脳科学

やる気と自己評価を高める脳科学



ゴールを達成するには、自分にはそれだけの能力があるという自己評価(エフィカシー)が大切です。自己評価が低いとゴールを諦めたり、やる気がなくなって行動が鈍くなったりします。自己評価を高めることで、やる気が出てゴールに対して前向きに進んでいくことができるようになるのです。

ではどうしたら自己評価を高められるのでしょうか?高めた方がいいのはわかるけど、具体的な方法がわからない方も多いでしょう。いろいろな要因がありますが今日はそのうちの一つをご紹介します。

脳科学でやる気を高めるポイント

それは体調です。体調によって気分が左右されて自己評価が変わります。

例えば風邪やインフルエンザになった時は、動けなくなったり気分が憂鬱になります。何もしたくないという感じになったりします。そうした状態ではゴール達成能力の自己評価も低下しやすいのです。

あるいは睡眠不足であったり、疲れがたまっていたりする状態が慢性的になると、いつも気分がすぐれなくなり自己評価も落ちやすくなります。

もちろん、状態が悪くてもゴールに向かっていくことはできますが、状態を良くすればもっとそれを加速することができます。体調を管理することはゴール達成においてとても重要なことなのです。

やる気と自己評価は風邪の予防から

体調の中でも特に風邪は誰でもなる危険があり、ありふれています。風邪の予防をすることは体調を維持する上で重要なことです。風邪をひきやすい人ならなおさらのことです。

高熱を出すような風邪やインフルエンザのようなたちの悪い風邪を引けば、もちろん心身ともに相当に辛くなります。ただこうした風邪だけではなく、ちょっと調子が悪くなったり、頭や喉が痛くなったりという程度の風邪もあるのです。

風邪だと気づかないこともあるでしょうが、こうした体調の悪化も心の状態に影響を与えています。今日は調子が悪い、やる気が出ないなと思ったら実は風邪の症状だったという可能性もあるのです。

体調を良くする具体的な方法

タイトルにある「鼻をほじるな」というのは、風邪の原因となるウィルスや細菌は手につきやすいので、鼻をほじったりするとウィルスや細菌に感染する危険が高まるからです。

鼻をほじるだけではなく、顔を触る癖があるだけでもリスクが上がります。ウィルスは目や喉、鼻などの粘膜から侵入するからです。こうした風邪になる要因を避けることで、風邪をひきにくくなり体調が安定しやすくなります。

いくつか効果の高い、手軽にできる風邪の対策をご紹介します。

体調の変化に敏感になる

風邪はいきなりなるわけではなくて、「無理が重なった」「出張が多かった」「寝不足だった」などの風邪をひきやすい状態やパターンがあります。また、ひき始めも「喉に違和感がある」「鼻水が出る」といった兆候があります。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    「基本的洗脳法」に気づけばスコトーマが外れる!

    基本的な洗脳法に気づけば、スコトーマをどんどん外すことができます。…

  2. 脳科学

    トラウマを解消して未来に集中するには

    過去にとても嫌なことがあった、ひどい扱いを受けた、などの経験からトラウ…

  3. 脳科学

    「インチキ自己イメージ」を疑え!

    ゴールにとってマイナスな自己イメージが浮かんできたら、どう…

  4. 脳科学

    「ゴールイメージ力」を上げる「音遊び」

    今日はゴールイメージ力を上げるお手軽な音遊びについてお教えします。難し…

  5. マーケティング

    インプットして安心するな。質の高いインプットとアウトプットの方法

    インプットして安心するな知識をインプットすることは大切なことで…

  6. 脳科学

    支配者によって下げられたエフィカシー

    エフィカシーが低いのは、支配者に洗脳された結果です。支配者の作ったシス…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    「ゴールのリアリティ」が「爆発」する瞬間
  2. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出る人、出ない人
  3. ビジネスマインド

    本を読んでも成功できない理由
  4. コーチング

    コーチングとティーチングを分けて考えない
  5. 催眠術

    催眠術で潜在意識を変える効果と具体的方法
PAGE TOP