セールス

高額商品を「欲しい」から「買う」にするセールス



高額商品を「買いたい」と思ってもらう

コーチで、高額商品を作っても、なかなか買ってもらえない、という人がいます。

確かに、高額商品を売ることは簡単ではありません。

ポジショニングや、マーケティングの仕組みを作ると、もう買うつもりで来ている人が体験に来てくれます。それだと、よほど変なことでもない限り売れます。

無料や格安で、得したいだけの人や、遊びに来る人はほぼほぼ買いません。だから、こうした人を避けることは大切です。

問題は、「欲しい」と思っているけど「買う」まで行っていない人です。

お金を理由に断る人の多くは、「欲しい」けど「買う」まで行っていない人です。「欲しい」の段階の人を、「買う」までなってもらえば、成約率が上がって、稼げるようになります。

お金がない、というのは、ほとんどの場合、他の買わない理由があります。

ヒアリングして不安を取り除く

お客さんは、買うという行動を起こす前に、欲しい、買いたい、と思います。商品がいいなと思ったら、買いたい、と思います。

「欲しい」状態は、不安点があって、「買う」まで踏み出せていません。商品が売れるには、この不安点を全て解消してあげればいいのです。それを体験セッションで行います。

体験セッションでは、コーチから言うことは少なくして、お客さんの不安をしっかり聞いてください。そして、その不安を丁寧になくしていくのです。

ここで、コーチの側から、商品説明を頑張ってしても、不安は消えないので売れません。お客さんは、売り込まれていると感じて、心を閉ざしてしまうでしょう。

お金の不安があるなら、分割や、返金保証などをつけることで、不安を取り除くことができます。これは、交渉になるので、お互いが納得出来るところを見つけてください。

また、自信がない、という不安なら、期間保証を付けたり、サポートを追加するなどします。このようにして、お客さんの不安がなくなるようにしていきます。

買うまで行っていない場合、微妙にニーズがずれている場合もあります。そのため、ヒアリングはしっかりと行ってください。

商品は、お客さんに合わせてオーダーメイドで変えればいいのです。

理想の未来をイメージしてもらう

不安をなくすのと同じくらい大事なのが、理想の未来を見せることです。

クロージングの時には、「半年後の未来」を想像してもらいます。

「もし私がサポートしたら、半年後、どうなっていますか?」

と聞いてください。これによって、自分だけで半年やるより、あなたと一緒にやる方が、理想の未来に近づくことを認識してもらいます。

「体験セッションで良い話を聞いたので、自分一人でやります」という人もいますが、これは不幸な選択です。なぜなら、体験セッションという、入口だけで、わかったつもりになってしまっているからです。

認識が甘すぎるので、この場合、半年後も変わることはできません。セッションに来るのは、一人ではできないからくるわけです。一人でできる人は、一人でやっています。

だから、「一緒にやった方が理想の未来に近づく」ことを知ってもらい、「自分ひとりでは、進まない」と理解してもらいましょう。

ここまで来て、「自分でやります」という人は、コーチングをする意味がありません。うまくいく要素がないからです。相手にするだけ時間の無駄になります。

一人だと前に進まない、一緒にやったら理想に近づく、と理解してもらったら、後は、お金がない以外に断る理由はなくなります。

お金がない、と言われたら、支払い方法を変えたり、頭金だけ最初にもらったり、と柔軟に対応してください。これは交渉になります。

もし、コーチングでお金を受け取ったことがないなら、ある程度譲歩して、お金を受け取る練習をすると良いでしょう。

最初のうちは、実名と顔出しでお客様の声を載せる代わりに、割引する、というふうにしても良いと思います。

契約した方がお客さんのためになる

契約することにブレーキがあるコーチもいますが、契約をして、全力でサポートすることで、その人は変わるので、契約してあげた方がいいのです。

自分と契約しても、契約しなくても、どっちでもいい、という態度だと、売れることはありません。だから、ちゃんとクロージングをして、お客さんを理想の未来に近づけてあげましょう。

お客さんが、お金を払ってでも悩みを解決したいと思っているなら、どのみちあなたのところでなくても、どこかでお金を払って、解決しようとします。

せっかく信頼してもらって、セッションにまで来てくれているのだから、また迷わせるより、あなたが助けてあげればよくないですか?

不安がなくなれば、買うか、あとはクライアントの決断次第になります。そこで、迷うこともあるのですが、それはコンフォートゾーンから出ることへの迷いだったりします。

これは特に理由があるわけではないので、背中を押してあげることもコーチの役割です。

コーチングの商品が良いほど、コンフォートゾーンから出ることになるので、現状を守りたい、という無意識が働きます。

最後には、あなたにはできるから大丈夫、ということを伝えてください。それは言葉でもいいし、コーチ自身の態度で示しましょう。

高額商品で自分もお客さんも豊かにする

お客さんの不安がなくなり、理想の未来を見せることができれば、高額商品でも売れるようになります。

一人でやるより、あなたと一緒にやる方がいい、と知ってもらうことが抜けている場合は、そのことをちゃんと伝えるようにしましょう。

一人でも多くの人をサポートして、理想の未来に近づけてあげてくださいね。




稼げる環境に身を置く前のページ

コーチが安定して儲け続けるには次のページ

関連記事

  1. セールス

    商品の説明をするほど売れない

    商品の説明をするほど売れないあなたはセールスの時に商品の説明ば…

  2. セールス

    百万円くださいと言えますか?

    百万円くださいと言えますか?稼げないコーチが売れない理由は百万…

  3. セールス

    セールススキルを上げても稼げない理由

    こんばんは!石切山です。今回は、セールススキルを上げても稼…

  4. セールス

    なぜ感謝されているのに売れないのか

    なぜ感謝されているのに売れないのか今回は、なぜ感謝され…

  5. セールス

    良い商品を売らなくていい

    良い商品を売らなくていい今回は、良い商品を売らなくていい、とい…

  6. セールス

    セールスで断られた時の対処法

    セールスで断られた時の対処法あなたはセールスは得意ですか?稼げ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    ゴール達成するためには、「行動すること」をやめなさい
  2. ビジネス

    お金は「落ちている」のに誰も気づかない
  3. お金

    お金の罪悪感を持っているコーチの方へ
  4. ビジネスマインド

    労働者思考では稼げない
  5. 脳科学

    ゴール達成をしたければ「即刻テレビを捨てよう」
PAGE TOP