コーチング

コーチングで時代遅れになった用語



コーチングでは様々な用語が使われます。そうした用語を使うことで、便利になるのですが、時代によってコーチング用語も意味をなさなくなることもあります。

用語を覚えたら終わり、ではなくて、その意味を深く理解し、使えなくなったり時代遅れになったものはなくしたり、更新していく必要があるのです。

コーチをはじめ、コーチングを学んでいる方々も、コーチングの用語を盲目的に使うだけではなく、意味を考えながら、有効に使いましょう。

意味がなくなったコーチングの用語

コーチング界隈で、よく「ノットノーマルになりましょう」というようなことがいわれています。これは、昔ルータイスというコーチングの元祖という方が言っていたことのようです。

ルータイスの時代には、ノットノーマルという言葉は意味のある言葉だったと思います。その時代には、優れた考え方だったのでしょう。

しかし、今はもう必要のない言葉になりました。いまだにノットノーマルというような人がもしいたら、正直なところ時代遅れになります。

簡単に言えば、ノーマルと、ノットノーマルという対立が意味を持ったのは、ノーマルというものが信じられていたからです。

確かにいまだに、普通とかノーマルといった考え方が日本では信じられています。ただ、世界を見れば、普通なんてものがなく、同じ国の中でも、人種も民族も文化も宗教も違うという感じです。

ノットノーマルに対する、ノーマルというものがないのですから、ノットノーマルという言葉は、もう意味をなさなくなっています。

時代によってコーチングの用語も変わる

近代的な、大量生産大量消費の時代においては、ノーマルのような画一的な基準を想定することができました。例えば、学校に入って、会社に入るのがノーマル、みたいな図式を考えることができたのです。みんなが同じようなライフスタイルで、同じテレビを見て、同じ消費をするという幻想です。

その中では、長髪で革パンを履いたら「不良」で、「ノットノーマルだ!」という二項対立を考えることができました。「お勉強もできて、ロックンロール」みたいな、単純な、対立図式で考えることができた、牧歌的な時代です。

もっとも、こうした対立の中で生きている人たちというのは、大きな枠組みで見れば、同じ世界に生きていると言えます。なぜなら、ノーマルがなければ、ノットノーマルは存在しないからで、これらは、2つで一つの世界を作っているからです。

それゆえに、ノットノーマルという人に限って、ルイヴィトンを買い漁るというようなバブル的なトレンディーな現象が起きてしまいます。結局は、近代的な、画一的な価値観の中に生きているので、そうなるのです。これは意外なようでいて、当然の成り行きと言えます。

コーチングも二項対立では考えられない

現代では、そうした二項対立がなくなってしまったのです。価値観も、働き方も多様になり、同一の基準で比較することができなくなりました。ノーマルがなくなった時代で、ノットノーマルと叫んでも、虚しく響くだけなのです。

ノットノーマルという言葉がなぜ今更、新しい概念のようにして出てきたのかは大変疑問ですが、これは、局地的な、一過性のブームで終わります。もう、テレビを見ない若い世代には、認識すらできない概念になるでしょう。いわゆる「死語」です。

意味があるとしたら、テレビが力を持っていた、古い時代の価値観にいまだに洗脳されている人たちに対してです。そうした人たちに対しては、ノットノーマルと言うことで、画一的な価値観から抜け出すことができるかもしれません。

しかし、どのみち視点を上げて、対立図式から脱しない限りは、より大きな枠組みが変わるわけではないのです。




SMARTは間違っている?有効な目標設定の仕方前のページ

催眠術で潜在意識を変える効果と具体的方法次のページ

関連記事

  1. コーチング

    「完璧なゴール」では、成長しない?

    ゴール設定ができなくて、行動できなくなっていませんか?「こ…

  2. コーチング

    「セルフトークを改善」する一言とは?

    ネガティヴな状況やセルフトークが出てきたときどうしたらいいでし…

  3. コーチング

    「努力なし」で夢が叶う!「コンフォートゾーン」の恐るべき力

    人間の脳にはコンフォートゾーンがあって、私たちはコンフォートゾーンから…

  4. コーチング

    「私らしくない!」の使い方・・・

    コンビニのネットプリントに、印刷したい楽譜をアップし、印刷した…

  5. コーチング

    コーチとしての能力を最速で身につける方法

    コーチとしての能力を最速で身につける方法コーチとしての能力を上…

  6. コーチング

    「現地に行く」とゴールの臨場感が一気に上がる

    やりたいことがあるなら、「現地に行く」と、臨場感がガーンと上がり、大量…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスプラン

    コーチングビジネスにもリスクがある
  2. コラム

    私がヒゲを伸ばしている理由
  3. マーケティング

    コーチが副業で成功するには
  4. 未分類

    正しいことの反対のことをする
  5. コーチング

    裁判所で抽象度を上げる
PAGE TOP