目標設定

やる気を取り戻すための「4つのチェックポイント」



どうしてもやる気が出ない、モチベーションが下がってしまう、そんなときありますよね。

今回はやる気が起きないときに行う4つのチェック項目についてお話します。この4つの項目を修正することで、またやる気を取り戻すことができますよ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

やる気がないときのチェック項目

①やりたくないことをゴールにしていないか?

②ゴールが現状の内側になっていないか?

③ゴールの臨場感がないのではないか?

④ゴールに関係ないことをしていないか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、1つ1つ解説していきましょう。

①やりたくないことをゴールにしている

ゴールはやりたいことである必要があります。本当はやりたくないことをゴールにしていても、無意識がそこから逃げようとするので、モチベーションが上がらないのは当然です。

やりたくないことをゴールにしてしまう大きな原因は、人の目を気にしているからです。人の目を気にして、人に気に入られたり、周りの人に褒められそうなことを目指しても、自分の本心とは別の方向に向かってしまいます。

やる気が出ないと感じたら、今のゴールが自分が本心から望んだゴールなのかを見直してみましょう。

②ゴールが現状の内側になっていないか?

ゴールが現状の内側にあると、脳が「特に新しいことをしなくてもこのままでいいや」と思ってしまいます。脳をフルに活用させるためには、現状の自分を大きく変えないと達成できないようなゴールが必要です。

③ゴールの臨場感がないのではないか?

ゴールに対して臨場感がないと、脳はゴールの世界を現実のものだと思いません。「今まさにゴールの世界にいるんだ」と思えてこそ、脳が違和感を感じて(認知的不協和と言います)ゴールを大急ぎで達成しようとするのです。

臨場感が足りない場合は、

・イメージを作りなおす

・繰り返し何回もイメージする

・ゴールの中間地点にある小ゴールを設定して、小ゴールに臨場感を持つ

などを試みてみましょう。

④ゴールに関係ないことをしていないか?

ゴールを設定しても、ゴールに関係のないことや、それをやってもゴールを達成できないことをすればやる気は起きません。たとえば、世界中の人を健康にしたいと思っているのに、肥満を量産するファストフード会社で働いていたら、やる気が出ない可能性が高いです。

自分が今していることとゴールを照らし合わせて、「これはゴールに関係があることなのか?」と自問自答してみましょう。もし関係がないと思ったら、今やっていることをやめて、他のことをスタートする必要があります。

モチベーションが上がらないときは、上記の4点をチェックしてみてください!僕のコーチングでも、この4点はきっちりチェックしています。結構クライアントさんが間違いやすいポイントです^^;この4点を修正すれば、必ずやる気が出てきますよ^^




「メディアの刷り込み」を解いて、「本当のゴール」を見つける前のページ

意外と知られてない!「正しいゴール」設定方法とは?次のページ

関連記事

  1. 目標設定

    「仮のゴール」でステップアップし「真のゴール」が見つかる

    あなたは真のゴールを設定すると言われても、「いきなり真のゴール…

  2. 目標設定

    目標への努力が報われないのは無意識が原因

    ゴールや目標は努力だけではなかなか達成できません。続かなかったり、少し…

  3. 目標設定

    ゴールを「最短距離で達成する」ための「感情コントロール法」

    嫌な感情やネガティブな感情をコントロールする方法をお教えします。…

  4. 目標設定

    コンフォートゾーンを設定し目標やゴールを実現する方法

    目標設定やゴール設定をしたら、そのままにしてはいけません。今度はそれを…

  5. 目標設定

    「メディアの刷り込み」を解いて、「本当のゴール」を見つける

    われわれの世界観や、コンフォートゾーンを作っているのは「メディア」です…

  6. 目標設定

    意外と知られてない!「正しいゴール」設定方法とは?

    ゴールの2つの条件である・現状の外側の・やりたいこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法
  2. 目標設定

    「お金をかけずに」やりたいことをやる方法
  3. コラム

    私がヒゲを伸ばしている理由
  4. セールス

    セールスで断られた時の対処法
  5. 目標設定

    現状を大きく抜け出す「本当の時間感覚」とは
PAGE TOP