マーケティング

外から付け足しても売れないわけ



外から付け足しても売れないわけ

売れる商品を作るのに、どこかから、スキルを学んだり、資格を取ったりする必要はありません。

スキルや、資格は、学んでいる人が多いですが、それを繰り返していても稼げるようにはならないのです。

稼げるようになったら、マネタイズの仕方がわかるのですが、稼げないのに学び続けても、どうやってお金にするかわかりません。

稼げないコーチは、外から何かを付け足すことで、稼げると思っていますが、実はもう稼げるものは持っています。

資格やスキルをとって貧乏になる

良いスキルとか、良い知識は大事ですが、それがあったとしても、売れなければお金は入ってきません。

こんなに良いスキルを支えますとか、こんなに知っています、と言っていても、お客さんがお金を払わなければ意味がないのです。

反対に、何かの資格を持ってなくても、お客さんが欲しがるものを提供できれば、ビジネスになります。

稼げないコーチは、そのお客さんの欲しがるものが、スキルとか、資格だと思っているのですが、お客さんは「自分の問題が解決するか」「自分のゴールが近づくか」に興味があります。

コーチは、自分がスキルを学びたいと思っているから、スキルが売れる、と思ってしまうのです。それは、コーチ向けの話で、それ以外の人は、人生を良くしたいと思っています。

そのため、コーチが、コーチ視点で、「良い商品」「完璧な商品」をいくら作ってみても、売れません。お客さんの視点で作らないと売れないのです。

資格を付け足したら売れる、とかいうのは、全然マーケットやお客さんが見えていないわけです。学ぶこと自体は、悪いことではないですが、それとお客さんに求められるかは別の問題になります。

サラリーマンでも、資格を学んだらお給料が増えるわけではありません。なぜかというと、会社に必要とされていないからです。

会社はビジネスをしているので、商売に直接つながる資格には給料を払いますが、そうでなければ払わない、というシビアな判断をしています。

しかし、労働者はほとんどそれがわからないので、自分で考えた、自分の価値アップをしようとします。資格とかスキルを付け足したら、自分の市場価値がアップする、と勘違いしているのです。

コーチングの場合は、コーチング資格を持っていて、稼げない人が多いので、資格を持っていても、それで売れるということはありません。

コーチとして稼ぎ続けたいなら、労働者思考を止めて、ビジネス思考になる必要があります。つまり、市場価値のあるものを売るという発想になるということです。

これは、お客さんの視点がないとわかりません。お客さんは、年収を増やしたいとか、スポーツがもっとうまくなりたいとか、人間関係を良くしたい、などの悩みや希望があります。

それらが、お金を払ってでも達成したいことなら、ビジネスが成り立ちます。あとは、その悩みや、希望が解決できると信じてもらえれば、クライアントになってもらえるのです。

お客さんのニーズを見つける

だから、大事なのは、いかにお客さんにとって必要な商品を作れるかです。商品がないと、いくらアクセスを集めても、広告を出しても、売れません。

要らない商品は、コーチがいくら良いと思っても、ゴミと同じです。

例えば、あなたの家に、工事用の赤いパイロンが届いたとします。それがいくら高品質のパイロンでも、すぐに不燃ゴミか何かで出してしまうでしょう。

要らないものは、ゴミなのです。コーチングも、形はないですが、セッションや移動などで時間を使います。また、コーチと話すわけです。好きでもないのに、お金を払って買うことはありません。

しかし、稼げないコーチは、人をたくさん集めたら売れると思ってしまっているのです。なんでもいいから、集客とか、アクセスを集めればいいという発想です。

商品作りをするのではなく、たくさん人がいれば誰かが買うだろうと期待するのですが、誰も欲しがらない商品なら、やはり売れません。

集客術とか、ツールとかに頼っても、ザルで水をすくうのと同じになります。

ここで、売れないコーチは、「売れないので勉強する」と思ってしまいますが、売れる商品を作るという視点になることが大切です。

勉強しなくても、売れるものを作れるはずです。実はコーチが思っているよりも、必要なスキルというのは少ないです。

例えば、経営者向けのコーチングをする、と言ったら、すごいスキルや知識が必要だ、と思う人が多いと思います。めちゃくちゃビジネスについて勉強しなければ、と思うかもしれません。

