コーチング

コーチングでスキルよりも大事なこと



コーチングでスキルよりも大事なこと

コーチとしてビジネスをすること、そして、クライアントに実際に成果を出してもらうことのために、スキルより大事なことがあります。

それは、コーチ自身のマインドセットと、実践です。スキルも大事ですが、マインドセットができていないと、ビジネスも、コーチングも上手くいきません。

今回はコーチにとって必要なマインドについて解説していきます。

コーチ自身が変わり続けること

コーチングをする以前に、まずコーチが変わり続けることが必要です。コーチ自身が、コンフォートゾーンや、現状の外に常に出て行くということです。

コーチが現状の外に出て行かないのに、クライアントには、「挑戦しましょう」「コンフォートゾーンから出ましょう」と言っていても、なかなか伝わりません。

コーチングには、言葉だけでなく、非言語の部分があります。マインドセットは、非言語の部分に強い影響があります。非言語で伝わるものに、クライアントは影響を受けます。

非言語、というのは、技術だけと勘違いされています。もちろん、非言語技術もあります。しかし、一番大きな部分は、コーチ自身のマインドとか、行動の部分なのです。

例えば、いつも運動している人の近くにいると、何か運動したくなります。同じように挑戦している人の近くにいると、何か挑戦したくなります。

スキルの前に、こうした非言語の影響のことを考えましょう。そのために、やはりコーチ自身がコンフォートゾーンから出続けるうにしましょう。

また、そうして行かないと、コンフォートゾーンの外に出る人の気持ちがわからなくなります。

もちろん、誰でもコンフォートゾーンの外に出た経験はあるので、それを思い出すこともできます。しかし、社会人になると、子供とか若い時のように変化して行かない人が多いです。

子供とか、学生の時は、物理的に成長していくし、なんでも新しい経験になります。また、ほぼ強制的に環境がどんどん変わっていきます。

しかし、社会人になって、会社に就職して、となると、変化があまりなくなります。仕事に慣れて頭を使わないでもよくなり、そういう時間がほとんどになる人が多いです。

そして、人生的にも、経験があって、いろんなことをこなせるようになっているので、コンフォートゾーンから出られなくなります。ほとんど無意識に毎日が過ぎていき、「時間が過ぎるのが早い」と考えるようになります。

思い出してもいいですが、リアリティが圧倒的に変化しない方にあると、どうしても無理があります。自分が実際に変化していると、自然とわかります。

コーチも、稼げない、というコンフォートゾーンの中にい続けるのではなくて、稼げるコンフォートゾーンに移りましょう。稼げない人にとっては、この移動が大きな変化になります。

自分が稼げないで、好きでもない仕事とか、どっちでもいい仕事をしてほとんどの時間を過ごしていて、というのでは、非言語に出てしまいます。

今稼げていないくても、稼げるゾーンに向かっている、とならなければいけません。不安で勉強をするとかではなくて、本当に稼げる行動をしましょう。

クライアントの味方になること

コーチはクライアントの味方になってください。味方になる、というのは、ゴールの味方になる、ということです。なんでもハイハイと聞くだけではありません。

ただ、前提として、この人にゴールを言っても大丈夫、と思ってもらわなければならないので、クライアントのことを受け入れるようにしましょう。

世の中には、ゴールを否定する人と、否定しない人がいます。みんながみんな肯定してくれるわけではないので、生活していたら、否定する人にも会います。

そのため、自分の望みやゴールは、なかなか人には言い難いのです。だから、コーチはゴールの味方になってクライアントが話しやすいようにしましょう。

ゴールの味方、といったのは、コーチはクライアントのゴール達成の邪魔になるようなマインドは、転換させてあげないといけないからです。

ゴールを目指したいけど、怖い、というのは、ほとんどの人が思います。そうした時に、ただ味方になるつもりで、「今のままでいいよ」「怖いことはしなくていいよ」とカウンセラーみたいにならないでください。

そうではなくて、ゴール達成をするために、ふさわしいマインドに変わるように、クライアントを導いてください。そのため、時にははっきりと伝えた方がいいこともあります。

そうすると、変わりたい人にとっては、信頼できる存在になります。大きなゴールであるほど、やはり今の自分からは変わらないと達成できません。それはクライアントもわかっているので、変えてもらいたいと思っています。

