お金

稼げる自信を身につけるには



稼げる自信を身につけるには

ビジネスに対して、自信がなかったり、稼げないと思っていませんか?稼げない、と思っていると、稼げないように脳が現実を作ってしまいます。

せっかくチャンスが来ていても、「まだ準備不足」と思って、逃してしまうのです。

人生が変わるのは、チャンスが来た時に、つかまえた人だけです。多くの人が、チャンスが来ても、現状のやっていることを優先するので、変われないわけです。

では、チャンスをつかんで、行動に移せるようになるための、自信を身につける方法をお伝えします。

自己評価を高くする

自信をつけるには、自分を高く評価することが大切です。

しかし、真面目な人ほど、それができなかったりします。

まだ勉強不足なので
まだ能力がないので
売れるものはありません

と思ったりするのです。このようにして、自分を低く見積もろうとします。自己評価を、誰に言われるでもなく、自分で下げてしまうのです。

そのため、

もっとできるようになったら
自分を高めてから
完璧になったら

と、稼ぐための行動が後回しになってしまいます。こうした態度は、人から見たら、真面目で勉強熱心に見えるので、批判されることはありません。

勉強しなくていいよとか、スキルは上げなくていいよ、もう自分を高めなくていいよ、と言ってくれる人はなかなかいないのです。

また、仮に言われたとしても、信じることができません。「でも、こんなに欠けているところがあります」と思って、また「自分を高める」行動を優先してしまいます。

しかし、そうやって、知識とかスキルとか、能力を身につけていっても、「足りない」と思ってるので、自信がつくわけではないのです。

資格を持っていても、実際は稼げないので、ビジネスに対する自信はつきません。

労働者の世界ではそれでもいいかもしれませんが、稼いでいる人から見ると「言い訳して残念だな、もったいないな」と思われます。

自信を高めるには、「自己評価」を上げるしかありません。自己評価というのは、自分で自分をどう評価するか、ということです。なので、自分の考え次第で変えることができます。

コーチングでエフィカシーという言葉がありますが、ビジネスで言えば、ビジネスで成功する能力が自分にはあると、どれくらい思えるか、ということです。

このエフィカシーを高めることが、自信を高めることになります。

自信がある人は、自分には、稼ぐ能力がある、稼げる、と思っているので、行動ができるわけです。目の前にチャンスが来たら、つかむことができます。

つまり、稼ぐためには、エフィカシーを上げればいいわけです。エフィカシーは、自己評価なので、考え方を変えることで、上げることができます。

ところが、自信がない、と言っている人は、自己評価を上げずに、能力を上げようとするのです。しかし、自己評価が上がらないと、エフィカシーは上がりません。

また、能力を上げたと思っていても、見当違いになります。それは、エフィカシーが低いと、本当に稼げる行動ができずに、逃げる行動に、無意識になるからです。

だから、資格とか、集客術とか、セールス法などを学んで、能力を高めた気になってしまいます。チャンスは逃して、無駄な努力をします。

本来は、

・自己評価が上がって→能力が上がる

という順番なのですが、

・能力が上がると→自己評価が上がる

と逆の考え方になっているのです。

そのため、いつまでもスキルコレクターとか、セミナー難民をやめられない人が出てきます。実は、学ぶほどに自己評価は下がっていくのです。

稼げる行動をするためには、能力を高めることをやめて、自己評価を高めるようにマインドを変える必要があります。

自信がない、というのは嘘

自信がない、という人は、考え方がずれているので、そう思い込んでいます。

自信がない、は、実は、自信がある、と言っているのと同じことなのです。そのことをまず、認識してください。

例えば、あなたが、アメリカのヘヴィー級ボクシング世界チャンピオンとボクシングで勝ってください、と言われたら、どうしますか?

