マーケティング

嫌われるブログライティング



嫌われるブログライティング

あなたはどんな文章を書いていますか?売れる文章を書くためには、

綺麗な文章
好かれる文章
良い文章

を書こうとするとうまく行きません。

ほとんどの人は、こうした、好かれる文章を目指して書こうとします。そのため、大勢の人と同じ感じになって、埋もれてしまいます。

売れる文章を書くには、90%の人に嫌われる文章を書くことがポイントです。

嫌われない文章は売れない

ビジネスでブレーキになるのは、嫌われたくない、という気持ちです。嫌われたくないので、お金を受け取りたくない、セールスはしたくない、と思い、売ることができなくなります。

ライティングにおいても、嫌われたくないと思うことで、内容が薄くなったり、手が止まったりします。

なぜ内容が薄くなるか、というと、嫌われないようにすると、誰かの真似とか、当たり障りのないことなどを書いてしまうからです。

嫌われたくないので、思っていることを言うことができなかったり、綺麗にまとめてしまいます。そうすると、他の人たちと同じような文章になります。

そのうち、ロボットなのかな?と思うくらい、内容のない文章になっていきます。実際に、こういうコーチは多いです。

それなら、AIが書いても同じでしょう。結局これは、9割の人に、気に入られるという視点なので、こうなってしまうのです。

では、どうしたらいいか、というと、9割の人に嫌われる文章を書きます。9割の人が嫌いな文章だと、1割の人は好きになってくれるのです。

嫌いだと思う人は、どの道クライアントになることはありません。クライアントになるのは、好きになってくれた人です。

しかも、かなり好きになってもらわないと売れません。

稼げないコーチはこのことが見えていないので、嫌われる文章が書けません。

嫌われる文章を書くということは、嫌ってくる9割の人をターゲットから外すことになります。そうすると、「もっと売れなくなるのではないか」と不安になるのです。

しかし、これは発想が逆です。嫌われない文章を書くから、好きになる人も出てきません。

売れないコーチは、人がたくさん集まれば売れる、と思っています。しかし、人がたくさん集まっても、商品を買いたい人がいない限り、売れないのです。

要らない商品は、ゴミと同じです。ゴミを売ろうと、いくら大勢の人を集めても、買ってもらえません。

もし、集客をしたら売れる、と思うなら、Googleにお金を払うと、広告を出してくれるので、どんどん集められます。借金してでもやればリターンが来るわけです。

しかし、実際にはそうならないし、集客ができれば、というのは、なんとなく思ってるだけなので、確信があるわけでもないでしょう。

誰かが書いたような文章を書いても、商品が売れないことに早く気づいてくださいね。

ビジネスプランで考える

ブログは、それだけで売るわけではないので、ビジネスの仕組み全体で考える必要があります。売れる仕組みと、ビジネスプランが揃うと、計画を立てて売ることができるようになるのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. マーケティング

    正しいやり方通りじゃなければ稼げない

    正しいやり方通りじゃなければ稼げないなぜ正しいやり方の通りにや…

  2. マーケティング

    売れる市場で売る

    売れる市場で売る売れるコーチになるには、売れる市場を選ぶことが…

  3. マーケティング

    集客やセールスで稼げない理由

    集客やセールスで稼げない理由今回は集客やセールスで稼げない理由…

  4. ビジネス

    コーチに必要なITスキルとは

    コーチに必要なITスキルとはコーチングで稼ぐために、必要なIT…

  5. マーケティング

    手取り14万になる理由

    手取り14万になる理由ちょっと前に、手取り14万円で、日本が終…

  6. マーケティング

    稼げないスキルを学ばない

    稼げないスキルを学ばない今回はスキルの一部を学んでも稼げないと…

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    「逆算すること」をやめれば、夢はひとりでに叶う
  2. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)
  3. 目標設定

    Youtubeを使って無料で世界レベルのコンフォートゾーンを手に入れる
  4. 目標設定

    成功するマインド、失敗するマインド
  5. ビジネスマインド

    なぜ自信がつかないのか
PAGE TOP