コーチング

コーチとしての能力を最速で身につける方法



コーチとしての能力を最速で身につける方法

コーチとしての能力を上げるためにはどうしたらいいでしょうか。最速でコーチング能力を上げるための方法について解説します。

すでにコーチをしている方から、これから始めたい初心者まで適用できるので、ぜひ参考にしてください。

まずクライアントを取る

コーチング力を最速で上げるには、まずクライアントを取ることから始めてください。コーチとしての能力アップは、クライアントありきで進めます。

本当に初心者で何も知らない場合は、少し知識を入れてからの方がいいですが、この記事を読んでいる人は、ある程度コーチングに詳しかったり資格を持っていると思います。

そのため、クライアントを獲得することを最優先にして行動してください。

すぐにでもクライアントをとった方がいい理由

なぜクライアント獲得を最優先にするかというと、コーチの本当の力は、実際のコーチングでしか身につかないからです。教科書どうりにやったうまくいく、というものではありません。

サッカーなら、サッカーの授業とか、サッカーの教科書をたくさん読んでも、実際にやってみないとうまくなりませんね。まずグラウンドに出ることが必要です。

コーチはスクールなどに行って、知識と技術があればうまくいく、と思っていますが、それは机上の話です。身につけたものが、全然適用できないケースにぶち当たることもあります。

コーチングスクールは、自分のところは完璧、と言いたいと思いますが、スクールで習えることはほんの一部でしかありません。

クライアントがいない状態は、グラウンドに出ていない状態です。いない人は、すぐにでもクライアントを獲得してください。また稼げていない人は、勉強より稼ぐことを優先して、クライアントを増やしていきましょう。

最初は無料、友達相手でも良い

有料でなくても、最初は無料とか、友達相手でもいいです。クライアントがいるといないとでは、同じ勉強をするにしても、効率が全く違います。

クライアントがいると、問題意識を持つことができるからです。できなければ必死になります。その状態だと、能力が最短で上がり、クリエイティブにもなるのです。

2、3人やったら有料にする

無料の場合は、2、3人ついたら、もう3、4人目からは有料にしてください。有料にすると、さらに真剣さが増すので、成長速度が上がります。

無料でいつまでもやっていると、だんだん伸びなくなっていきます。また、無料のクライアントは、そこまで真剣ではないからです。

お金を払ってでも、コーチングをしてほしい人は、真剣さや、悩みの深さが違います。ここからが、コーチとしての本番なのです。

高額コースのクライアントをつける

有料でのクライアントを経験したら、価格を上げて、高額コースを作ってください。有料と言っても、1万円とか5千円では少ないです。

最初はそれでやってもいいですが、そのくらいの値段だと、なんとなくでもこれてしまいます。無料よりはいいですが、本番はそれ以上です。

価格が上がると、本気じゃない人は来れなくなってきます。100万円とかだと、たいていの人にとっては大金なので、クライアントの方も人生をかけてきます。

もちろん、成果としても、それ相応のものを期待してくるのです。コーチの方も本気でやるプラス、自分の現状の能力を超える必要も出てきます。

30〜100万円というと、驚く人もいるかもしれません。それは、知識とか、技術が身についてから、と思う人もいるでしょう。

しかし、そういう積み上げ思考ではなくて、先に100万円と設定して、そこまで最短で行くから、能力が上がるのです。レベルが上がってから、と、無料とか、1万円でやっていたら、値段はずっと上げられません。

コーチは、クライアントには高いゴールを持とうとか、ワクワクすることにチャレンジしましょう、と教えるとおもいます。クライアントには、自分の能力の限界以上を求めるわけです。

