コラム

コーチングは洗脳か?コーチングと洗脳の関係

この記事では、コーチングと洗脳の関係や、違いについて解説します。

コーチングと洗脳は非常に近いものです。というのは、コーチングで使われている技術は、洗脳に使うことができるからです。

またコーチング団体や、コーチング自体が宗教化してしまうこともままあります。

ビ・ハイアという会社のパワハラ問題が話題になりました。全国紙に掲載されたり、テレビで取り上げられたりして大変な騒ぎです。あなたもご存知かもしれません。

このビ・ハイア社は、コーチングや、あるコーチング団体(苫米地式コーチング)と密接な関わりがあります。

ビ・ハイア社の社長や副社長が、コーチング資格保有者であり、ビ・ハイア社自身がコーチからコーチングを受けていたこと、ビ・ハイア社と複数のコーチが頻繁に交流を持って、一緒に情報発信をしていたこと、Youtubeなどのメディアでコーチングについて発信していたことなどから、ビハイア社とコーチング、さらにはパワハラ問題が関係しているのではないか、という考えを持つ人がいるようです。

念のため言っておくと、パワハラがあったかどうか、という事実が争われているので、パワハラがあったと私が確定的に考えているわけではないです。ただ、パワハラがあったことを前提に、それがコーチングと関係していると考えている人が多くいるのです。

関係があるのか、というと事実として、関係があることは間違いありません。また、ビハイア社と主に関わりがあったのは、苫米地式コーチングという団体、タイス式コーチングという団体です。それらはいずれも、苫米地英人という個人が代表です。関わっていたコーチたちは、苫米地英人の愛弟子たちでコーチング団体の幹部です。そのため、苫米地英人氏とも関係があります。これは今たくさんの人が話題にしています。

こうした事実と、パワハラや洗脳があったという意見から、

・コーチングは洗脳であるのか?

という疑問を持つ方がいます(特に苫米地英人を中心とするコーチングについて)。ネット上では、そう言った声が多数聞こえてきます。

私が学んできて、私が考えているコーチングからすると、その答えは、

①コーチングは、定義上洗脳ではない。

②コーチングと同じやり方で洗脳しようと思えばできる。

③コーチは洗脳をしやすい立場にいるので、洗脳しようと思えばできる。

④コーチングと名乗っているにも関わらず、実際には洗脳をしていることがある。

です。

①まず、コーチングは定義上、洗脳ではありません。というのも、クライアントが望んだ人生になるようにサポートしたり、脳と心の使い方を伝えるのがコーチングだからです。

洗脳は、相手の脳と心を、本人が望まないのに、その本人以外の人の利益のために変えてしまうことです。クライアント本人が望んでいないことなので、定義上コーチングと洗脳は、違うものです。

逆に言えば、本人が望んでいる方向に思考を変えるとすると、それは本人のゴールに合致するため本人の利益となるので洗脳ではありません。

もちろん、相手が本当に望んでいるものは何なのか、というのは難しい問題です。それを探したり、更新するのを手伝うのもコーチングの役割です。

②コーチングと同じやり方をすれば、人の思考や価値観を変えることができます。例えば言葉によって人の思考を変えることが可能です。

また人の心に直接介入して、無意識レベルで変えるものがあります。例えば、催眠や気功です。これらは、クライアントの望む方向に使えば、助けになりますが、望まない方向に使えば、洗脳の道具として使うことができます。

例えば、気功や催眠で、健康を害すような方向に仕向けることも可能です。ゴールと逆向きの何かに依存させたりすることも、やろうと思えばできます。例えば、貯金をたくさんしたい人を、ホストやホステスに依存させて散財させるということもできます。

③コーチは洗脳をしやすい立場にあります。というのは、コーチとクライアントは、対等ではありますが、心理的にはコーチの側が場を支配しているからです。医者と患者、先生と生徒の関係にも似ています。それはコーチングがうまくいくためには必要なことです。

心理カウンセラーであっても、クライアントがカウンセラーを好きになってしまうことがあります。そういうことが起こるくらいの関係性であるということです。コーチングでも同じことが言えます。これが逆に、コーチの立場が下になってしまうと、難しくなってしまいます。

④コーチングと名乗っていても、実際には、ただの洗脳である場合があります。そもそも理論体系が違っていたり、理論はよくても、やっていることが洗脳という場合があるのです。

理論体系が洗脳、というのは、自己啓発ではよくある話です。何かを無理やりやらせたり、ある特定の価値観に洗脳するような手法に、コーチングという名前をつければ、コーチングになってしまいます。もちろんコーチングの定義自体、いろんな意見があるのですが、私の考えるコーチングからすると、洗脳と思います。

仮に、誰かを「世界平和を目指す人」にしたとしても、本人が望んでいなければ、洗脳になります。また、理論はよくて、クライアントの利益のためと思っていても、そうじゃないことをやる人もいます。

以上が、コーチングと洗脳に関する、私の見解です。何かあれば、ご連絡ください。

マインドのブロックを利用して解消する方法前のページ

前頭葉をレベルアップする脳科学次のページ

関連記事

  1. コラム

    札束を扇子にする人

    最近聞いた話ですが、都内の某所では夜な夜な大企業の経営者たちが集まり、…

  2. コラム

    2013年と、2018年の、苫米地英人氏及び事務局による、苫米地式コーチの認定における、繰り返された…

    苫米地英人氏は、少なくとも2度、苫米地式コーチに対して、契約にない義務…

  3. コラム

    サラリーマンを辞めても会社に迷惑はかからない

    サラリーマンを辞めても、会社に迷惑はかかりません。むしろやる気がないの…

  4. コラム

    ASKAに学ぶイケメンになる方法

    あなたの周りにイケメンはいますか?おそらく一人くらいは知ってい…

  5. コラム

    婚外子問題~家族制度という洗脳~

    今、婚外子の相続問題が世間で話題になっています。結婚していない男女の間…

  6. コラム

    私が高級ホテルでセッションをしない理由

    こんばんは!石切山です。コーチング業界では、セッションでホ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座メルマガ登録

Amazon著者ページ(電子書籍一覧)

全記事一覧

有料記事一覧

  1. ビジネス

    苫米地式コーチになって稼げない理由
  2. ビジネスマインド

    努力が報われないのは何故か
  3. マーケティング

    なぜライフコーチが成功しないのか
  4. コーチング

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる
  5. ビジネスマインド

    なぜコーチング起業ができないか
PAGE TOP