ビジネス

「ゴール達成脳」と「ビジネス脳」を同時に鍛える方法



今日はビジネス脳とゴール達成脳を同時に手に入れることができる、IQアップ瞑想をお教えします。

ビジネス脳を鍛える、といっても何か特別なセミナーに行ったり、偉い人の話を聞いたりするわけではありません。

今回お教えする方法は身近なものを使って「いつでもどこでも」ビジネス脳を鍛えることができるものです。しかも高い視点を手に入れるトレーニングとして効果が高いものなので、ゴール達成力を同時にアップさせることが可能です。

われわれの身の回りにビジネスはたくさんあります。スーパーやコンビニもビジネスですし、レストラン、電車、家を建てるのもビジネスです。こういったあらゆる素材を使ってビジネス脳を鍛えられるのですが、今回はレストランでできる具体的なトレーニング法をお伝えしましょう。

~~~~~~~~~~~~~~

レストランでできるビジネス瞑想

・レストランに入る

・レストランの売上を予想

・レストランの利益を予想

~~~~~~~~~~~~~~

まず、レストランなどの飲食店に入ってみましょう。普段だったらまず「何を食べようかな」と考えるかもしれませんが、ぐっと我慢して「レストランの売上計算」を行ってください。

やり方の例をご紹介しましょう。

・最初に席数を数える
・お客さんの入り具合から、大体の客数を予想
・メニューを見て、1人が使う平均金額を予想
・1人あたりの平均額×客数で1日の売上を計算

こんなふうに行ってみてください。1日の売上が計算できたら、月の売上を計算したり、年の売上を計算したりしてみましょう。売上は曜日や季節によって変わるでしょうから、どのくらい変動するか考えてみても面白いですよ^^

さて次に、レストランの利益を予想してみましょう。やり方の例を上げてみます。

・スタッフの数を数える
・スタッフの人件費を予想
・食材の仕入れ額を予想
・店舗の家賃や維持費を予想

このように、かかる費用を予想していきましょう。

「スタッフはバイトが何人で、正社員が何人かな」
「時給はいくらかな」
「この味だと、高い食材を使っているな」
「駅に近いから、家賃は高いだろう」

というふうに、いろいろ想定しながら妥当な額を出してみるのです。そして、売上から費用を引いて、利益を予想してみます。

この瞑想はゲーム感覚でできてかなり面白いです^^ビジネスのあらゆる要素を立体的に見ていけるので、IQやビジネス力が間違いなく向上します。

もちろん出した答えが正しいかどうかはわからないですけどね。でもそこがいいところです。誰かと一緒にやってみると「ああでもないこうでもない」とさらに白熱するでしょう。

また、この思考法はそのままゴール達成に用いることができます。ゴールは現状の外側にあり達成法が見えないものです。予想したり推測したりしながら視点を上げて達成方法を探していくことで、徐々にスコトーマが外れていき、あるとき「これだ!」というものが見つかります。

今回ご紹介した方法は、レストラン以外でもあらゆるビジネスに対してやることができます。僕もビルを見るとついつい建設費用や家賃・テナント料などを計算してしまいますよ笑。

「うんうん、みんなよく頑張ってくれてるなあ」

と勝手に儲かった気分になれます笑。

あなたもぜひこの楽しいゲームに参加して、ゴール達成脳とビジネス脳をレベルアップさせてくださいね!




関連記事

  1. ビジネス

    東京人が「お金の洗脳から抜け出す」方法

    札幌はすごくいい街ですね。札幌に行ったことがない方はぜひ一度行くことを…

  2. ビジネス

    「我慢料」をもらうことをやめれば未来が明るくなる

    我慢料をもらうことをやめて、やりたいことをしましょう。そうすれば、人生…

  3. ビジネス

    シルバーウィークと資本主義の奴隷

    シルバーウィークって何か変だなと思いませんか?今年はシルバーウ…

  4. ビジネス

    ビジネスを始めるのに必要なマインド

    新しいビジネスを始めるにはどうしたらいいだろう、と考えたことはありませ…

  5. ビジネス

    お金は「落ちている」のに誰も気づかない

    独立したいとか、副業でお金を稼げるようになりたいと思ったことはありませ…

  6. ビジネス

    やりたい仕事をするための2つの方法

    やりたいことを仕事にしたいなら、与えられた仕事に頼るのをやめて、自分で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    豊かになる人と貧しくなる人の違い
  2. 脳科学

    支配者によって下げられたエフィカシー
  3. コーチング

    勘違いしやすい、「コーチングは誰のために実践するのか」
  4. 目標設定

    未来の可能性を広げる、選択肢の増やし方
  5. 脳科学

    トラウマを解消させる「自己責任」
PAGE TOP