コーチング

縛られることの自由



こんばんは!石切山です。

先日、彼女といっしょに緊縛師の有末剛さんの「緊縛夜話」を見に行ってきました。知らない人もいると思うので説明しておくと、緊縛は人間を縄で縛ったり吊るしたりすることです。昨日のは緊縛ショーで、ダンスと有末さんの緊縛のコラボでした。

会場には縛るのが好きな人や縛られるのが好きな人がたくさん来ていました。意外に、縛られるのが好きな女性が男性より多かったです。お客さんも何人か緊縛されましたが、恍惚として本当に楽しそうでした。

============
縛られても自由
============

自由になりたい、と思ったことはありませんか?会社をやめて自由になりたい。南の島でのんびり遊んで暮らしたいなどなど・・・・・・一切束縛なく、自分の思い通りに生きれたらと思う人も多いかもしれません。

でも、実は生きている限り、束縛を自らの意志で選ぶことこそ自由なのです。今回は本当に自由に生きるための、束縛を選ぶ方法についてお話しましょう。その方法は、コーチングでもっとも重要な「ゴール設定」です。

=============
束縛がない、はあり得ない?
=============

生きている限り、束縛がない状態はありえません。束縛とは、「従うべきルール」のことです。束縛がない、というのは会社から解放されるとか、誰からも指図を受けない、など「全てからの解放される」という意味です。

束縛から解放されるというのは大事な考え方ですが、突き詰めると「死」にいたることになります。なぜなら、私たちが生きている物理世界そのものが束縛であるからです。
たとえば、一瞬で男が女になることはできないし、東京からロンドンに一瞬で行くこともできません。いくら会社から解放されようと、私たちは物理法則から解放されることはできません。

つまり、生きていること自体が束縛なのです。そして生きている限り束縛はあります。もし完全に物理法則からも逃れたいなら死ぬしかないのです。

「それは言いすぎだよ・・・・・・」

そう思うかもしれないですが、突き詰めて考えると否定できないと思います。

ではもう少し身近な例でお話してみましょう。たとえばある人が会社を退職し、会社から解放されたとします。でも彼は完全に束縛がない状態にいるわけではありません。会社を退職して自営業者になったとしたら、自営業という束縛を選んだに過ぎません。また、ニートになったとしても、ニートという束縛を選んだことになるのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    誰でもできるコーチングの基本スキル

    誰でもできるコーチングの基本スキルコーチングのスキルに、「聞く…

  2. コーチング

    「当たり前思考」でゴールがどんどん近づく

    ゴールの世界が当たり前に思えるかどうかで、ゴールが達成できるかどうかが…

  3. コーチング

    「want-to ゴール」を見つけるコツ

    さて本日は、「want-toゴールを見つけるコツ」というお話で…

  4. コーチング

    無気力を抜け出すセルフコーチング5つの方法

    やる気がなくて、やりたいことがない。ゴールを設定したけど、気力が出ない…

  5. コーチング

    認定コーチが成功できない理由

    認定コーチが成功できない理由私は、コーチングで「認定資格」を持…

  6. コーチング

    have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法

    やりたくないことをやっていると、そこから逃げることに脳を使ってしまい、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    資格を取ったのに稼げないコーチの方へ
  2. コーチング

    スコトーマをコントロールして勉強やビジネスに使う
  3. コーチング

    コーチとして独立するにはコーチングスキルよりマインドが重要です
  4. 脳科学

    現状から抜け出す「フレームの壊し方」
  5. ビジネスマインド

    本を読んでも成功できない理由
PAGE TOP