ビジネスプラン

稼げる世界を当たり前にする



稼げる世界を当たり前にする

今日持続化給付金の100万円が振り込まれていました。まだ申請していない方で、要件に当てはまっている方は申請すると良いですよ。

政策金融公庫の融資の方は申し込んでありますが、東京では1か月半くらい待つようです。こちらも結果が出たらお伝えします。

公庫の方は、運転資金は据え置き3年で、7年返済です。据え置きというのは、3年間は返さなくていいということです。

コロナ関係でいろんな支援が出ているので、利用してみてください。私がやったことに関しては、お伝えしていきますので参考にしてくださいね。

今日は、稼げる世界を当たり前にする、というお話をします。

あなたは、コーチングビジネスで稼げるようになったら何をしたいですか?ビジネスをするなら、ビジネスをする理由が必要です。

当然、お金をどれくらい稼ぎたい、という希望があると思います。ただ何となく稼ぎたいというだけでは、稼げないわけです。

なので、お金を稼いだとして、何のために使うのか、なぜビジネスをするのかを明確にしておきましょう。理由が明確にならないと、達成することはできません。

ビジネスが成功した時の、自分自身の姿をしっかりとイメージすることが大切です。

コーチングでは、「コンフォートゾーン」と言われています。ゴールを設定しただけではなく、コンフォートゾーンを明確にすることで成功できるのです。

コンフォートゾーンをしっかりと設定している人はあまりいないので、コンフォートゾーンについてお話します。

コンフォートゾーンとは何か

コンフォートゾーンは、自分が居心地が良い領域のことです。

テストで50点くらいが平均の人は、コンフォートゾーンが50点くらいになっています。くらい、というのは、コンフォートゾーンには幅があるからです。

50点くらいの人は、いつもだいたい50点くらいの点数を取ります。

獣医師さんの話では、猫の体重は、だいたい同じくらいにキープされているのが普通だそうです。なので3kgの猫は、自分で食事量をコントロールして、1年経っても3kgくらいです。

このように、ある一定の範囲内に動物も人間もおさまるようになっています。

コンフォートゾーンの外に出ると、恐怖や不安がやってきます。50点くらいの人は、0点を取ったら焦って勉強するわけです。

意外かもしれませんが、100点を取っても脳は恐怖を感じています。なので次のテストでミスをしてちゃんと平均50点くらいに調整するのです。

ビジネスで言えば、稼げないコンフォートゾーンにいると、稼げないように脳がうまく調整してくれます。

反対に、稼げるコンフォートゾーンができていれば、稼げるように脳が勝手に調整してくれるのです。なので、何をしたらいいかといったら、まず新しいコンフォートゾーンを作ることです。

