コーチング

現状を抜け出して成功する方法



現状を抜け出して成功する方法

目標やゴールを設定しても、1年で大きく変わり、成功できる人と、1年でほとんど変われない人がいます。

どうしたら、1年で大きく成長したり、成功できるようになるでしょうか。

そのためには、「現状を考えない」ことが大切です。

小さな目標がうまくいかない理由

目標やゴールを決める時に、よくある間違いが、「現状から考える」ことです。

今○○なので、このくらいの目標にしておこう、という感じで、ゴールを作ってしまいます。そうすると、目標が小さくなります。

小さい目標は、達成しやすいように思いますが、実は多くの人が達成できません。ほんのすこし体重を減らすとか、収入を増やすとか、そういうこともできないのです。

たいていの人が、現状から考えた、小さい目標の方がうまくいくと考えています。心理学とか、よくあるコーチングなどで、小さな目標がオススメされていることも多いです。

小さな目標がうまく機能するなら、ほとんどの人がうまくいくのですが、実態は、小さな目標をかなえられる人は少数なのです。

結局1年経っても、体重も1kgも減らない、ビジネスも始められない、収入が増えない、人間関係も変わらない、となります。

なぜそうなるか、というと、現状の中の目標は、脳にとっては現状の延長、コンフォートゾーンにあります。そのため、変わろうという気持ちが起きないからです。

なので、小さな目標と、セットでモチベーション維持法などが教えられます。

モチベーションが湧かないので、モチベーションを無理に高めないといけないわけです。

・モチベーションを高める工夫をする
・筋トレをしてモチベーションを高める
・周りの人に宣言して強制力を使う

こうしたことがよく言われています。

その理由は、先ほどお伝えしました。簡単に言うと、やる気が起きないからです。

もちろん、これらは有効なやり方でしょう。しかし、それは、本当に自分が望むことなのかは、考えた方がいいです。

そうした目標にとらわれることで、ずっと「モチベーションアップ」をしないといけなくなります。あなたは、そういうことをしたいでしょうか。

モチベーションがないのは、やる必要を脳が感じていないからです。なぜ脳がそう思っているのか、自分自身によく聞いてみた方がいいですね。

現状の欠点探しをしない

現状から考えて目標を作る時、「現状の欠点を埋める」という視点になる傾向があります。

コンフォートゾーンの中を見渡してみて、その中で、あれが足りない、あれがあったらな、と考えるわけです。言い方を変えると、劣等感とか、欠乏感から、目標を作ります。

・スキルが足りないので、成功していない
・勉強や知識量が足りず、成功できない
・痩せてないので、モテない
・筋肉があったら、うまくいくのに

などなど、いろんな欠点が見つかるわけです。

しかし、欠点を埋めることに、やる気が出るわけではありません。なので、頑張ってやろうとして、頑張りが続かずに達成できなくなる人が多いのです。

やる気が出る場合もあるのですが、それは、「どうしてもやらないと、非常にまずいことが起きる場合」です。

例えば、ダイエットでも、「体重を減らさないと、半年で死にますよ」と医者に言われると、ほぼ確実に痩せることができます。

あるいは、「筋肉をつけないと、死にますよ」という状況だと、自然と筋肉がつきます。

しかし、現状を見渡して、ここがあったらな、という程度だと、危機感も、やる気もないので、達成しにくいということです。

また、現状の欠点を埋めることで、幸せになるとか、良いことがある、と思う人も多いですが、現状の欠点は、埋めてもコンフォートゾーンの中です。

起業して、成功しよう、と思う人が、本とかビジネススキルとかを学んでも成功しないですが、それは、コンフォートゾーンの欠点が、答えではないからです。

答えは、コンフォートゾーンの外にあるので、見えていません。そのため、セミナージプシーや、ノウハウコレクターが出来上がります。

知識はたくさんあっても、結局稼げなかったりするのです。

現状は一切考えない

では、どうしたら良いか、というと、現状を一切考えないことです。

現状の欠点とか、現状から行けそうな小さな目標とか、現状に縛られた目標、ゴール設定はやめましょう。

現状を無視して、何がやりたいか、考えてください。

・お金がない
・時間がない
・スキルがない
・人脈がない

などの、様々な状況は無視しましょう。自分に制限がないものとして、自由に発想してください。

そうすると、本当は何がしたいか、見えてきます。もし見えてこない人は、自分を制限する癖あるかもしれません。

・現実的になりなさい
・分をわきまえなさい
・頑張らないと幸せになれない
・やりたいことをやるのは罪悪だ
・お金をもらうのは悪いこと
