マーケティング

売れるブログライティングの仕方



売れるブログライティングの仕方

ブログには、売れる書き方と、売れない書き方があります。ブログをなんとなく書いているだけでは、売れません。

ブログを書く目的は、アクセスを集めることだけではなく、商品を必要とする人の、入り口になることです。ブログから、ステップメールや、メルマガに登録してもらいます。

なので、商品を必要とする人が来て、ためになる内容を書きます。ただ、ためになるだけでは弱いので、さらに、印象に残るように書くことが大切です。

非常識なブログライティング

ブログの書き方のポイントは、

「常識を常識じゃなくすること」

です。

一般的に、常識だと思われているようなこと、当たり前のことを、実は常識じゃない、と反転させるということです。

例えば、「猫背を治すためには、ストレッチと、筋トレをして、良い姿勢を保てるように意識しましょう」ということが広く言われています。

だから、猫背を治したい人は、どんなストレッチをするか、どんな筋トレをするか、という頭があります。

これを反転させると、「猫背には、ストレッチも筋トレも、良い姿勢の意識も必要ありません」という内容になります。

そうすると、常識を信じて、ストレッチや、筋トレが必要だと思っていた人は、ぎょっとするわけです。

ストレッチや筋トレでうまくいく人もいるかもしれないですが、うまくいかなかったり、面倒でなやんでいる人もいるでしょう。

そうすると、常識でうまくいかない人は、ブログを面白いと思ってくれます。他の人と言っていることが違うので、差別化にもなるのです。

多くのコーチは、常識的なことを書いてしまいます。そうすると、みんなと同じ内容になってきて、差別化ができません。みんな同じなので、魅力がなくなります。

あなたもネット検索をすると、同じようなことを書いてある記事ばかりだな、と思ったことはありませんか?そんな感じで見られてしまうということです。

差別化とか、ポジショニングで、小さなマーケットに絞る、ということは言われていますが、小さなマーケットに絞っただけでは売れません。

コーチ自身のやりたいこととか、得意なことと、商品を必要とする人が合ったら、売れるのです。

ここを勘違いして、差別化だから、と言って、他のコーチと違うことをやっても、意味がありません。そもそも、お客さんがいないかもしれないからです。

売れるポジションを取るには、常識を常識じゃなくすることが大切です。そうすることで、あなたのファンになってくれる人が来ます。

アクセス数は気にせず好きなことを書く

具体的には、どのように書いたらいいか。自分の書きたいことを書いてください。

コーチングを勉強している人や、自分の好きなことなら、一般的な内容以上に知っていることとか、思っていることがあると思います。

みんなが言っているけど、違うこととか、疑問に思うこと、自分はうまくいかなかったことなどでもいいです。

あるいは、気に入らないこと、自分の経験から言える成功体験、クライアントから聞かれたこと、などからも考えることができます。

ダイエットコーチなら、糖質制限は意味がないとか、運動しても痩せない、など。そうすると、糖質制限をしている人は、びっくりしますね。

こんな風に、自分のビジネスの中で、自分が好きなこととか、言いたいことを書いていくのです。そうすると、文章にパワーが出て、読んでいる方も面白くなります。

もちろん、嫌われることもあるでしょう。常識とは違うので、気に入らない人も出てきます。しかし、そういう人は、離れていくだけです。

嫌われるくらいのことを書いたら、逆に好きになる人もいます。

高額商品を売る場合、好きになってくれた人しかどのみちクライアントにはなりません。だから、買ってくれる人のために、濃い内容を書いていく、ということが大切です。

クライアントは、年間せいぜい20人もいれば十分です。50万円の商品なら、年商1000万円になります。

ということは、100万人に向けて書くより、年間20人に向けて書くくらいで良いのです。メルマガに月1人しか登録がなくても、1人がクライアントになれば問題ありません。

売れない人は、集客とか、アクセスを増やそうと考えます。そのため、広く浅い内容になりがちです。それは、ブロガーとか、薄利多売の商品なら良いですが、コーチングでは売れません。

