コーチング

本当に効果の出るコーチング



本当に効果の出るコーチング

効果のあるコーチングを行うには、「悩みの本質に気付いてもらうこと」が大切です。

クライアントが持っている悩みや問題が、どこから来ているのか、コーチはしっかりと見極めてあげて、クライアントにもそれを認識してもらうのです。

そうした、悩みの本質が分からないと、その場しのぎの対応になってしまい、すぐに元に戻ってしまいます。

コーチでもスキルとか手法が大事だと思って、そればかり集めれば、コーチングができると思っている人がいます。また、メンタルブロックを外すと言って、外せなかったりしいます。

それも本質に気付いていないからです。

スキルや手法は、道具でしかありません。お医者さんのメスや薬です。しかし、お医者さんの見立てがないと、何を出したらいいかわかりませんよね。

肌荒れだからと言って、肌の薬を出しても、ブツブツを潰しても、内臓に原因があると、また出てくるわけです。

悩みを解決したり、ブロックをなくすためには、まずクライアントに、悩みの本質に気付いてもらいます。

問題の本質に気付いてもらう

クライアントの悩みがあったら、コーチ自身が、その本質に気付くことが大切です。

例えば、商品の単価を上げられないという、クライアントの悩みがあるとします。単価を上げられない場合、大抵は罪悪感が原因になっています。

悩みの本質を顕在化するためには、「なぜ単価を上げられないか?」を聞いてみます。そうすると

・値段と実力が見合っていない
・クライアントの結果が出るか不安
・お金をもらうのが相手に悪い
・嫌われたり批判されるかもしれない

などの理由があるでしょう。これらの原因となっているのが、罪悪感です。

単価を上げようとすると、罪悪感が出てきて、悪いことをしている、と考えてしまいます。この感情が原因となって、商品の単価が上げられないのです。

では、このブレーキを外すにはどうしたら良いか。そのためには、まず、悪いことではない、ということに気付いてもらいます。

クライアントは、ゴールを達成したい、と思っています。しかし、ゴールに対して、思い込みや過去の経験などから、罪悪感が生まれ、それがブレーキになっているわけです。

しかし、商品の価格を上げたからといって、悪いことではありません。嫌われることもほぼないわけです。むしろ、深い悩みを持っている人なら、高いお金を払ってでも、解決したいと考えます。