しかし多くの人が、目標を何となく作って、それで終わってしまいます。それでは、脳にとって意味のないことと判断されてしまうので、コンフォートゾーンが変わりません。

ゴールが現実から離れていると、臨場感は感じづらくなります。会社員の人が起業するのも、イメージが難しいので、起業して成功できる人が少ないのです。

なのでコンフォートゾーンを作って、自分で未来の臨場感を高めることが大切なのです。

何のために稼ぐのか

稼いでいる世界が当たり前になるほど、その世界は実現します。

稼げている世界が当たり前だと、稼げない方がおかしくなって、慌てて稼げるコンフォートゾーンに戻るようになるわけです。

コンフォートゾーンを作って、「稼げているのが居心地がいい」と本気で思えれば、ビジネスも成功します。稼げないのは、本気で思えていないことが原因です。

私も、昔は会社員をしていましたが、今は会社員で労働をするのは、絶対にできません。なんであんなことができていたのか、不思議なくらいです。

コーチングビジネスで稼ぎ続ける方が居心地が良いわけです。

しかし、稼げないコーチなら、会社員の方が居心地が良いという人が多いと思います。そうでなければ、会社員を続けることはできないからです。

本気でコンフォートゾーンが変わっていたら、1日でも働くことはできません。文句は言いつつも、「稼げなくてもいい」と無意識で思っているということです。

それが「稼げないと困る」と本当に思えたら、稼げるようになります。

借金で首が回らないとか、切羽詰まってこれしかないという人は、必死でやるので、稼げるようになりやすいのです。

そうでなくても、どうしても達成したいことや、手に入れたいもの、やりたいことがあれば、脳はそこに向かって動き出します。

成功している自分の生活や姿、していることなどをイメージしてください。

その世界が魅力的なら、脳の目標はそこにセットされます。

それは物欲でも構いません。バッグが買いたいなら、バッグでいいでしょう。別に「くだらない」ものでもいいのです。

ゲームばっかりしていたいとか、遊び倒したいとか、なんでもいいので、本当に欲しいものをセットしてください。

いまいちピンとこないとしたら、ピンとこないものを選んでいるからです。なのでピンとくるものでコンフォートゾーンを作ってください。

これは焦らなくていいので、じっくりと作ることが大切です。

お金のコンフォートゾーンを作る

次にお金のコンフォートゾーンを作ってください。まずやりたいことから、いくらお金がかかり、いくら稼いだらいいのか考えましょう。

月100万円と設定したら、100万円をどのように使うのか、しっかりと計画してください。

生活費がいくら、経費や投資がいくら、好きなことに使うお金はいくらなど、借金があるなら月いくら返すか、などを明確にしておきます。これがはっきり決まらないと、まだ「なんとなくお金が欲しい」というレベルです。

月100万円稼ぎたい、という人は多いですが、何に使うかまで決めている人はあまりいません。それだと、脳は「稼がなくてもいいか」「今のままで動きたくない」と考えます。

なので月100万円なら、その生活がはっきりとわかって、ワクワクするくらいにしましょう。また一度作るだけではなくて、繰り返し見直したり作り直したりしてください。

なぜ見直すのかというと、気持ちが変わったり、要らないものが入っていることもあるからです。また、より効果のあるコンフォーゾーンに改善していくことができます。

ビジネスをするのは、簡単ではありません。なので難しいことや大変なことも出てきます。その時、そこまで稼ぎたくない、と思うのなら、成功はできません。

そのため、コンフォートゾーンも、脳が「是非達成したいです」と思うものである必要があります。何度も自問自答して、より良いものにして行ってください。

たいていの人は、そこまではしていません。なので割とふわっとしています。

旅行に行きたい
好きなことをしたい
スキルアップをしたい

と、なんとなく考えている人が多いのです。これでは、それがやりたいことなのかどうかもわかりません。

具体的に、どこに行くのか、好きなこととは何か、どのスキルがなぜ必要か、とならないといけないのです。これがコンフォートゾーンを設定するということです。

もちろん、絶対正しいくないといけないわけではないのです。変わっても構いません。要は、脳が本気にするかどうかが大事なことです。

会社員の人なら、会社員の生活をありありと詳細にイメージできますよね。そのくらい未来の姿を詳細にイメージできたら、コンフォートゾーンは変わり、現実も変わっていきます。

そして実際に稼げるようになった時にそれが完成するのです。

コンフォートゾーンを作るということはとても大事なことです。なので、時間をかけて何度でも見直してくださいね。

特に、ビジネスをする上で、お金のコンフォートゾーンを明確にしておくことが重要です。今回の内容をしっかりと理解して、コンフォートゾーンを変えてください。




目標は何ですか?前のページ

行動よりマインドが大事な理由次のページ

関連記事

  1. ビジネスプラン

    稼ぐには1つずつ完成させる

    稼ぐには1つずつ完成させる今回は、稼ぐには1つずつ完成させると…

  2. ビジネスプラン

    売れるポジショニングの仕方

    売れるポジショニングの仕方ポジショニングは、コーチとして稼げる…

  3. ビジネスプラン

    短時間で稼ぐにはどうするか

    短時間で稼ぐにはどうするか労働者思考を捨てる短時間で稼…

  4. ビジネスプラン

    数字に強くなるには数字を明確にする

    数字に強くなるには数字を明確にする数字に強くなることで、ビジ…

  5. ビジネスプラン

    単価を高くできない理由

    単価を高くできない理由コーチングビジネスでは、安い単価で売って…

  6. ビジネスプラン

    売れる商品作りのマインドセット

    売れる商品作りのマインドセット今回は、商品作りの正しい考え方に…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    コーチが稼ぎ方を学んだ方が良い理由
  2. ビジネスマインド

    外側から付け足すほど本質から遠ざかる
  3. お金

    なぜ稼げるようになりたいんですか?
  4. コーチング

    「努力なし」で夢が叶う!「コンフォートゾーン」の恐るべき力
  5. マインド

    夢の実現を遠ざける、「生命力が下がる6つの行為」
PAGE TOP