コラム

無力感を乗り越える方法



自分の力で、何かを変えることができない、と思っている方に読んでほしいです。

写真は、ニューヨーク、ハーレムにある
グラフィティです。

これは、黒人の子供たちに、警察からの職務質問を拒否する権利があることを
伝えるものです。子供たちは、権利を知らないので、黒人だということで、警察から不当な扱いを受けてしまいます。

こんな風に、些細に見えることでも、不当な扱いに対抗することは、とても重要なことです。何をしても、自分には何も変えられない
、と考えれば、それは無力感となります。

心理学では学習性無力感と言われます。

今、私はある騒動に関わっていますが5年前に、今と同じような騒動が起きました。その時私が書いたブログを転載します。

・・・
先日から、詳しくは言えませんがある騒動に関わっていました。そこで感じたことをお話します。

世の中力の強い人がいます。たとえば権力者や権威者、お金持ちなどです。こういった人たちは、社会的な力を使って、いくらでも自分の有利に事を進めることができます。

ある意味フェアなことかもしれませんが、主に若い世代は権力や権威やお金を持ってないことが多いので、どうしても対抗できないときがあります。

そうしたときに若い人たちは無力感を感じてしまうのです。

何をやっても無駄だとか、どうせ世の中変わらないという気分になってしまいます。

たとえば、お金のない人がお金持ちに対抗しようとしても、すぐに損害賠償請求されたり、名誉毀損で訴えられたりします。

お金持ちは自分の顧問弁護士がいて、十分な資金で裁判をできますが、お金がない人は、弁護士を雇うこともできないので、泣き寝入りする可能性が高いです。




固定ページ:

1

2

関連記事

  1. コラム

    2013年と、2018年の、苫米地英人氏及び事務局による、苫米地式コーチの認定における、繰り返された…

    苫米地英人氏は、少なくとも2度、苫米地式コーチに対して、契約にない義務…

  2. コラム

    リアルポケモンGO

    Platonicusの石切山です。日本ではポケモンGoが流行っ…

  3. コラム

    モチベーションで悩んでいた友人

    最近友人に対してコーチングをしてあげたのですが、その友人はモチベー…

  4. コラム

    抽象度の高いラーメン

    先日、東高円寺のラーメン屋でつけめんを食べて、衝撃を受けました。…

  5. コラム

    イビザ・サンセットビーチ

    夕日が沈むのを見て、日本人なら大抵はしみじみとするでしょうが、イビザの…

  6. コラム

    自分が死んだ夢

    クライアントさんから、興味深いメールをいただきました。その方は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    言い訳する人が成功しない理由
  2. 催眠術

    止まらないネガティブ思考の原因は自己催眠です
  3. お金

    稼ぐにはお金のマインドを変える
  4. コーチング

    コーチングは稼げるのか?
  5. セールス

    テクニックで売りたいか
PAGE TOP