コーチング

血が通っていないコーチング

こんにちは!石切山です。

最近私は、
ツイッターやブログなどで
コーチングなどについて
色々な考えを発信してます。

そうすると、
このコーチングは立派だとか、
いろんな批判や意見などを
もらうことがあります。

全然私が言ったことと違う主張を
一方的にされることもあるのですが
それはいいとして、

私は、そういう理論をあまり相手にしていません。

なぜかと言うと、
そこに血が通っていないからです。
そういうのは私は結構わかるのです。

要はこういうことです。

そのコーチングとか理論などが
素晴らしいことはわかったけど、
それであなたの人生が良くなったり、
幸せになったりしたのか?

あるいは、他の人の人生を良くしたのか、
と思うのです。

もしそうした事例を自ら
体験しているのなら、
そういう話が出てきても
おかしくないと思います。

もちろん、偉い人がそうした事例を
たくさん出しているかもしれませんが
それは偉い人のことを見ればわかります。

だから、問題は
意見を言ってくる人本人が、
実際に何を経験したのか、なのです。

実際に経験したり、実感したり
目撃したり、自分でちゃんと
調べたりしていない意見というのは

理論ばかりになって
そうした話が全然出てきません。

あるいは、言葉に実感がともなっていません。

そういう時私は、
言葉がスカスカになっている
と感じるので、

「これは意味がない言葉だ」

とわかります。

もちろん宗教として、
それを信仰すること自体が救いである
という側面もあるかもしれませんが、
コーチングとか心理療法とかなら、
現実にそのやり方で人がより幸せに
なったのかが重要だと私は思います。

もっとも、コーチング教などと称して
カルト化している団体も、
私は知らないですが、
もしかしたらあるかもしれませんね。

それで、意見を言ってくる人が、

「私はこの理論で幸せになった」
「私はこの理論で人を幸せにしている」

と言うなら私も聞く気になります。

しかし、論理的に考えてどうこうと
あれこれ言われても何も聞く気に
ならないのです。

そうやって本に書いてあるのだろうな
としか思いません。

言葉の世界では、
いくらでも立派な理論を作れて、
現実からどんどん離れてしまうことも
できます。

その結果、コーチングをすると、
マインドの変化はいつになるかは
わからない、というような嘘みたいな
話も出てきてしまうのだと思います。

死んだ後に霊体に効果が出るのかもしれません。

私も無意識書き換えとか、
言葉で言ってるだけでなくて、
ちゃんと効果が確認できるから
そういう風に言えるのです。

それを

「非言語で書き換えます」

といって、
いつ効果が出るかわかりません、
先生に言われたので料金は
最低100万円以上です、
というのがあったらおかしいと思います。

最低でも、意見を言う人は、
自分がこの目で見たと言って欲しいです。

こういうことをしないと、
嘘情報が世の中にあふれてしまいます。

私がフュージョンコーチング
という名前でコーチングをしているのも
高次元の変化も、物理的なレベルで
現れるということを大事にしているからです。

生身の人間にすることなので、
血が通っていないといけないと思います。

関連記事

  1. コーチング

    want-toゴールを邪魔する「洗脳」

    こんばんは!石切山です。多くの人が、want-toのゴール…

  2. コーチング

    一年の反省は必要ない

    こんにちは、石切山です。今日は大晦日ですね。大晦日になると今年…

  3. コーチング

    誤解されている「ゴールと感情の関係」とは

    感情をゴールにしてはいけません。感情はゴールを達成するための道具として…

  4. コーチング

    「私らしくない!」の使い方・・・

    コンビニのネットプリントに、印刷したい楽譜をアップし、印刷した…

  5. コーチング

    「ゴールのリアリティ」が「爆発」する瞬間

    今ニューヨークの「ハーレム」という、いわゆる「黒人街」に滞在してい…

  6. コーチング

    理想の未来のイメージを作るインプット法

    こんにちは!石切山です。こないだ、私の友人から、私のメルマ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

  1. ビジネス

    「我慢料」をもらうことをやめれば未来が明るくなる
  2. コラム

    2013年と、2018年の、苫米地英人氏及び事務局による、苫米地式コーチの認定に…
  3. 未分類

    「ゴール志向」のための「サンクコスト」の捨て方
  4. コーチング

    「want-to ゴール」を見つけるコツ
  5. 未分類

    緊張は悪者なのか?意外と気付かない緊張の役割
PAGE TOP