「当たり前思考」でゴールがどんどん近づく

ゴールの世界が当たり前に思えるかどうかで、ゴールが達成できるかどうかが決まります。ゴールの世界が当たり前とは、言い変えれば、ゴールの世界がコンフォートゾーンになっているということです。

たとえば、起業できない人はなぜ起業できないかというと、起業が当たり前になっていないからです。起業できない原因は、勉強をしてないことでも、能力がないことでもありません。ひとえにコンフォートゾーンの問題なのです。

僕の卒業した大学はいわゆる有名大学で、友人に経営や起業を勉強している人がたくさんいました。中には学生起業していた人もいましたし、ナントカ賞を取ったり、優秀な成績を収めたりしていました。

そして難しい経営書を週に何冊も読み、リーダーシップとか、マネジメントやイノベーションについて研究していました。当時僕はそういう分野に興味がなかったので、みんな頑張っててすごいなーと思っていました。

でもそういう友達たちも、就活の時期になるとこぞって就活をしていました。そして、あれだけ起業の勉強していたのに今はただのサラリーマンになっているのです。ベンチャー企業の社員になる人が多かったですね。

起業の勉強をしていた僕の友人たちはなぜサラリーマンになったのでしょうか?それは「サラリーマンとして働くのが当たり前」というコンフォートゾーンを持っていたからでしょう。ですから、いくら起業家のような知識を身につけようが、マーケティング分析ができようが、それはすべてサラリーマンになるために使われてしまうのです。

僕はたまーにマーケティングの本とかを見ると、「これ一本で起業できるなー」と思うようなことも書いてあります。経営の本が使えないというわけではないです。こんなことをごりごり勉強してきた大学の友達たちは、どんだけすごいんだろうと思ってしまいますが、まだ普通にサラリーマンです笑

経営を勉強したり、マーケティングとかベンチャーとか言っていた人たちがどんどんサラリーマン化していく。その一方で、中学時代の田舎のヤンキーの友達が大工の棟梁をしてたり、特産物の卸売業をしています。彼らは自営業が当たり前なので、ビジネスを普通にしているのです。

地元のヤンキーの友達たちは、勉強ができたわけでもないし、いわゆる「経営分析」とかもできないと思いますが、心が「事業家」なので必要なものはちゃんとそろえて利益を出しています。

このエリート大学生と、田舎のヤンキーの例からも、コンフォートゾーンがいかに重要かがわかるでしょう。起業したいなら、「起業が当たり前でそれ以外ありえない」というコンフォートゾーンを持つ必要があるし、マッチョになりたいなら「マッチョが当たり前」と思う必要があるのです。

そしてコンフォートゾーンを作るためには、イメージの力が必要です。まずは、できるだけ大きくイメージを膨らませてみましょう。そして、イメージの世界が当たり前になるように、イメージを強化していってください。徐々にコンフォートゾーンがゴール側に移行していくのがわかるでしょう。

ちなみに僕は人の起業に対する心理的なハードルを下げるために「自営業」という言葉をよく使っています。起業っていうと難しそうだけど、自営業なら普通そうじゃないですか?^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「会社をスンナリやめる方法セミナー」を開催します。
会社をやめて独立起業したい方はぜひご参加ください。
大幅値引きになる早期割引は『4月5日まで』です。

■お申込はコチラ → http://coachingjapan.net/kaisha/

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」

photo1

 

 

 

 

 

 

 

 
認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1 誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2 すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3 「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4 心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5 ゴールの確信度を上げるメソッド
6 「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7 圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8 努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
→ 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
→ ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
→ 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