マインド

情報空間のパターンから抜けだす

情報空間のパターンから抜けだす

情報空間のパターンによって、ビジネスがうまくいくか、いかないかが変わります。また、ゴールの達成や、自己実現ができるかどうかにも関わっています。

パターンを知ることで、自分を変えて、自由や豊かさを手に入れましょう。

情報空間とは何か

私たちは、情報空間の中で生きています。情報空間とはなんでしょうか。情報空間とは、情報がネットワークになっている空間のことです。

インターネットを思い浮かべてください。インターネットは、情報と情報が繋がってネットワークになっていますね。情報空間も同じように、情報がひとまとまりのネットワークになっています。

例えば、ビジネスなら、マーケティング、集客、セールス、見込み客、などの概念が繋がりを持っています。人によって、繋がり方は様々です。

私たちの社会は、情報空間によって動いています。法律も情報空間にあります。車が左側通行なのも、法律でそう決まっているからです。

アメリカに行ったら、右側通行になっています。それは、アメリカの法律にそう決まっているからです。情報空間によって、物質的な空間が変わるのです。

もし、道路交通法がある日、「車は右側通行」と書き換わったら、その日から一斉に車が右側を走るでしょう。そして、ハンドルも左ハンドルの車ばかりになります。

おっちょこちょいは、左側を走ってしまうかもしれませんが、ほんのすこしパターンが変わってしまうだけで、ものすごく大きな変化が生まれるのです。

左側通行をしたい人たちの反乱が起きても、すぐに鎮圧されてしまうでしょう。このように、情報空間のパターンは強力に、物質空間に影響を与えているのです。

ビジネスにおいても、人生においても、自分自身が変わって、豊かになりたいのなら、情報空間を変えていく必要があります。

情報空間を変えないで、いくら頑張っても、うまくいきません。うまくいかない時は、情報空間のパターンに、何か不具合がある可能性が高いです。

ビジネスの情報空間を変える

ビジネスでも、稼げない人は、情報空間のパターンがおかしくなっています。例えば、集客をたくさんしたら、売り上げが上がる、と思っていたりします。

これは、「集客→売上」というパターンです。しかし、集客をいくらしても、無料情報にしか興味がない人や、野次馬みたいな人たちが集まってきても、売れるはずがありません。

ところが、稼げない人は、このパターンが正しいと思い込んでいます。だから、「売上が上がらないのは集客スキルが足りないからだ」と考えて、集客の勉強を頑張ったりするのです。

そして、Facebookでメッセージを送りまくるとか、ブログアクセスアップ術などをやってみるのですが、稼げません。

稼げないと、また集客を頑張る、というループになっているのです。なぜなら「集客→売上」というパターンしかないからなのです。ずっとここを行ったり来たりすることなります。

これは、「賽の河原」のようなものです。賽の河原では、死んだ子供が石を積みあげて塔を作るのですが、できあがる頃に鬼が来て崩してしまいます。子供はそれを何度も何度も繰り返すことになるのです。

集客を勉強して売れないと、また別の集客法を試して……というふうに、むだなことを繰り返すのも同じです。

情報空間のパターンがまちがっていると、このように売れないループにはまり続けることになります。ここから抜け出すには、ビジネスの情報パターンを変えなければなりません。

たとえば、「商品作り」や「ポジショニング」という概念を入れてみます。有料で解決したい悩みを持っている人をターゲットにして、そのための高額商品を作るのです。

自分の強みがある分野で、悩みが深い人を助ける、というふうに頭を切り替えます。そうすると、ただやみくもに集客するのではなく、ターゲットを絞った情報発信ができるようになります。

また、「ビジネスプラン」という概念をパータンに組み込むことで、さらにマーケティングが楽になります。

ビジネスプランは、ビジネス全体の設計図です。設計図がない状態で家を作ると、家がガタガタになってしまいます。ビジネスもビジネスプランがないと、ガタガタになり、無駄が多くなるのです。

ビジネスプランを作れば、有料の濃い見込み客が、スムーズに成約まで至る道を作ることができます。また、うまくいかなかった場合には、どこでつまづいているか、数字で確認しながら改善することができます。

