マーケティング

抽象度の高い情報発信をしても稼げない理由

抽象度の高い情報発信が儲からない理由についてお話をしていきます。

コーチング界隈の方は結構抽象的な情報発信をしてる人が多いんですね。

抽象度の高い、抽象的な情報発信をしています。そういう情報が自体が内容が間違ってるとかそういうわけではないんですけれども、ビジネスを考えるとそれだけでは稼げないんですね。

もちろん抽象度の高い情報というのは大切だとは思いますよ。でもビジネスにはならないので、なぜならないのかという原因を知ってください。

その理由が差別化ができないってことです。

まあ端的に言ってかぶります。かぶると言うかもう、被りまくりますよね。

周りのコーチの方の情報発信をちょっと見渡してみてください。

Twitterで活動してる人だったら、他のコーチの人のTwitterをちょっと見てみてください。

そしたらなんか同じこと言ってるなというふうに思いませんかね。

Twitterなんか文字数が少ないぶん、抽象的な発信になると丸被りしちゃうこともありますよ。

抽象度が高い抽象的な情報というのは、どうしても情報量が少なくなります。

例えばコーチングだったら「ゴールを設定したら自然とワクワクしてゴール達成ができます」

例えばこう言うのって抽象度高い情報発信ですよね。コーチングの根本的な事を言ってるわけですけれども。

でもこれって皆同じこと言えるんですよ。情報が少ない分みんな同じことを言うんで、発信が被りまくって、差別化ができません。

差別化ができないから、競争になり、価格競争になったりして、価格がどんどん下がっていって稼げないとか、そういう結果になってしまうんですね。

もう一個は成功してる人が普通に強いんですよね、抽象度の高い情報って。

抽象度の高いことっていいことなんですけど、裏を返すと誰でも言えることなんですね。

例えばですよ、

「コツコツ努力することが大切です」

これって抽象度高い情報ですよ。

じゃあそれって自分にしか言えないことかとか、誰かにしか言えない独自性の高い事ですかって言うと、全然そうではないですよね。

「コツコツ努力することが大切です」というのは成功者も言えるし、初心者も言えるんですよ。貧乏人も言えますよ。

みんな言えることなんですね。てなったら誰の話聞くかって言ったら成功してる人に決まってますよね。

例えばZOZOTOWNの前澤さんがコツコツ努力するの大切ですよというのと、何も稼いでないどこの馬の骨とも知らない普通の会社員の人が、コツコツ努力するの大切ですよって言った時に、どっちの言うこと聞くかですよ。

そしたら大多数の人は前澤さんの言うこと聞きます。ほとんどの人がね。

なんでかって言うと、成功していない人の言うことは信用できないからですよ。

コツコツ努力するのは大切です、であなたはどうなんですか?

と言うふうに厳しい目で見られます。前澤さんも、コツコツ努力すること大切ですよって言った時に、読者の人は「あなたはどうなんですか」って同じように思うんですね。

そしたら「僕はZOZOTOWNという会社を作りました。大成功して宇宙旅行にも行ってます」ということがわかりますよね。

だから「なるほどコツコツ努力したらこんな風に成功できるんだ」という風に思うんですね。

説得力がまるで違うわけですよ。てなった時に、当然成功者の方が圧倒的に強いわけです。

なのでここと争っても勝てないんですよね。

正直たくさんそういう成功してる人いるし、インフルエンサーもいるわけだから、同じような事言っても誰もあなたの発信見ないですよ。

見ても記憶に残りません。みんな同じこと言ってるから。

なので抽象度の高い情報は、ビジネスでは稼げないという形になります。

あなたが成功してるんだったらそれでもまだいいと思うんですよね。

それでも聞いてくれる人はいるんですけど、今稼げてない人がいくら抽象度の高い情報を言ってもそもそも相手にしてもらえないですね。

ではどうしたらいいかって言うと抽象度を下げないといけません。

より具体的にしていかないと差別化はできないですね。

例えばゴール設定をしたらワクワクして成功するという情報は抽象度が高いですけど、具体的にするとしたら

「自分はこういうゴール設定をしてこんな経験をして結果的にこういうゴールが達成できました」

「ダイエットで10kg痩せるという目標を立てて、そしたらジムに行きたくなって、ジムで毎日汗を流していたら3ヶ月後には見事10kg痩せられました」

ていうのだったら具体的ですよね。

この方が情報量が多いわけです。抽象的なゴール設定をしたら、ワクワクしてゴール達成するという情報+自分の経験がくっついてるからですよ。

だからより情報が多くなってるんですね。

で情報が多くなる分、他の人とは被らなくなってきます。だって自分だけの経験なんて絶対誰とも被らないわけじゃないですか。

「僕はこうだった」というのね。例えばそういうことです。

こういう具体的な情報発信に変えていかないと、特に稼げてない人というのは難しいですよ。

これ以外にももちろん差別化の方法というのはいろいろあります。

なのでこれだけではないんですが、基本として具体的にしていく、情報発信を抽象的にしない。

具体的にして自分の独自性や差別化を出していくってことが非常に重要になります。

このことを意識してみるだけでもかなり読者さんとかフォロワーさんの反応は変わります。
なので今回のことですね、やってみてください。

お金を儲けたい人が稼げない理由前のページ

安い商品しか売れないコーチの方へ次のページ

関連記事

  1. マーケティング

    コピーライティングが不要な理由

    ウェブのマーケティングといういうと、コピーライティングを学ばないといけ…

  2. マーケティング

    自分のメディアで自分で稼ぐ

    自分のメディアで自分で稼ぐ今回は、自分のメディアで自分で稼ぐと…

  3. マーケティング

    在宅でコーチングで稼ぐ方法

    在宅でコーチングで稼ぐ方法コーチングビジネスは、在宅で外出しな…

  4. マーケティング

    ブログを続けられない理由

    ブログを続けられない理由今回は、ブログを続けられない理由につい…

  5. マーケティング

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違い

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違いコーチと言っても…

  6. お金

    モノよりお金の方が価値がある

    モノよりお金の方が価値があるビジネスがうまくいかない人は、お金…

稼げるコーチ養成講座メルマガ登録

Amazon著者ページ(電子書籍一覧)

全記事一覧

有料記事一覧

  1. ビジネスマインド

    稼げるようになるにはインプットをやめよう
  2. マインド

    「ルンバ君式」をやめて現状から抜け出そう!
  3. セールス

    体験セッションで契約にならない理由
  4. ビジネスマインド

    努力が報われないのは何故か
  5. ビジネスマインド

    成功するのも自己責任
PAGE TOP