脳科学

本当のポジティブ思考の脳科学



ポジティブ思考とネガティブ思考はどちらがいいのか、ということが議論になることがあります。例えば、ネガティブ思考では目標を達成できないとか、いやいやポジティブ思考では現実は変わらないとかそういう感じです。ゴール達成に役立つのは、本当のところはどっちでしょうか?

ポジティブ思考とネガティブ思考

よく言われるのが「コップに半分水が入っているときどう捉えるか」という問題です。ネガティブ思考の人は、「半分しか入っていない」と考え、ポジティブ思考の人は「半分も入っている」と考えると言われたりします。この問題では、結論はポジティブ思考になりましょうということです。

私は、そういうことならポジティブでもネガティブでも「どっちでもいい」と思います。これは大したことではありません。でも、私はポジティブ思考の方が良いと思います。矛盾していますね。ただそれは、私がポジティブ思考の意味を違うふうに捉えているからです。

科学的に証明されているわけではないですが、催眠などのセッションを通して、本当のポジティブ思考が脳に与えるすごい力を感じています。

ネガティブ派の言い分

ネガティブ思考の方がいいという人たちも存在します。例えば、危険な仕事をする時には、リスクを考えないと危ないことがあるとか、ネガティブな感情が力になるというふうに考える人たちです。

こうした考えも正しさを含んでいると思います。最悪のことを考えた方がいい、という感じですね。最悪のことを考えるのが真のポジティブだとか言われるので変な感じですが。悪い方に考えた方がいいと、ネガティブ思考派の人は考えているわけです。

実はどちらもポジティブ思考だった

私が思うのは、よく言われているポジティブ思考とかネガティブ思考というのは、「結局どちらもポジティブ思考じゃん」ということです。どういうことでしょうか?

つまり、どちらもゴールに向かっていくのだから、ゴールにとってポジティブなのです。ネガティブ思考の方がいいという人でも、結局はものごとを前に進めるために役に立つという話をしています。前に進めるというのは「前向きだ」ということですね(笑)。

その反対に、ゴールに対するネガティブ思考は、もっと衰退とか破滅に向かっていく道なんです。これはゴールとは逆向きに働く力です。

ポジティブ思考で現れる脳の潜在能力

私はセッションの中でポジティブ思考になるように催眠や気功で働きかけてます。そうすると、結果としてリスクを無視するようになったりするでしょうか?それによって、能天気になって悪い結果が起こるでしょうか。

これが、そういうわけではないのです。これは頭で考えただけではわからないところです。ポジティブ思考になっても能天気なバカになるわけではありません。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    文章を書いて悩みを解決する

    僕は文章を書くことが好きです。なにかと文章を書きたくなってしまいま…

  2. 脳科学

    「健康の不安を解消」しゴールに集中する「3つの秘訣」

    「体調が不安で新しいことにチャレンジできない」「もっと健康になりた…

  3. 脳科学

    世界とつながればゴール達成と幸福が得られる

    こんばんは!石切山です。最近、いろんな仕事をしています。コ…

  4. 脳科学

    「心の癖」を解消して、「エネルギッシュな自分」を手に入れる方法

    「自分はだめなやつ」「何をやってもうまくいかない」そん…

  5. 脳科学

    「身近な人」を変えるには?その「根本的な解決法」

    コーチングをしていると、多くの方が「家族や友人を変えたい」とおっしゃい…

  6. 脳科学

    ご飯を食べるたびに頭が良くなる、「抽象思考のトレーニング」

    あなたはご飯を食べるとき、何してますか?スマホをいじったり、テレビをみ…

稼げるコーチ養成講座

  1. 催眠術

    超意識と催眠術の密接な関係
  2. マーケティング

    ターゲットが広いと稼げない
  3. マーケティング

    やれることで欲しい人を探す
  4. ビジネスマインド

    自分の価値の自己評価を高くしよう
  5. ビジネスマインド

    劣等感を克服して儲けるには
PAGE TOP