マーケティング

売り上げにならない事はしない



売り上げにならない事はしない

今回は、売り上げにならない事はしない、という話をします。

稼げるようになるには稼ぐことに集中して、売り上げにならない事はしないことが大切です。人生の価値観はいろいろで良いのですが、ビジネスをやるなら、ビジネスにおいてはお金にならないことをやらないことです。

というのも、売り上げにならないことをやっていても、ビジネスは成り立たないからです。特に稼げてないうちは、売り上げに直結することをして、稼げる仕組みを作ることに集中する必要があります。

稼げないコーチの多くは、売り上げに関係ない行動ばかりなので稼げるようになりません。

例えば資格の勉強するとか、稼げないコーチ同士で練習会をするといった行動を取る人が多いです。こうした学びは売り上げに直結するわけではありません。

学んだ方が学ばないよりいいと思っている人もいると思いますが、学んだことで余計稼げなくなることもあります。

稼げないと、お金が回らなくなるので、労働をせざるをえなくなります。結局どこからかお金を持ってこないと活動を続けることができないのです。

なので、ビジネスをするためには、自分が決めた売り上げを達成し続ける必要があります。

そのために必要な行動を取らずに売れるほど甘くはありません。だからがんばっているのに稼げないコーチがたくさんいます。

売り上げに集中するというと悪いことだと思う人もいると思いますが、ビジネスをやる上では当然のことです。

労働者のように給料はもらえない

コーチングで稼げてないとしたら、売り上げにつながらない行動が多いからです。

労働者だったら、売り上げにつながらない行動をしていても、給料をもらうことができます。例えば、その辺で暇をつぶしていても、ネットサーフィンをしていても決まった時間会社に入れば給料が保障されているわけです。

その感覚でビジネスをやろうとしてもうまくはいきません。

労働者なら、資格の勉強をしていてもお金がもらえるかもしれませんが、自分で事業やるなら、資格の勉強していてもお金が出ていくだけです。

お客様が勝手に資格を評価してお金を振り込んでくれるわけでは無いからです。

コーチは副業でやっている人がほとんどなので、そうした感覚が弱いと思います。副業だとコーチングの勉強しても、コーチ同士で練習会をしていても、給料が途切れることがありません。

もちろん、コーチングでは稼げてなくても、お金は安定して入ってくるわけです。

私も、もともと会社員を6年ぐらいやっていたので、給料が入ってくるという感覚に慣れていました。

会社を辞めてもなんとなく給料が入ってくるような気がしていました。

しかし給料収入がなくなってビジネスだけになると、自分で売り上げを上げないことには、お金が入ってこないという現実に気づきました。

自分が稼ぎにならないことをしていても、収入は入ってきません。なので売り上げに直接つながることをする必要があるのです。労働者のようにただ頑張ってればいいとか、時間が過ぎれば良い、という考えではビジネスができません。

そんなふうにしていると、ただ忙しいだけで、全然儲からないということになります。コーチングビジネスをしても、売れなくて労働者に戻ってしまう人もよくいます。

お金が嫌なら、ビジネスはしないで、ボランティアでコーチングをすれば良いですが、稼げるようになるには、売り上げに繋がること以外はしないことです。

稼ぐことを優先する

売り上げに直接つながるのは、お客様に商品を買ってもらうことです。そして、それらに直接つながることをする必要があります。

具体的にいうとブログやメルマガを発行したり、セミナーの募集をしたり、セッションの募集をするといったことです。逆にいうとこれら以外はやる必要がないことです。

私も1日に1時間以内で仕事は終わってしまいます。後はクライアントのセッションをするだけです。なぜそうなるかというと、必要な事しかしていないからです。

私のクライアントに対しても、余計な事は言いません。ビジネスの勉強をしましょうとか、コーチングの練習会にいきましょうということも全然言いません。

むしろ、それをビジネスの活動だと思ってしまう方がよくないのです。だから学ぶのは、ビジネスで稼いだお金と時間の、あまりでいきましょう、と教えています。

そして、そのぐらい集中しないで稼げるようになるほど、ビジネスは甘くはありません。なぜならお客様がいることだからです。

自分が労働したからとか頑張ったからといって、お金がもらえるわけではありません。お客様のニーズに応えることでお金をいただくことができるわけです。

その他の活動を一切しなくても、お客様のニーズに応え続けるだけで稼げるようになります。

逆にそれをしないで、いくら社会貢献活動みたいなことをしても、勉強して頑張っているようでも、全くお金にはなりません。先ほども言ったようにお金にならないという事は、ビジネスを続けられないということです。

お金があればビジネスもできるし時間もできます。稼げないのはお金の大切さがわかっていないからです。その結果、お金のために1日中労働しないといけなくなります。

稼げていない、ということは、売上に繋がる行動の優先順位が低い、ということです。なので、ビジネスにかけるお金も時間も後回しになってしまい、ほとんどできなくなります。

私も、1日1時間で良いですよ、と言っていますが、1日1時間確実に使える人はほとんどいません。それが優先順位が低いということです。

コーチングで稼ぎたいなら、売上にならないことはやめて、売り上げに直接繋がることの優先順位を1番にしてくださいね。

そうやって、お金と時間ができれば、ビジネスに関係なく学ぶこともできるし、社会貢献活動も好きなだけすることもできます。この優先順位を覚えて、あなたも稼げるようになってくださいね。




関連記事

  1. マーケティング

    Facebookで売れない理由

    Facebookで売れない理由今回は、Facebookで売れな…

  2. マーケティング

    コーチングの副業で稼ぐ方法

    コーチングの副業で稼ぐ方法コーチングビジネスで副業で稼ぎたいで…

  3. マーケティング

    やれることで欲しい人を探す

    やれることで欲しい人を探すあなたは、コーチングの収入を増やすた…

  4. マーケティング

    言いたいことを言った方が稼げる

    言いたいことを言った方が稼げるコーチングビジネスの情報発信では…

  5. マーケティング

    コーチが稼ぎ方を学んだ方が良い理由

    今回はコーチが稼ぎ方を学んだ方が良い理由についてお話しします。…

  6. マーケティング

    お金をかけてるのに売れないのはなぜか

    お金をかけてるのに売れないのはなぜかコロナの影響で経済が低迷し…

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    「身近な人」を変えるには?その「根本的な解決法」
  2. マーケティング

    フェイスブックで集客できない原因
  3. ビジネスプラン

    稼げるプロコーチになる条件
  4. マーケティング

    苫米地式コーチングで稼げなかった人へ
  5. お金

    お金を稼ぐ罪悪感を捨てる
PAGE TOP