こんな風に、ビジネスの情報空間を、儲かるパターンに変えていけば、どんどん稼げるようになるのです。また、ビジネスの精度が上がり、お客さんも選べるようになります。

そうしたら、コーチングはもっと楽しくなり、時間もお金も手に入れることができるようになります。そのためには、情報空間のパターンを少し変えてあげるだけでいいのです。

情報空間のパターンを変えるには

情報空間のパターンを変えるには、まず自分の現状を客観的に見てみましょう。自分がどんな行動をしているのか、稼げているのか、というのを、なんとなくではなく、明確にしてみます。

集客法をネットで調べていて、稼げない、ということなら、そのパターンを変えなければいけません。ただ、どのように変えたらいいかわからないでしょう。

もし自分でわかったら、稼げているはずですが、わからないから稼げないのです。これを解決するには、稼げている人や、専門のコーチに指導してもらうのが早いです。

タダでは見てもらえないので、お金を払ってでも指導してもらった方がいいです。それは、正しい情報パターンを作ることがすごく価値が高いからです。

実際修正されるのは、ほんの少しのことかもしれません。ちょっとターゲットを変えましょうとか、メディアを変えよう、ということだけかもしれません。

情報量は少ないのですが、だからと言って、価値が低いのではありません。料理だったら、塩加減をちょっと変えるとか、余分な食材を減らす、といった小さなことで、いきなりクオリティが上がります。

油をサラダ油から、太白ゴマ油に変えるだけで、見違えるように味がよくなります。大事なのはポイントを押さえることなのです。

むやみに醤油をドボドボ入れても、美味しくなりませんよね。全体のバランスが、絶妙になって、初めて美味しくなるわけです。

これは、完成品が見えている人じゃないとできません。だから、すでに稼げていて、ビジネスの稼ぎ方の全体がわかっている人に見てもらうのです。

稼げていない人でも、大幅に作り直した方がいい人もいるし、ちょっとしたことで売れ始める人もいます。自分にとって何が必要かを、効率よくつかむためにも、コーチやメンターがいた方がいいのです。

起業塾では、ノウハウを教えて終わりだったり、マンツーマンで見てもらえないところがほとんどです。だから、起業塾では、一部の人だけうまくいって、多くは稼げないとなります。

そのため、マンツーマンでしっかり見てくれる人にお願いしないと、稼げない人はずっと稼げない、ということになるのです。

稼げない人で、ビジネスでお金ができたらコンサルやコーチングを受けます、という人もいますがこれは順番が逆です。

稼げないからコンサルが必要なのであって、自分でできるなら、コンサルはいらないからです。だから、お金を何とか用意してでも、先に受けた方がいいということです。

コーチングビジネスで成功したいなら、情報空間のパターンを作り直すことを考えてください。それは、マーケティングのことや、マインドセットかもしれません。

パターンが変わり、稼げるパターンを手に入れることで、安定して売り上げを上げることができます。

img_bnr_01

関連記事

  1. マインド

    緊張は悪者なのか?意外と気付かない緊張の役割

    普段の生活や仕事のなかで、緊張を感じたり、プレッシャーを感じる場面はあ…

  2. マインド

    超重要マインドを手に入れる遊びとは

    コーチングの超重要マインドである「すべては脳が作っている」を手に入れる…

  3. マインド

    時間の自由を手に入れる方法

    時間の自由を手に入れる方法時間がなくて、忙しい、やりたいことができ…

  4. マインド

    「朝5分の妄想」が「ありえない未来」を創る

    実現性・やり方などを一切考えなければ、ゴールはどんどん見つけることがで…

  5. マインド

    才能は関係ない!天才を超える正しいマインド

    世の中には、天才と言われるような、すごいことができる人がいます。あるい…

  6. マインド

    あなたは「幻覚」を見ている?「自由に夢を実現する」ためのマインドセット

    あなたは幻覚を見ています。いきなり何だろうと思いますか?…

img_bnr_02

  1. コーチング

    コーチングとカウンセリングの違いに関する誤解【重要】
  2. コーチング

    「ゴールの記憶」を遊びながら高める方法
  3. 目標設定

    コンフォートゾーンが周りとずれたときの対処法
  4. ビジネス

    モチベーションが上がっても稼げない理由
  5. 脳科学

    「自己イメージが一気に上がる」、フランスの大学受験にチャレンジ
PAGE TOP