マーケティング

手取り14万になる理由



手取り14万になる理由

ちょっと前に、手取り14万円で、日本が終わってる、と言った人が話題になりました。

それについて、私の考えは、

1、手取り14万円で、日本が終わっているわけではない、
2、手取り14万円の人は、終わっていない
3、手取り14万円で日本が終わってると言っている人は、終わってる

というものです。

日本には、手取り14万円以上稼げる仕事はたくさんあるので、手取り14万円の人がいても、終わっているわけではありません。

たくさん稼ぐか、稼がないかは、人の自由なので、手取り14万円でいいと思う人がいるなら、それでもいいと思います。

お金がたくさんあったとしても、必ずしも幸せになれるわけでもないので、収入が多いとか少ないとかは、問題にならないのです。

コーチでも、手取り14万円でいい人は、セッション1回5千円や、1万円でやればいいわけです。それは自分が選んだことなので、問題はありません。

問題なのは、自分の収入が少ないことを、国のせいにしていることです。大人なら、仕事くらい自分で選ぶことができます。

収入を上げようと思えば、上げることができます。

サラリーマンなら、激務、全国・海外転勤あり、などの会社で働くと、1千万円以上の給料になります。そこまでしたくない人は、もう少し楽な仕事で給料をもらいます。

自分が、どの職種の、どの会社を選ぶかで、年収はわかるので、自分が選んだ結果を国のせいにしても仕方がありません。

労働者思考だと、自分で選ぶという概念がなくなってしまいます。

なんとなく勉強して、就職して、給料がどんどん上がっていく、という幻想を抱いているのです。しかし、これは優良企業の話です。優良企業を選べは、そうなることができます。

頑張って労働して、会社のために尽くしたら、会社は豊かな生活を約束してくれると思っているのですが、会社自体が儲かっていなければ、給料を上げることもできません。

また、マルクス経済学では、給料は生活費から決められると言われています。

企業は、なるべく利益を増やしたい、と考えます。そのため、労働者の給料は、なるべくギリギリに抑えて、最低限の生活費まで下げようとする圧力が働くのです。

だから、40代でも、手取り14万円になります。14万円は、今なら、贅沢はできないけど、最低限暮らせるくらいの金額です。

これは、労働者になって、自分で企業を選んだ結果こうなっているので、嫌ならやめればいいのです。やめて、ビジネスをして稼いだり、もっといい給料のところに、移ればいいだけです。

労働者思考では稼げない

労働者思考だと、経済のルールを無視して、努力して働いたから、お金をもらって当然だ、と思います。

しかし、努力しようが、何をしようが、市場価値が低ければ、お金をたくさんもらうことはできません。労働者の考えは、いろいろあると思いますが、お金を稼ぐ上では、その考えでは無理です。

労働者思考だと、国が悪い、会社が悪い、となって、楽に稼いでいる人たちを恨んだりするかもしれません。金持ちに、もっと税金を払わせろ、という類の人たちです。

他人のせいにして、他人から分捕ってくればいい、ということですが、ビジネスで稼ぐなら、逆の発想をする必要があります。

それは、自分で稼げる場所を選んで、価値あるものを売る、ということです。

コーチでも、1回5千円とかでやっていると、頑張っても手取り14万円になります。しかし、それは手取り14万円のポジションを選んでいるからそうなるのです。

もちろん、立派な仕事をしている、と本人が納得しているなら問題ではありません。ただ、それは自分で選んだことなので、稼げなくても、しょうがない、と受け入れる必要があります。

