脳科学

体に良い気を取り入れる方法

私はヒーリングの一つとして、気功を使ったヒーリングをしています。気功っていうと、なんだか怪しい、特別な力という感じがするかもしれません。中国の白い衣装を身に着けた人が、不思議な動きをしているようなイメージを思い浮かべる人もいるでしょう。

超能力みたいに思われている気功ですが、実は誰にでも使うことができるんです。今回はブログ記事を読んだだけでも簡単に実践できる気功をお教えします。気功を使えるようになると、体にいいエネルギーを使うことができます。また、やりたいことや目標を実現する力も付くので、練習してみてくださいね。

気とはなんだろう

気ってどんなものでしょうか?たとえば、私たちの体も気でできています。また目の前にあるパソコンも、携帯も、猫や犬も気でできているんです。宇宙のあらゆるものは気でできていると言えます。生き物か、生き物じゃないかは関係なくどんなものでも気なのです。

もちろんいろんな定義があると思いますが、ここでは気とは、私たちが認識している世界を作っているエネルギーのことだと考えてください。

例えば、食べ物には太陽のエネルギーが入っています。野菜は光合成をして太陽のエネルギーを取り込んでいますね。太陽の光のエネルギーは、野菜の一部なのです。また物質も電気の力で形を保っています。このように、世界はエネルギーでできていて、そのエネルギーのことを気と呼ぶのです。

良い気を取り入れる効果

「病は気から」と言われているように、気の状態によって病気になったり、病気が治ったりします。気の状態をコントロールできるようになれば、自分の体を健康に保つこともできるし、ダイエットすることも、太ることもできるようになります。

私も気によってクライアントさんの悩みや、体の不調を解消していますが、体の気が整ってくると、心も体も良い方に向かっていきます。

それでは気を上手く使えるようになるための、簡単に実践できる方法をご紹介します。

良い気を取り入れる2つの方法

ご飯の気を取り入れる

ご飯を食べながら、ご飯のいい気を取り入れる方法です。ご飯は気でできていますから、ただ食べるだけじゃなくて積極的に気を取り入れるように意識すれば、気が体にうまく入ってきます。

気を取り入れる上では、意識したりイメージしたりすることが重要です。意識やイメージもエネルギーなので、これらをうまく使うことで、気を取り入れられるようになります。

img_bnr_01

実践するのは、ご飯を食べるときだったらいつでも大丈夫です。おやつを食べるときにやってもいいです。ご飯を食べながら、ご飯の気のエネルギーが体に入っていくのをイメージしてください。

ご飯を食べるたびに、自分の体にご飯のエネルギーが満ちていくようなイメージです。体が光るようなイメージやあったかくなるようなイメージなど、自分がやりやすいものでやってみてください。

先ほども言いましたが、食べ物には太陽のエネルギーが入っています。私たちはそれを利用して生きているんです。なんとなく食べているとそのことを見過ごしてしまいますが、意識することでエネルギーを高めることができます。

毎食ごはんを食べるときに、意識して実践してみましょう。ご飯もおいしくなりますし、体のエネルギーが満ちてくるのを感じられると思います。この練習をしていると、自分自身で自分の体内の気を高めることができるようになるでしょう。ご飯がなくても、ご飯を食べるときのような感覚で、体内をいい気で満たすことができます。

空間の良い気を取り入れる

息を吸うときに、空間の中の良い気を取り入れていきます。息を吸いながら、良い気が入っていくことをイメージしてみましょう。綺麗なキラキラしたものが体に入っていくとイメージしてもいいです。

空間と言っても、自分が今いるところだけでなくても大丈夫です。例えば、宇宙をイメージしてそこから生命エネルギーを集めるようにしてもいいですね。好きなイメージをしながら気を取り入れてみましょう。

そして、ゆっくりと息を吐き、そのときに、取り入れた良い気が身体中に行き渡るイメージをしてみましょう。イメージだけではなく、体感として気が浸透していくような感覚を感じられるといいですね。

取り入れた良い気で遊んでみる

体内の気を感じたら、体の中で気を動かしてみてください。体の中で気をぐるぐる回したり、手に集中させてみたり。気が動いているのを感じることができるでしょう。そうやって遊んでいると、気をコントロールするのがどんどん上手くなっていきますよ。

ちなみに、気を感じる感覚を強くするためには、特別な意識状態になるといいです。もっとリアルに気をコントロールできるようになりますよ。意識状態を作るには、自己催眠術で潜在意識を変える方法をご覧ください。

良い気は意識すれば誰でも取り入れられる

気はどこにでもあります。そして誰でも良い気を取り入れることができます。気とは、私たちが認識する世界を作っているエネルギーです。食べ物や空間の良い気を取り入れるイメージをすることで、良い気を利用することができます。

良い気になるか、悪い気になるかは自分のイメージ次第です。積極的に、自分が良い気のイメージを作っていくことが大切です。

img_bnr_01

関連記事

  1. 脳科学

    五輪ロゴデザインからわかるスコトーマの原理

    ちょっと前にたいへん話題になったオリンピックのロゴ。再募集しているとか…

  2. 脳科学

    ゴール達成をしたければ「即刻テレビを捨てよう」

    やりたいことがみつからない、抽象度が上がらない、もしそう思ったら自分の…

  3. 脳科学

    現状から抜け出す「フレームの壊し方」

    私たちはいつもフレームでものごとを捉えています。フレームというのは、「…

  4. 脳科学

    スコトーマを外す4つの方法で、ゴールを現実にする

    ゴールや目標を設定した、あるいは、設定したいけど、あまりリアリティがな…

  5. 脳科学

    劇的に「自我を変える」確実な方法

    セミナーや本で勉強しけど、現実が変わらない。今回は現実が、…

  6. 脳科学

    トラウマを解消させる「自己責任」

    トラウマにしないためには、自己責任の考え方が必要です。トラウマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

img_bnr_02

  1. 目標設定

    儲からないゴール設定
  2. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法
  3. ビジネス

    成功者洗脳がゴールを見えなくしている
  4. 目標設定

    「ゴールが続かない人」へのアドバイス
  5. 催眠術

    催眠術は怖いのか?プロ催眠術師が催眠術の実際を解説
PAGE TOP