しかし、MBAまでとっても、コーチングができるわけではありません。というのも、ポイントはそこではないからです。クライアントに知識とか、スキルがある方が、コーチはやることが少なくなります。

経営者の場合なら、マインドセットもよくできている人が多いので、ほとんどやることがありません。だから、スキルがあまり要らないのです。

ニーズが満たせればビジネスになるので、今自分が持っているものを動員すれば、商品作りができます。また、後から付け足してもいいのです。

実際には、売れるものとか、すごい力を持っているのに、気づいていない人が多いです。自分が持っているのに、外から付けたそうとしている、もったいない状態です。

自分の強みは、当たり前になっているので「大したことないですよ」と思いがちですが、大したことあるとか、役立つかどうかは、お客さんが決めることです。

「レンタル何もしない人」という人気のビジネスをしている人が以前話題になりました。この人は、ただいるだけで、何の能力も使わずに、お金をもらっています。

一人で入りにくいレストランに一緒に行って欲しいなどのニーズで、かなり人気になったのです。

スキルどころか、むしろ、持っている能力を捨てているくらいです。それでも、人の役に立てばビジネスになります。

売れる条件を最短で揃える

売れるために必要なことは、売れる条件を満たすことです。売れる条件は、お客さんが欲しいと思うかどうかです。そのためには、まず売れる商品が必要です。売れる商品を、マーケティングするから売れます。

しかし、売れないコーチは、条件を自分のコンフォートゾーンで考えて、売れない商品を売ろうとしたり、自分を高めれば売れると思ってしまいます。

私は、さっさと稼ぎましょうと言っていますが、それは、さっさと売れる条件を揃えましょう、ということです。

その売れる条件は、売れないコーチが思っているものとは違います。条件がわかっているなら、稼げているはずです。だから、コンフォートゾーンの外側の答えなのです。

商品を売るというのは、めちゃくちゃ難しいことではありません。オリンピック選手になりましょう、と言っているわけではないのです。

やることをやって、条件を揃えれば、稼ぐことができます。ちゃんとやれば、半年もあれば売れる仕組みが出来上がります。

そうしたら、継続して稼ぎ続けるプロコーチになれるのです。

一人でやっていたら、3年5年10年経っても売れるようにはなりません。実際そういう人はいます。

ビジネスには、スピードも大切です。何年かしたら、コーチング業界も変わっているでしょう。今の基準を、何年かかけてやる、と思っていても、そのときにはもう売れなくなっています。

本気で稼ぎたいなら、最短で、売れる条件を揃えて下さいね。




関連記事

  1. マーケティング

    嫌われるブログライティング

    嫌われるブログライティングあなたはどんな文章を書いていますか?…

  2. マーケティング

    インプットして安心するな。質の高いインプットとアウトプットの方法

    インプットして安心するな知識をインプットすることは大切なことで…

  3. マーケティング

    言いたいことを言った方が稼げる

    言いたいことを言った方が稼げるコーチングビジネスの情報発信では…

  4. マーケティング

    文章を書くコツ

    頭の中にモデルを作るコーチングビジネスをやる上で、メルマガや、…

  5. マーケティング

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリット

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリットブログを書くことで…

  6. マーケティング

    コーチングビジネスは儲からない?

    コーチングビジネスは儲からない?コーチとか、コーチングビジネス…

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    未来の可能性を広げる、選択肢の増やし方
  2. 目標設定

    現状を大きく抜け出す「本当の時間感覚」とは
  3. コーチング

    アファメーションが入らない原因と効果を出す方法
  4. コーチング

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる
  5. 目標設定

    成功するマインド、失敗するマインド
PAGE TOP