私が高級ホテルでセッションをしない理由

こんばんは!石切山です。

コーチング業界では、
セッションでホテルラウンジを
使うことが多いです。

例えばリッツカールトンに行けば、
「あ、○○さんだ」と知っている人に
よく会います。

コーチングと言えば、
高級ホテルラウンジ、と思い浮かべる
方も多いと思います。

私も以前は高級ホテルラウンジを
セッションのために使っていました。

しかし現在ではほぼ使っていません。

カラオケボックスを中心に
しています。

なぜホテルラウンジを
使わなくなったのか。

それは、まず飽きたから(笑)。

そして、ラウンジでは催眠を
実施することが難しい。

それからラウンジは金儲けの匂いが
強いからです。

飽きたというのは、
自分自身がもう何回も行ったし、
ホテルラウンジでセッションを
する人があまりに多いので、
もうマンネリ化していると
思ったからです。

そんなに良い場所だとも
思わないですし、大して
美味しい飲み物が出てくる
わけでもありません。

そして、催眠を実施できない
というのは、催眠は目立つし、
場に相応しくないからです。

また、
深い催眠に入ってもらう際には、
寝かせますので、
ホテルラウンジではできません。

想像してみたら、ホテルラウンジで
催眠セッションをしてるのって
変な光景ではないですか?

しかも、催眠中に邪魔が入る可能性も
あります。

そうすると、いちいち
中断しなければなりませんから、
催眠には向いていないのです。

そして、
金儲けの匂いが強いというのは、
よく投資勧誘や
ネットワークビジネス勧誘などで
使われる場所だからです。

皆さんにも
気をつけて欲しいのですが、
なぜ彼らがホテルラウンジを使うかと
いうと、それは権威付けのためです。

ホテルというブランドを使うことで、
すごく見せたり、ちゃんとした人や
ビジネスだ、お金を持っている、
という印象を与えるためです。

しかし、ホテルラウンジを
使っているからと行って、
彼らが金持ちか、すごい人か、
ビジネスが詐欺じゃない、などは、
関係のないことです。

普段行かない人からすれば、
ホテルラウンジに行くだけですごいと
思うこともあるかもしれません。

しかし、ホテルラウンジなんて、
金を払えば誰でも行けるし、
大した金額でもありません。

飲み物も一杯1000円程度です。

全然特別な場所ではないのです。

もちろん、高級ホテルラウンジを
当たり前だと思えるようになりたい、
という人もいると思います。

そういう場合は、個人的に
行って欲しいなと思います。

毎週行っても、
月4~5000円です。

それで何ヶ月か行けば何とも
思わなくなるでしょう。

コーチングより
よほど安上がりです(笑)

以前、高階の
ホテルラウンジにいたら、隣の席で、
若いサラリーマン4人組が、
話をしていました。

それで、そのうちの一人が
「買っちゃった」と言いました。

なんだろうと思ったら、
投資用マンションを買っちゃった
そうなのです。

それも、「3つ買っちゃった」と
言っていました。

私はその時、「この人やばいな」と
思いましたが、そういう話が
聞こえて来るような場所です。

こう言うところでされるような
投資話は、質が悪いですから
皆さんも気をつけてください。

私は、あんまりクライアントさんを、
そういう世界に入れたくないと、
正直思います。

というのも、そうすると
どうしても現状維持(既存の社会の
価値観の中で上の方に行く)に
なりがちだからです。

一通り慣れたらもう十分です。

現在セッションでメインに
使っているのは、カラオケ。

私もよく一人で
カラオケに行きます(笑)。

個室であり、
しかもカメラ付きなので、
女性にも安心感があり、
トラブル防止にもなります。

邪魔されることもなく、
寝かせることもできるので、
催眠には向いているのです。

カラオケはうるさくないか?と
心配される方もいると思いますが、
催眠には影響ありません。

もっとも、カラオケはちょっと、と
いう方もいると思うので、
セッションルームでのセッションも
検討しています。

認知科学に基づいた
ゴール達成プログラムを
8日間で脳にインストールする
メールマガジンを作りました。

ご登録はこちらからどうぞ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/04gwd

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