むしろ、価格が高い方が、信頼されたり、お客さんが本気になって、解決しやすくなります。そのため、お客さんにとっても良いことです。

もちろん、商品を断られることもあるでしょう。しかし、それは、お客さんが商品を必要としなかっただけです。もっと言うと、本当に解決したい悩みではないということです。

人は、悩みを解決したいとか、ゴールを達成したい、と言いますが、必ずしも本気とは限りません。それは、お金を払うか、払わないかでわかります。

体験セッションなどまで来て、お金を払わない人は、大した悩みではなかったり、体験だけ受けたいクレクレ君です。

コーチは、本気で変わりたい人だけ契約すればいいのです。

単価を上げられないのは、スキルが不足しているとか、自分が悪いから、ということではないのです。ただ罪悪感を感じて、自分を責めているだけです。

だから、そのことを理解してあげて、自分を責めることをやめてもらえば、ブレーキが外れて、単価を上げることができます。

稼げないコーチは、商品が売れなかったり、断られたりすると、単価を下げていってしまいます。その結果、セッション1回数千円とかになります。

しかし、商品は必ず売れるわけではありません。最初は断られることも多いでしょう。稼げないコーチは、売れる前に、諦めてしまいます。

ビジネスでは、断られることで、商品を改良したり、セールスを直したりすることができます。なので、どんどん成功に近づいていくのです。

10人に断られるつもりで、契約が取れるまでやってみてください。

断られても、自分が悪くないことがわかれば、成功するまで進むことができます。こうした悩みの本質に気付くために、単価を上げられない原因をよく聞くのです。

そして、まずはコーチが気づき、それを本人に気付いてもらう、ということが重要です。

自分を責めずに許可を出す

悩みの本質に気付いてもらったら、「許可を出す」ことをします。

悩みに気付くと、自分が悪いと思ってしまうことが多いです。自分を責めて、なぜこんなこともできないんだ、とか、ここが欠点だ、と思ってしまうわけです。

そうすると、その不足感を埋めるために、勉強をするとか、スキルを上げる、となる人がほとんどです。

コーチでも、スキルや資格などの学びばかりになる人は、外側から何かを付け足すことで、不足感の埋め合わせをしたいのです。

しかし、いくら付け足しても、解決はしないので、迷いに入ってしまいます。

そうならないように、「自分を認める」ということが必要です。自分を責めているのは、自己否定です。しかし、できない部分も自分です。

自分を認められると、落ち込んだり、劣等感を感じたりしなくなります。

もちろん、ブレーキになっているところは、直した方がうまくいくのですが、まずは認めてください。直す必要があることと、自分を責めることは、別の問題です。

例えば、自転車に乗れない子供がいたとします。できないのは、覚えてなかったり、練習してないだけです。楽しく練習していれば、乗れるようになります。

転んでも、自分を認めてあげて、明日また練習すればいい、というだけの話です。自分を責めなくても、成長するのです。

だから、問題点に気付くとともに、自分はこれで良い、と許可を出せることが大切なのです。

コーチでもこれに気付いていない人が多いです。だから、ビジネスがうまくいきません。クライアントが本質に気付いていなかったり、自分を責めていたりすると、元に戻ったり、変われなかったりします。

そのことに気付いてもらう必要があるのですが、コーチはティーチングしてはいけない、という思い込みがある人が多いです。

傾聴とか、質問で引き出すことでは、伝えられないことがあります。

引き出して解決できるなら、クライアントはとっくに解決しているのです。しかし、本当の答えは、今のコンフォートゾーンの中にはないので、引き出しても出てきません。

コンフォートゾーンの外の問題に気付いてもらう必要があるわけです。だから、コーチングとか、ティーチングというように、狭い区分けをしていてもしょうがありません。

結果の出るコーチングで成功する

コーチングでやることは、クライアントをコンフォートゾーンの外側に出すことです。だから、クライアントが気付いていない問題に、気付いてもらうことが重要なのです。

そして、自分を責めることをやめ、自分を認め、許可を出してもらいます。その上で、直していけば、変わることができます。

変わることができると、コーチングをリピートしてもらえるので、ビジネスも成功するわけです。

私のクライアントさんは、私のスキルをそのまま使えるようになってもらうので、コーチングで成果が出るようになります。

稼げないコーチは、コンフォートゾーンの中の問題を、クライアントに答えさせるだけなので、成果が出ません。それは、現状を最適化しているだけなのです。

あなたも、結果が出るコーチングをすることで、コーチングビジネスを成功させてくださいね。




労働者思考を捨てて、時間とお金を手に入れる前のページ

今年1年で、変われましたか?次のページ

関連記事

  1. コーチング

    「私らしくない!」の使い方・・・

    コンビニのネットプリントに、印刷したい楽譜をアップし、印刷した…

  2. コーチング

    どんなコーチ像があるか

    どんなコーチ像があるかあなたはどんなコーチになりたいですか?コ…

  3. コーチング

    アファメーションが入らない原因と効果を出す方法

    アファメーションが入らない原因アファメーションや、セルフトーク…

  4. コーチング

    なぜ自分を変えられないのか?その答えは「コンフォートゾーン」にある

    先日、友人と一緒に都内のクラブに行きました(踊るほうのクラブです)。そ…

  5. コーチング

    マインドのブロックを利用して解消する方法

    今回は人生を台無しにするマインドのブロックと、その解消法という事でお話…

  6. コーチング

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる織田信長は抽象度を上げ…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    集客を成功させて稼ぐ方法
  2. ビジネスマインド

    成功するのも自己責任
  3. ビジネスマインド

    苫米地英人アカデミーで成功できない理由
  4. コーチング

    「want-toゴール」を見つける「2つの質問」
  5. ビジネスマインド

    情報収集しても稼げないのは
PAGE TOP