稼げないポジション、稼げないマーケティング、労働者思考をして、そうなっているので、仕方がないのです。

その状態で、努力したら稼げる、勉強したら稼げる、と思ったとしたら、ますます労働者思考になります。稼げない会社で、いくら頑張っても給料は上がりません。

売る、売っている、という意識を持たないといけません。

コーチは、低価格で売らなければならない、という法律はないのです。だから、どのように売るかは、自分で決めることです。

労働者のように、年数が経ったら、スキルが上がったら、知識が増えたら、収入が増える、ということはないのです。3年やって、全然稼げない、ということも起こり得ます。

月に100万円以上稼ぎたいなら、それに見合っただけのポジション、マーケティング、商品作りなどが必要になります。

手取り14万円のサラリーマンでも、何倍も高く売れる場所はあるはずです。給料か、事業収入かはわかりませんが、誰に何を売るのかを変えれば、稼ぐことができます。

それをやる人は稼げるし、やらないで無駄な努力をする人は、稼げません。

売ることのブロックを外す

稼げないコーチは、自分が何かを売っている、ということに気づいていません。気づいていても、無意識に売らないようにします。

だから、労働者くらいの料金しか受け取らなかったり、本気で稼ごうとすることができないのです。

売る、という行為に気づいて、売ることのブロックを外せれば、稼げるようになります。売るためには、

マインドセット
ポジショニング
ビジネスプラン
マーケティング
セールス

というパーツが必要です。売ることに、意識的になる、ということは、これらのパーツを揃える、ということです。

なんとなく売れているように見えたり、コーチはセールスはいらない、と言っているような人でも、すべてのパーツが揃っています。

なんとなく努力して、スキルを上げて、資格を取ったら売れる、というわけではないのです。ここには、ビジネスのパーツが入っていないので、売れません。売る、という行為を、していないのです。

セールスをしたくない場合は、セールス以前の段階を、洗練させる必要があります。

セールスはしたくない、ポジショニングは頭を使いたくない、マーケティングはめんどくさい、ビジネスプランは数字が苦手、と言っていたら、手取り14万円以下で甘んじるしかありません。

私は、コーチングは6年以上関わっているのですが、コーチングの世界で、スキル、能力、知識、実績、経歴が優れている人はたくさんいます。

コーチングがすごくうまい人もいるし、企業のCEOレベルの、トップクラスのビジネスマンもいます。

なんとか式とか、なんとかの資格だから優れている、という次元ではないのです。そう言った、一般的なレベルではない人、頭が超いい人、超能力や、霊能力のような力を使える人もいます。

私は、スキルや、能力、知識の問題ではないとよく言っていますが、そういう理由もあります。

しかし、そうした優れた人たちでも、ビジネスのパーツが揃っていないために、売れていないこともよくあるのです。

これを見ている人の中でも、特別な力や、何かの分野でトップレベルの力がある人がいると思います。それでも、売り方が違うと、売れないのです。

逆に、普通の主婦です、という人が、いきなり売れたり、スキルは大したことがない人が大きく稼いだりします。これが売るということです。

実績がないとか、能力がないと言って、売れない理由にしている人もいますが、ただの言い訳なのです。

コーチングの世界なら、あんな人が売れてるのはなぜ、と悔しく思っている人もいるでしょう。能力がすごい人は、何で大したことがない人が売れているんだ、と思うはずです。

稼がなくてもいいなら、売り方を考えなくていいですが、稼ぎたいなら、ビジネスのパーツをしっかり揃えて下さいね。




心のブレーキを外す方法前のページ

稼げない過去から判断しない次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    なるべく簡単に稼げるようにする

    なるべく簡単に稼げるようにする今回はなるべく簡単に稼げるように…

  2. マーケティング

    なぜ情報発信しても稼げないのか

    なぜ情報発信しても稼げないのか今回はなぜ情報発信しても…

  3. マーケティング

    コーチングで稼げるビジネススキル

    コーチングで稼げるビジネススキル稼ぐことは、難しいと考えていま…

  4. マーケティング

    メルマガ登録数を増やす方法

    メルマガ登録数を増やす方法コーチングビジネスで、安定して稼ぎ続…

  5. マーケティング

    お客さんがコーチを選ぶ理由

    お客さんがコーチを選ぶ理由ビジネスでは、お客さんがあなたを選ぶ…

  6. マーケティング

    お金をかけてるのに売れないのはなぜか

    お金をかけてるのに売れないのはなぜかコロナの影響で経済が低迷し…

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    時間の自由を手に入れる方法
  2. 脳科学

    効率的に情報を手に入れる方法
  3. コラム

    札束を扇子にする人
  4. コーチング

    やりたくないことを一切やめる具体的方法
  5. ビジネスマインド

    資格を取ったのに稼げてない理由
PAGE TOP