もっとも、広く浅い内容を書いても、アクセスは集まりません。なぜなら、競争が激しいからです。

コーチングのブログなら、好きなことを書いて、1日100アクセスくらいあれば、十分稼げます。もちろん、アクセス数だけが全てではないですが、少ないアクセスでいいのです。

ブロガーなら、1日3万アクセスとかないと、生活できません。

好きなことを書く、というのは、もちろん、趣味のこととか、日記ということではないですよ。自分のビジネスで、好きなことを書いていくのです。

売れそうなことを書く、という視点だと、うまく書けなかったり、続かなかったりします。好きなことを書けば、自然と良い文章が書けて、続くようになります。

1日1時間で書ける分だけ書く

ブログで成果をあげるのに、1日1時間ブログを書きましょう。1時間という時間で区切るので、文字数は考えなくても良いです。

何時間も考えて、結局書けなかった、という経験はないですか?それでは、意味がないし、負担が大きすぎます。

1日3時間ブログを書きなさい、と言われたら、できる人はかなり少ないです。

1時間で区切って、その間書けるだけ書いて、文字数が少なくてもアップしてしまいましょう。毎日書いていけば自然とうまくなります。

手が止まってしまう人は、完璧主義になっています。下手なのでまだ書けないとか、完璧な文章を書かないといけないとか、すごくハイレベルなことを考えているのです。

しかし、いきなりハイレベルな文章が書けないので、止まってしまいます。

最初は本当に、ゴミをアップするくらいの気持ちでいいのです。その時はいいと思ってアップすると思いますが、1年経って上達したあなたから見たら、下手だなと思うでしょう。

だから、今うまく書けなくても、出来を気にしないで、どんどんアップしてください。

それを続けていれば、自然と文章力が上がり、たくさん書けるようにもなります。1時間で500文字だったのが、3000文字くらいかけるようになります。

また、見る方からしたら、1日かけて書いた文章か、1時間で書いた文章かはわかりません。どっちが面白いかも、見る人の判断です。

グーグルの評価も、見込み客の評価も、相手次第です。そのため、気にしすぎないでください。

気にして、ブログが書けなくなれば、稼ぐことができなくなります。それよりも、気にせずどんどんアップしていった方が、はるかに良い結果になります。

今回は売れるブログライティングについてお話ししました。

今回の内容も、一般で言われている書き方と違うと思います。好きなことを書いたら売れる、というのは、SEOを勉強している人からしたら、信じられないかもしれません。

あなたも、常識を、常識じゃなくするライティングをしてみてください。

ブログがうまくいかなかったり、続かないのは、いろんなことを気にしすぎるからです。気にせずどんどんアップしていってください。

もちろん、ブログだけで稼ぐことは難しいので、ビジネスのパーツも揃えてくださいね。




関連記事

  1. マーケティング

    文章を書くコツ

    頭の中にモデルを作るコーチングビジネスをやる上で、メルマガや、…

  2. マーケティング

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリット

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリットブログを書くことで…

  3. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

  4. マーケティング

    コーチのための「文章がうまくなる5つのポイント」

    文章がうまくなる5つのポイント文章がわかりやすく、面白くなるに…

  5. マーケティング

    集客を学んでも稼げないのはなぜか

    集客を学んでも稼げないのはなぜか稼げないコーチは、集客ができな…

  6. マーケティング

    マーケティングに時間をかけすぎない

    マーケティングに時間をかけすぎないコーチングビジネスで稼ぐには…

稼げるコーチ養成講座

  1. マインド

    「わずかな労力」でゴールを達成するための思考法
  2. コラム

    ドクターの蔵書
  3. マインド

    幸せになろうとすると幸せになれない?
  4. 脳科学

    「自己イメージが一気に上がる」、フランスの大学受験にチャレンジ
  5. マインド

    将来への不安を消して、未来にワクワクする方法
PAGE TOP