・親にとって良い子になる

このような、様々な制限がかかっている人は多いです。そうすると、その制限ルールの枠内で、発想するようになってしまいます。

真面目な人ほど、そうした制限を自分にかけている場合があります。制限を一旦はずして、シンプルにやりたいことや、楽しいことを考えてみてください。

その時、できるかできないかは、考えないようにしましょう。

できるかできないかを考えて、できることだけ目標にしようとすると、現状に引っ張られてしまい、コンフォートゾーンが変わりません。

できないことの方がむしろ、目標としてはいいのです。なぜなら、できないと思うことなら、あなたのコンフォートゾーンに答えがないからです。

なので、その目標を達成する場合は、自分が変わる必要ができてきます。そうすると、脳はクリエイティブになって、今まで見えなかった達成方法に気づくようになるのです。

現状は否定せずに感謝する

ただし、現状に対して、否定から入るのではありません。今のコンフォートゾーンは、あなたが自ら作り上げたものだからです。

現状を否定することで、自己否定になり、「なんでこんなこともできないんだ」「自分はダメだ」というネガティブな考え方になる可能性があります。

また、親が悪い、社会が悪い、マスコミが悪い、など人のせいにしてしまう人もいます。今の状況は、誰かが作ったものだ、と自己責任を放棄してしまうのです。

そうすると、自己正当化が起きて、実はますます変われなくなります。

コーチングでは、中には、自己否定や現状否定をすすめる人もいますが、現状を選んでいるのにも理由があるので、否定するものではないのです。

・現状は自分が作り出した
・現状は自分を守る存在だった

このことを理解して受け入れましょう。

そして、欠点探しではなく、「感謝」して「卒業」するという意識を持つのです。

現状は、最高の状態です。というのは、あなたが、良くなろうとしてした選択の、最先端の結果だからです。

あなたが、ビジネスで成功して、豊かなコーチになったら、現在は、「必要だった」と思うでしょう。それは、理想の未来から見たら、すべて必要なプロセスになります。

その上で、感謝して卒業し、過去の延長線上にはない未来を想像してください。そうすれば、あなたの目は自然とゴールに向くようになります。

・過去から現在までの延長で考える
・コンフォートゾーンの欠点探し
・現状否定や自己責任の放棄

これらをやめて未来にフォーカスしてみてください。

ちなみに自己責任とは、巷で言われる自己責任論とは違います。「自分が状況を作っている」「自分の選択が未来を作る」という意味です。

なので、人に頼るのは甘えだ、とか、人に援助されても人を援助してもいけない、という考えとは違います。自己責任がわかっている人は、人の助けを得ることも、自分の選択だ、ということがわかるのです。

労働者は、間違った自己責任論の人が多いので、人の力を使いません。成功している起業家は、自己責任を理解しているので、人の力をどんどん使うのです。

・未来から考える
・現状への感謝と卒業
・自己責任

これらのマインドを使えば、あなたも1年で大きく変われます。




新年の目標を達成させるコツ前のページ

利益を最大化する2つの必須スキル次のページ

関連記事

  1. コーチング

    コーチングとエビデンス

    コーチングとエビデンスコーチングは、科学的でしょうか。最近では…

  2. コーチング

    血が通っていない怪しいコーチング

    コーチングに関する怪しい意見最近私は、ツイッターやブログなどでコー…

  3. コーチング

    ゴールを「最短距離で達成する」ための「感情コントロール法」

    嫌な感情やネガティブな感情をコントロールする方法をお教えします。…

  4. コーチング

    セルフコーチングの問題点を克服する方法

    セルフコーチングが上手くいかない原因についてお話しします。自分…

  5. コーチング

    コーチとしての能力を最速で身につける方法

    コーチとしての能力を最速で身につける方法コーチとしての能力を上…

  6. コーチング

    ゴール達成するためには、「行動すること」をやめなさい

    「目標を達成するために行動しよう!」「すぐに行動に移そう!…

稼げるコーチ養成講座

  1. コラム

    今という瞬間の輝き
  2. 脳科学

    「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣
  3. ビジネスマインド

    売れるマインドの作り方
  4. コーチング

    現状の外側は、「なりきり」で行け!
  5. コラム

    私が高級ホテルでセッションをしない理由
PAGE TOP