コーチング

コーチとして独立するにはコーチングスキルよりマインドが重要です



コーチにはコーチングスキルよりマインドが重要です

コーチとして独立したい、稼げるようになりたい、と思っている人は多いですが、ほとんどの人は独立できません。無料とか、1万円以下とかでコーチングをやっている人も多いです。それはまずコーチとしてやっていくという覚悟や決意がないからです。

コーチとしての心構えは、自分はクライアントが人生を変えるサポートをするということです。コーチング談話をして終わりというわけではなく、自分のコーチングを受けたことで、人生を良くしてもらおう、という強い気持ちを持たないといけないのです。

そして、人生の中で優先順位を高めないといけません。コーチだという自覚を持つことが必要です。楽して儲けられたらいいな、という意識ではなく、クライアントの人生がかかっている、と認識することです。

コーチングは、質問で引き出すというイメージなので、意外だと思う人もいるかもしれません。しかし、クライアントは人生を良くしに来ているのです。良くなると思うからコーチにお金を払うのですから、コーチも良くなるようにするのは当たり前です。

独立できないコーチは、無料でコーチングをしたりします。練習のため、友達に無料で、というのは良いですが、普通に無料でやっていると、冷やかしや、遊びに来る人がほとんどになります。

無料で来る人は、有料にしたら受けなくなります。無料だから来ているだけなのです。5000円なら受けるかもしれませんが、100万円と言ったら、受ける人はいないでしょう。

お金を払ってでも人生を変えたい、という本気度の低い人に、いくらコーチングをしていても、コーチングもどきで終わってしまいます。

30万円以上でもお金を払って受けたいという人を、クライアントに取るのは怖いかもしれません。お金をもらっている分、責任も大きくなります。無料では、いい気分になって帰ってもらうだけでもいいですが、有料では何か具体的な変化をクライアントも求めています。

しかも、ただ、何十万円とか、何百万円とホームページに書いているだけではなくて、本気でその価格で成約して、それ以上の価値を返す、という気持ちでなくてはいけません。真剣になりましょう。

コーチングスキルはもう学ぶ必要はない

コーチの中には、スキルがまだまだ足りない、と言って、スキルばかり学んで、ビジネスをスタートしない人がいます。スキルが足りない、という気持ちで、スキルを学んでも、際限がないので、またスキルを学びたくなります。

コーチングスクールもたくさんあるし、スキルを売ることで商売している人もたくさんいます。だから、いくらでもスキルを仕入れに行くことができます。

ここには問題があります。まず、スキルをいくら学んでも独立できません。周りを見たらわかるはずです。スキルはたくさんあるのに、サラリーマンでずっといる人がいませんか?もちろん趣味できている人もたくさんいます。しかし、コーチはスキルを集めてスペックを高くしたつもりでも、独立できませんし、売れません。

なぜかというと、クライアントはスキルを買いに来るわけではないからです。クライアントは、人生を変えることを求めています。クライアントにとって、それがNLPでも、なんとか式でも、催眠術でもいいのです。

スキルや資格を並べていても、そういう人はたくさんいます。同じ資格を持っている人もたくさんいます。あなたより実績があって、コーチング団体で上位の人もいますね。その中で、コーチングを申し込むのは、その人なら「自分の」人生を変えてくれそう、と思うからです。

同じことをしていたら、実績や有名度が高い人に行く人が多いです。では、これからコーチになる、独立したいという人が何をしたらいいか、というと、対象を絞っていかないといけません。そうしないと、競争になります。

例えば、職場の人間関係で悩んでいる人に、人間関係を良くするコーチングをするというふうに絞っていきます。そうすると、これはまさに自分のことだ、と思う人がいます。より専門性が高いコーチだ、というふうに思ってもらえるでしょう。

整体でも、なんでも見ます、というのが普通ですが、肩こり専門ですとか、腰痛なら任せてください、という人の方が、専門性が高くて、自分の悩みをちゃんと解決してくれそうだと思いませんか?

特にウェブで集客をするときは、このように絞ることが重要です。ウェブには膨大なページがあります。整体なら、看板を出しておけば、来る人がいるかもしれませんが、ウェブでホームページを出しても、それだけではほとんど見られません。

このように、問題はスキルではなく、商品やマーケティングです。これができていないと、スキルをいくら上げても、見込み客はあなたのことに気づかないのです。本当にコーチングで独立したい、有料でクライアントを持ちたいと思うなら、考え方を改めましょう。消費者マインドではなく、事業者マインドで考えるのです。

スキルで不安を埋めることはできない

スキルを学んでも、コーチングやビジネスに対する不安を消すことはできません。スキルを学んだら、また次のスキル、資格、となってしまうのは、不安を埋めたいからです。しかし、コーチングスキルには際限がないので、まだ足りない、まだ足りない、と終わることはありません。

そういう人は、スキルをがむしゃらに身につけて、鎧を着たら安心すると思い込んでいるだけです。本当にこれが必要だ、と思っているから身につけているわけではありません。

独立したいなら、まず、この不安を埋めるためのスキル獲得をやめなければいけません。そうでなければ、お金が出て行くばかりになってしまいます。収入も安定しないのに、お金ばかりかかっていたら、生活ができません。

まだ足りない、と言ってスキルを学んでいる人は、本当に独立できないですよ。コーチになると言ってから、何年も独立しないで、いろんなセミナーとか、いろんな先生のところでスキルを学び続けている人は、私の知り合いにも何人かいます。

コーチング業界では、こういう人がほとんどなのです。これは、自己投資のつもりでも、投資になっていないのです。投資にはリターンが必要ですが、投資以上に売り上げが上がらないなら、消費になります。

スキル習得をやめない限り、赤字は続くのです。スキルを学びたいなら、コーチングで稼いだお金で行ってください。有料のクライアントを得てからの方が、自分に何が必要なのかがわかります。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    ゴール達成法を見つけるセルフコーチングのやり方

    ゴールを設定したんだけれども、あるいは目標を決めたんだけどもなかなか新…

  2. コーチング

    付き合う人を変えればコンフォートゾーンが大きく動く

    コンフォートゾーンを変えるために、付き合う人を変えてみましょう。…

  3. コーチング

    Invent on the way

    前回、ニューヨークに行った時の重要なマイルストーンは、シュガー…

  4. お金

    コーチングでお金と時間を手に入れる

    コーチングでお金と時間を手に入れるコーチングビジネスは、お金や…

  5. コーチング

    ゴール達成のために気にするべき「視線」とは

    周りの人の視線を基準に考えるのをやめて、ゴールの世界の視線を基準にして…

  6. コーチング

    「ステップバイステップ」でゴールに到達できる「小さなゴールの設定」

    高いゴールを設定して、いまいち臨場感が持てないときにどうしたらいいでし…

稼げるコーチ養成講座

  1. 催眠術

    催眠術の3つの種類と可能性とは
  2. 脳科学

    「情報空間のリアリティ」を高めて、夢を現実にしよう
  3. 脳科学

    世界とつながればゴール達成と幸福が得られる
  4. コラム

    婚外子問題~家族制度という洗脳~
  5. コーチング

    「完璧なゴール」では、成長しない?
PAGE TOP