アホなことは言わないでください、と思うでしょう。

日本チャンピオンくらいなら、「自信がない」と言ってもいいですが、素人が「自信がない」とは思いません。「絶対不可能だから勘弁してください」と思うでしょう。

つまり、本当に無理だと思っていることに対しては、「自信がない」とは言わないのです。また、情報すら入ってきません。

ボクシング世界大会の観戦はしても、対戦者募集の情報は入ってこないのです。

ということは、自信がない、と言っている時点で、できるという自信があるし、挑戦権がある、ということです。

ビジネスに自信がない、という人なら、ビジネスで稼ぐという入り口まで来ていて、できると思っています。できると思うから、自信がない、と言ってしまうわけです。

だから、自信がない、の認識を変えて、自信があることに気づくようにします。

自信がない、と思ったら、「自信があるということだ」と、認識しなおしてください。無料で、一瞬でできます。このように、自己評価を上げます。

稼げない人は、ここで、入り口から引き返してしまうので、ビジネスの行動が十分にできないのです。

自分にはふさわしくない
能力が足りない

と思うのですが、ふさわしいから、目の前にチャンスが来ているのです。

ボクシングと違って、ビジネスでは怪我したりするわけではありません。なので、できると思って進んだ方がいいのです。しかも、コーチングビジネスは、他のビジネスと比べても、お金のリスクは少ないです。

引き返して、貧乏コーチのコンフォートゾーンに戻って、勉強を続けるか、そのまま稼げるコーチの世界に入るかは、あなたの選択次第です。

どちらが良いですか?

この場で自己評価を上げれば済む話です。

やりたいことをやる

自信をつけるには、やりたいことをやることが大切です。本来の意味でやりたいことをやるには、

「できるか、できないか」

ではなく、

「やりたいか、やりたくないか」

という判断をすることが必須です。

あなたは、コーチとして稼ぎたいですか?

もし安定して、稼ぎ続けるコーチになって、クライアントに感謝されて、社会に貢献できるとしたら、そうした未来に行きたいですか?

この記事を読んでいる人なら、行きたい、やりたい、と思うでしょう。稼げるコーチになりたくないなら、読む意味がありません。

しかしここで、「できない、やってはいけない」という考えが入ってくるので、ストレートに稼げなくなります。コンフォートゾーンから考えて、できるとか、できないとか、考えるのです。

・夫、妻が反対するかも
・お金がない
・会社や、家事で時間がない
・同僚からバカにされるかも

など、できない理由を考えてしまいます。また、

・お金をもらうのは悪いこと
・仕事を辞めたら迷惑がかかるので
・家族の意見を尊重すべき

こうした、義務感で、「やってはいけない」という考えが出てきます。

そして、やりたいのに、できない、やってはいけないので、やりたいことをやらないのです。

その結果、

やりたいことはやらない
やらないければならないことをやる
できないので現状維持をする

ということが、自動化され、自信がなくなって行ってしまいます。これが極端に進むと、無気力状態になったり、すごく嘘つきになったりします。

あなたは、これから、どんな人生が良いですか?

やりたいことをやる人生がいいなら、やりたいことを優先にしましょう。できないとか、義務で考えるのではなく、「やりたいことをやるには、どうしたらいいか」と考えるのです。

やりたいことベースで考えられるようになると、自信は高まります。できないではなく、どうやったら稼げるか、と、やりたいことを実現する方に、思考を変えてください。

もちろん、あなたが、稼げるコーチになりたくない、やりたくない、と思うなら、やらない方がいいと思います。その場合、私のブログやメルマガを読むのは時間の無駄なので、読まない方がいいですよ。

ただ、やりたいと思うなら、その気持ちを大事にして、優先してください。

やりたいことをやる、と決めれば、そこから自信は高まります。




できる人とできない人の違い前のページ

理想の未来にワクワクする次のページ

関連記事

  1. お金

    給料以外で収入を得る

    給料以外で収入を得る今回は給料以外で収入を得るというお話をしま…

  2. お金

    好きなことをしても稼げないのはなぜか

    好きなことをしても稼げないのはなぜかコーチングやカウンセリング…

  3. お金

    お金が入ってこないのはなぜか

    お金が入ってこないのはなぜか今回は、お金が入ってこないのはなぜ…

  4. お金

    お金はおいしいね、だって

    昔友達のコーチと、「お金はおいしい!」と言い合っていたことがあります。…

  5. お金

    お金より時間のリスクがきつい

    お金より時間のリスクがきつい今回はお金より時間のリスクがきつい…

  6. お金

    本気で稼ぎたいですか?

    本気で稼ぎたいですか?今回は、本気で稼ぎたいですか?というお話…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    なぜ稼ぎ始められないか
  2. マーケティング

    ブログを続けられない理由
  3. ビジネスプラン

    単価を上げて稼ぐ
  4. 脳科学

    「広告洗脳」から脱出し、真のゴールを見つける「広告瞑想法」
  5. 脳科学

    「五月病」の「原因と対策」とは?
PAGE TOP