脳科学

「ポジティブ思考」に切り替える「集中モード」の作り方



私たちは1日3万回、自分自身に対して語りかけていると言われています。自分自身に対して語りかけることをセルフトークといいます。このセルフトークがあなたの自我やコンフォートゾーンを作っているのです。

コンフォートゾーンをずらすためにはセルフトークをコントロールすればいいのですが、セルフトークをコントロールする感覚はわかりずらいものです。
そこで、今回はセルフトークをコントロールする感覚のつかみ方をお教えします^^

セルフトークと言っても、言葉で「私は○○だ」と語りかけるほかに、記憶を思い出すことでいろいろな感情が出てくるものもあります。セルフトークは、無意識に勝手に行われているので、それをコントロールするために、まずは無意識の活動がどんなものか見てみましょう。

試しに、2分間目を閉じて何もしないでいてください。

・・・・・・いかがですか?多分たくさんの映像、言葉、思考、感情と言ったものが2分間の間に浮かんできたことでしょう。これが無意識が行っているセルフトークです。

たとえば「私にはムリだ」というセルフトークをしたときにも、実は言葉だけでなく、言葉と一緒にさまざまな記憶が次々に浮かんできます。

では次に、セルフトークをコントロールしてみましょう!
1分間「私はすごい!」と心の中で何回も途切れなく言い続けてください。
そのときに、余分なことを一切頭の中からなくして、「私はすごい!」に集中してみましょう。

・・・・・・1分間、意外と大変ですか?
思ったより集中力を使ったはずです。気を抜くと他のことを考えてしまったり、「私はほんとはすごくないのにな」などと言ってしまうかもしれません。

ですが集中力を高めて、「私はすごい!」と思い込んで心の中で唱え続けてみてください。
他の思考が入らないくらい、それに集中するのです。これが、セルフトークをコントロールする感覚です。

この集中モードを覚えておけば、ネガティブなセルフトークが出てきた場合でも、切り替えることができます。すぐにネガティブなセルフトークをなくして、「私らしくない、私にはできる!」という方向に気持ちを持っていけるのです。

自動思考をストップし、ポジティブなセルフトークに切り替える感覚をぜひ覚えてくださいね。最初はセルフトークに介入する感覚がわからないかも。でもすぐにできるようになりますよ。

僕も、もしネガティブなセルフトークが出てきても、集中モードにすることで、切り替えています。あらかじめ、集中モードの練習をしておくといいですよ☆あなたもぜひ実践してみてくださいね!




「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣前のページ

ゴール達成をしたければ「即刻テレビを捨てよう」次のページ

関連記事

  1. 脳科学

    トラウマを解消させる「自己責任」

    トラウマにしないためには、自己責任の考え方が必要です。トラウマ…

  2. 脳科学

    世界とつながればゴール達成と幸福が得られる

    こんばんは!石切山です。最近、いろんな仕事をしています。コ…

  3. 脳科学

    ゴールに感じた「恐怖感」を「喜びに変換する」方法

    ゴールを設定するときに、恐怖感を感じたことはありませんか?恐怖感を感じ…

  4. 脳科学

    「本当のコミュニケーション能力」が身に付く「脳の使い方」

    近頃「コミュニケーション能力」が重視されていますよね。たとえば空気を読…

  5. 脳科学

    いいこと日記の書き方と効果〜幸せ体質になろう〜

    あの人は何だかいつも幸せそう・・・・・・いつも楽しそうにしている「幸せ…

  6. 脳科学

    「スコトーマ」をなくす「苦手克服法」

    好き嫌いはすぐに決めない方が良いです。なぜなら、嫌いなものの方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    労働者の刷り込みから離れる
  2. ビジネスマインド

    なぜ稼げない人が多いのか
  3. コラム

    サラリーマンを辞めても会社に迷惑はかからない
  4. ビジネスプラン

    なるべく楽に稼げるようにする
  5. コラム

    ある条件で出現する謎の丘
PAGE TOP