コラム

自分が死んだ夢

こんばんは!石切山です。

クライアントさんから、興味深い
メールをいただきました。

その方は、自分はいつ出家しても、
今自分が暮らしている日常に対して
執着がないと思っていたそうです。

身の周りの持ち物や、食べているもの
人間関係などは、いつでも離れられる
と考えていたのです。

しかし、ある時、
自分が死ぬ夢を見ました。

雲の上に行って雲に空いた穴から、
自分の死んだ体や自分の部屋を
見たそうです。

そうしたら、ものすごい執着心がある
ことがわかったのです。

執着がないと思っていたものたちが
なくなったら、すごく嫌だと
思いました。

死神が傍で、

「下界を見てても寂しいだけだから、
成仏して生まれ変わる道に行こう。」

と言いました。

でもその時、
見てるだけでいい。
見て悲しんでるだけでいいと
思いました。

執着しないなんて、できない
と思ったそうです。

私たちは、普段身の周りにあることや
日常を当たり前のことだと思って
意識しません。

無くなってもいいものだと
思っていることもあります。

しかし、実は、今生きている世界全て
に対して、執着心があるのです。

大した執着がないと思っている、
自分の持ち物、人、食べ物なども、
それらにもう二度と触れられない
としたら、嫌だし悲しい。

最高に盛り上がったパーティーや祭りが
終わる時の、いたたまれない寂しさに
似ているのかも知れません。

その時間はもう二度と戻って来ない
ですから。

一時期「毒親」というのが流行って
いて、親に敵対するような考えが蔓延
していました。

そうした人たちは、
親から離れたい、いなくていいと
思っていたことでしょう。

そうした人たちであっても、実は親に
ものすごい執着心を持っています。

むしろ、執着心が強いと言えます。

だからこそ離れられないのです。

実際には、親自体に対しても、
また親のせいにすることに対しても、
強い執着があります。

それがなくなったら
ものすごく悲しいのです。

だから、手放すことができません。

また、日常がつまらなかったり、
なんとも思わないという人で、
いつでも捨てられると思っている人
でも、その状態に対して執着心が
あります。

本当に執着心がなかったら、その状態
を維持することはできません。

もし、自分が生きている世界自体を
失ったらと瞑想してみると、
少なからずわかるかも知れません。

自分が死んだつもりになって、大切に
思っているもの、思っていないものに
自分が一切触れることができないと
想像してみます。

私は、小学生1年生の時から大人に
なるまで持っていたハサミのことを
思い出しました。

金色地に黒文字で
「いしきりやましんご」と印刷された
シールが貼ってありました。

そのハサミは
ずっと捨てられなかったのです。

今はもうないので、そこに執着はない
のだろうと思いました。

しかし、それがもう二度と
触れられないものだと思ったら、
急にすごく悲しくなりました。

もしそのハサミが戻ってきたら、
宝物にするかも知れません(笑)

そんなものにさえ、
いろいろな思い出や、執着がある
のだなと気づきました。

よく感謝することが大事だと言われ
ますが、自分が認識している世界
そのものの有り難みがわかると、
自然にそうした心が現れてきます。

自己啓発では、現実の否定が
重視される考え方がありますが、私は
現実を受け入れることの方が大切だと
思います。

自分が選んでここにいるのだ、現実が
有難いということを認識することから
スタートするのです。

もちろん、辛いことや大変なことも
あるでしょうが、それらも
なくなったら悲しいのです。

認知科学に基づいた
ゴール達成プログラムを
8日間で脳にインストールする
メールマガジンを作りました。

ご登録はこちらからどうぞ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/04gwd

関連記事

  1. コラム

    4分の1のコストと圧倒的な質

    イビザに来て私たちのバンド名が決まりました。Platonicu…

  2. コラム

    リアルポケモンGO

    Platonicusの石切山です。日本ではポケモンGoが流行っ…

  3. コラム

    私が高級ホテルでセッションをしない理由

    こんばんは!石切山です。コーチング業界では、セッションでホ…

  4. コラム

    ビ・ハイア問題で話題の、洗脳とコーチング

    今世間でビ・ハイアという会社のパワハラ問題が話題になっています。全国紙…

  5. コラム

    フィジカルな感覚を取り戻せ

    Platonicusの石切山です。フィジカルな感覚が世界で無く…

  6. コラム

    イビザ・サンセットビーチ

    夕日が沈むのを見て、日本人なら大抵はしみじみとするでしょうが、イビザの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

  1. コーチング

    「当たり前思考」でゴールがどんどん近づく
  2. 未分類

    上級編からスタートしよう
  3. 未分類

    実は「高いゴール」のほうが達成しやすい、その理由とは
  4. コーチング

    「ゴールのリアリティ」が「爆発」する瞬間
  5. 目標設定

    家族のことを忘れるとゴール設定がうまくいく
PAGE TOP