脳科学

「ポジティブ思考」に切り替える「集中モード」の作り方



私たちは1日3万回、自分自身に対して語りかけていると言われています。自分自身に対して語りかけることをセルフトークといいます。このセルフトークがあなたの自我やコンフォートゾーンを作っているのです。

コンフォートゾーンをずらすためにはセルフトークをコントロールすればいいのですが、セルフトークをコントロールする感覚はわかりずらいものです。
そこで、今回はセルフトークをコントロールする感覚のつかみ方をお教えします^^

セルフトークと言っても、言葉で「私は○○だ」と語りかけるほかに、記憶を思い出すことでいろいろな感情が出てくるものもあります。セルフトークは、無意識に勝手に行われているので、それをコントロールするために、まずは無意識の活動がどんなものか見てみましょう。

試しに、2分間目を閉じて何もしないでいてください。

・・・・・・いかがですか?多分たくさんの映像、言葉、思考、感情と言ったものが2分間の間に浮かんできたことでしょう。これが無意識が行っているセルフトークです。

たとえば「私にはムリだ」というセルフトークをしたときにも、実は言葉だけでなく、言葉と一緒にさまざまな記憶が次々に浮かんできます。

では次に、セルフトークをコントロールしてみましょう!
1分間「私はすごい!」と心の中で何回も途切れなく言い続けてください。
そのときに、余分なことを一切頭の中からなくして、「私はすごい!」に集中してみましょう。

・・・・・・1分間、意外と大変ですか?
思ったより集中力を使ったはずです。気を抜くと他のことを考えてしまったり、「私はほんとはすごくないのにな」などと言ってしまうかもしれません。

ですが集中力を高めて、「私はすごい!」と思い込んで心の中で唱え続けてみてください。
他の思考が入らないくらい、それに集中するのです。これが、セルフトークをコントロールする感覚です。

この集中モードを覚えておけば、ネガティブなセルフトークが出てきた場合でも、切り替えることができます。すぐにネガティブなセルフトークをなくして、「私らしくない、私にはできる!」という方向に気持ちを持っていけるのです。

自動思考をストップし、ポジティブなセルフトークに切り替える感覚をぜひ覚えてくださいね。最初はセルフトークに介入する感覚がわからないかも。でもすぐにできるようになりますよ。

僕も、もしネガティブなセルフトークが出てきても、集中モードにすることで、切り替えています。あらかじめ、集中モードの練習をしておくといいですよ☆あなたもぜひ実践してみてくださいね!




「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣前のページ

ゴール達成をしたければ「即刻テレビを捨てよう」次のページ

関連記事

  1. 脳科学

    「クレーム」をつければゴールが見える

    こんばんは!石切山です。最近クレームをつけたことはありますか?…

  2. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは

    僕が小学生のとき、地元(田舎)にコンビニがはじめてできました。そのとき…

  3. 脳科学

    「自己イメージが一気に上がる」、フランスの大学受験にチャレンジ

    あなたは普段どんなことを考えていますか?あなたが考えていることがあなた…

  4. 脳科学

    「広告洗脳」から脱出し、真のゴールを見つける「広告瞑想法」

    広告洗脳から脱出することで、本当のゴールが見えてきます。私たち…

  5. 脳科学

    「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」

    コーチングに、「現状の外側」という概念があります。これは、「現状とは違…

  6. 脳科学

    「イメージするだけ」じゃ夢は叶わない?「本当に効果のあるイメージ法」とは

    イメージするだけでは目標は達成できない、と良く言われます。僕もそれは無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    どの問題を設定するかが重要
  2. 脳科学

    「スコトーマ」をなくす「苦手克服法」
  3. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴
  4. コラム

    契約と自己責任
  5. ビジネスマインド

    価値とは何なのか
PAGE TOP