って…

  3. マーケティング

    副業でコーチとして活躍する方法

    副業でコーチとして活躍する方法コーチングビジネスでは、副業から…

  4. ビジネスマインド

    あなたの強みを発見する3つの方法

    あなたの強みを発見する3つの方法あなた独自の強みを打ち出せると…

  5. ビジネス

    コーチに必要なITスキルとは

    コーチに必要なITスキルとはコーチングで稼ぐために、必要なIT…

  6. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    エフィカシーを上げるには「○○」をしよう
  2. マーケティング

    インプットよりアウトプットに集中する
  3. お金

    楽して儲ける方法
  4. コーチング

    「抽象度」が上がる「縁起」の見方
  5. ビジネスプラン

    売れる商品作りのマインドセット
PAGE TOP