何が間違っているのか、どう修正したらいいのか、伝えてあげれば、ゴール達成は近づきます。このように、ゴール側の味方になるようにするのです。

間違っても、現状の味方になることはしません。これは当たり前ですね。現状に止めるのではなく、未来に導いていきます。

本気で人の人生を変えるという気持ちを持つこと

コーチは、クライアントの人生を本気で変える、と考えてください。クラアインとの現状維持に負けるようだと、コーチングはうまくいきません。

コーチの方が、先にクライアントの未来をどんどん見ていくようにします。そして、先に、確信していきます。そうすると、クライアントは安心して、未来のための行動ができるようになります。

人の人生を変えるというのは、簡単なことではありません。うまくいかないこともあるし、大変なこともあります。だから、コーチは本当に変えようという意気込みを持って臨みましょう。

変わらなくても、その人の人生だから、というのも正しいのですが、コーチの側は真剣になっていなければ、変わるものも変わりません。

最終的に、変わるか、変わらないかは、クライアントの自由です。ただ少なくとも、変わりたいと思っているからコーチングを受けています。コーチは、変わりたいという方に、コミットするのです。

変える、というのは、洗脳ではありません。クライアントは変えてもらいたいから来ているので、変えると思ってコーチングをしてください。

さっきも言った、ゴール達成の味方になることとつながります。

クライアントは、いろんな言い訳をする時もあります。言い訳は聞いてはいけないのです。モグラ叩き、いたちごっこになります。言い訳は、いくらでも出てきます。こっちの言い訳が使えないと、あっちの言い訳が出てきます。

昔、ワニワニパニックというゲーセンのゲームをやったことがあります。ワニが次々に出てくるのを、ハンマーで叩いていきます。そんな感じで、言い訳を聞いていると、ワニワニパニック状態になるのです。

頭のいい人ほど、言い訳を考えられるので、それこそ学術論文みたいになってきますが、その労力は無駄なのです。変わらない理由を並べているだけです。

だから、言い訳を聞くのではなく、ゴールの確信を高めることとか、マインドセットを変えることをしてください。言い訳が出る、というのは、確信が持てなかったり、マインドがまちがっているからです。

言い訳を考えるのではなくて、どうしたらできるのか考えてください、と伝えてもいいでしょう。

私がコーチング単価は5万円にしましょう、と言っているのは、クライアントの本気度も試されているからです。遊びに来ている人に言っても、怒り出す可能性があります。

暇つぶしの人は、現状を変えないで楽しくなりたいだけなので、コーチングしてもしょうがないのです。だから、暇つぶしでは来れないように、料金設定をしましょう。

コーチが本気でやることで、クライアントは未来の方に確信が強くなっていきます。コーチは人の人生を変える仕事です。そうしたマインドセットをしてください。

コーチにはスキルよりマインドが先

今回は、コーチングでスキルよりも大事なマインドセットについて、お話ししました。コーチは、コーチングが好きなので、スキルの勉強をしたくなります。それも大事ですが、まずマインドセットがないとうまくいきません。

自分自身が変わり続ける、クライアントの味方になる、本気でクライアントの人生を変えようと思う、これらをマインドセットすることで、スキルも生きてきます。

非言語と言われているのも、主にマインドの部分です。まずコーチ自身が変わってください。そうすれば、クライアントにも良い影響が現れます。




関連記事

  1. コーチング

    「現状の外側」は「他力本願」で行け!

    他力本願でスコトーマが外れる現実を変えようと、自分で頑張っ…

  2. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)

    目標やゴールを達成するために、自分で自分自身のコーチになりたい、と思っ…

  3. コーチング

    「当たり前思考」でゴールがどんどん近づく

    ゴールの世界が当たり前に思えるかどうかで、ゴールが達成できるかどうかが…

  4. コーチング

    「ゲシュタルトの秘密」を知れば世界が変わる

    突然ですが、あなたは何座ですか?僕はさそり座です^^中学生の時には美川…

  5. コーチング

    「ベッドで寝転がりながら」急速にゴールに近づく朝の習慣

    「もう朝だーもうちょっと寝てたいなーむにゃむにゃ」…

  6. コーチング

    セルフコーチングの問題点を克服する方法

    セルフコーチングが上手くいかない原因についてお話しします。自分…

  1. コーチング

    have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法
  2. コーチング

    「ゴールを選別」して、「すぐに達成する」方法
  3. ビジネスマインド

    言い訳を考えても儲からない
  4. 脳科学

    前頭葉をレベルアップする脳科学
  5. コーチング

    コーチとしての能力を最速で身につける方法
PAGE TOP