それなら、コーチも自分の能力の限界を超えなければいけません。価格は、そのための一つの基準になります。自分の能力を超えている、と思う価格を設定しましょう。

そうすることで、相応の能力がついていきます。

この時、100万円にするために勉強しよう、と思わないでください。勉強とかスキルを上げるのは、壁にぶち当たった時です。

やってみるまでは、何が必要なのか、何が問題なのかはわかりません。先に能力をつけようとしても、的はずれになります。

それに、コーチングは技術だけでやるものではありません。技術は道具にすぎないのです。どうやったら解決できるのか、自分で仮説を立てるようにしてください。

そこで、この技術とか、知識があればいける、と思ったら、最短でそれを身につけましょう。

メンターやコーチにつく

コーチとしての能力を上げるには、メンターや、コーチに自分がついた方がいいです。自分よりも経験が長い人であれば、いろんなケースとか、対応方法を知っています。

もし、自分で解決できないことがあったら、それをそのまま相談してみるのです。アドバイザーに解決方法を教えてもらいましょう。

これは、恥ずかしいことではありません。スポーツの世界でも、トッププロであっても、監督、コーチ、トレーナーなどがついています。

自分ではわからないことが多いので、専門家に見てもらっているわけです。コーチングは、一回受けたらもう卒業という変な風習があるところもありますが、それは間違っています。

本当は、結果を出したい、成長したい人ほど、コーチやメンターが必要なのです。こうすることで、自分の能力の限界を超えることができます。

もちろん、仲間のコーチに相談してもいいでしょう。しかし、稼げない人同士で相談しても意味がないので、自分より経験があって、プロでやっている人に相談してください。

私自身にもメンターがいます。お金を払って教えてもらう人が何人かいますし、参考にする人や、この人ならどう考えるか、と想像する人も何人もいます。

そうすることで、自分一人の力ではできないことをしているのです。そして、そうしていると、一人でもできることが増えていきます。

テストではないので、どんどんカンニングしていいのです。そうすると、自分と、自分の先生たちの力でコーチングをすることができるので、クライアントにとってもメリットが大きいのです。

有料のクライアントは、あなたにお願いしたい、と思っているので、先生の方が上だとか思わなくていいです。先生じゃなくて、あなたにお願いされているのです。

同じようなことをしても、相性とか、好み、タイミングがあります。その時点でベストな選択をされているのですから、責任もってコーチングをしてください。

できないこと、わからないことは、教えてもらって、実践して、覚える。そうして一つずつ身につけていきます。そのうち、当たり前にできるようになります。

メンターやコーチをお願いして、アドバイザーになってもらうことで、最速で成長できるのです。

限界以上のことをして最速で成長しよう

今回は最速でコーチとしての能力を上げる方法についてお話してきました。大事なのは、自分の能力の限界を超えたところで、実践しながら覚えていくということです。

そのために、クライアントをどんどん獲得して、料金も上げて行ってください。そして、自分自身もメンターやコーチについて、わからないところはフォローしてもらいましょう。

そうすることで、今の自分では到底できないことでも、最短でできるようになります。




関連記事

  1. コーチング

    「抽象度」が上がる「縁起」の見方

    抽象度を上げるためにはどうしたらいいでしょうか?一つの方法…

  2. コーチング

    エフィカシーを上げるには「○○」をしよう

    エフィカシー(ゴール達成能力の自己評価)を上げるには、コン…

  3. コーチング

    ゴール達成するためには、「行動すること」をやめなさい

    「目標を達成するために行動しよう!」「すぐに行動に移そう!…

  4. コーチング

    自己成長厨に注意!!

    自己成長厨にならないように注意しましょう。自己成長厨とは、「自…

  5. コーチング

    ゴール達成法を見つけるセルフコーチングのやり方

    ゴールを設定したんだけれども、あるいは目標を決めたんだけどもなかなか新…

  6. コーチング

    want-toゴールを邪魔する「洗脳」

    多くの人が、want-toのゴールを遠ざけて、have-toの…

  1. コーチング

    コーチングを学ぶ手順〜初心者からプロまで〜コーチ歴6年が教える
  2. コーチング

    セルフコーチングで自分で人生変える7つの方法
  3. ビジネス

    シルバーウィークと資本主義の奴隷
  4. コーチング

    want-toが多すぎて困っている人へ
  5. コーチング

    お手軽に「成功体験を量産」して、「自信をつける」方法
PAGE TOP