コーチング

コーチングにおける抽象度を巡る誤解



ゴール設定をする時に、「抽象度」という考え方が重要ですがこれはよく誤解される言葉です。抽象度について正しく理解することでよりあなたにとって良いゴール設定ができるようになります。

抽象度とは何か

抽象度とは「情報的な視点の高さ」のことを言います。例えば、「ヒト」という概念の抽象度を上げると、「サル」になります。「サル」から抽象度を上げると「哺乳類」となります。このように、情報には階層があって、それがどのくらいの高さなのかを「抽象度」という言葉で表します。

抽象度を上げる

そして、コーチングの中でよく言われているのが「抽象度を上げる」ことです。ゴールを設定する時に「抽象度をあげましょう」と言われます。そうすることで、視点が高くなって現状を超えたゴールや、大きなゴールが設定しやすくなるのです。

抽象度の良くある誤解とは

では抽象度に関する良くある誤解とは何でしょうか?それは、抽象度を上げることが単純に「お金の額を大きくする」「範囲を広くする」「人数を多くする」ということと同じだと捉えられることです。

例えば聞いた話ですが、ある人がコーチングを受けている際に収入面の話をしていました。その時にコーチに収入の桁を増やすように指導されて億単位の収入のゴールを設定したそうです。しかしそれには違和感を感じたそうです。

もちろん、それは一つのやり方として良いのですが、こればかりが抽象度を上げることではありません。しかし、「もっと多く」という感じで額を増やすことが抽象度だと考えられていることがあります。

また、個人的な問題や悩み、身近なトラブルに関することよりも社会問題とか原発問題などのような「大きな問題」の方が抽象度が高いと考えられることがあります。実はこれも誤解です。

表面的に「大きいから、広いから、多いからいい」というわけではないのです。「大所高所」に立っているから偉いみたいな考え方と一緒です。

ある高名な博士が「俺の発信する情報は、安倍総理も応援してるんだ!と思ったらエフィカシーが上がる」ということを言ったそうですが、これも同じような発想の類型と言えます。

抽象度の正しい理解とは

では、抽象度を正しく理解するためにはどうしたらいいでしょうか?そのためには基本に帰って、抽象度のそもそもの意味を考えることです。抽象度とは、情報的な視点の高さのことであって、言い方を変えれば「概念」の階層のことです。

経済学の世界では、現在は行動経済学が主流になっています。これは簡単に言うと「心理学から経済を考える」ということです。その前の経済学は心理学を無視して人間を合理的なロボットのように考えていたのです。

今は、経済というものが人間の心によって作られていて、合理的にはならないとわかっています。ではマクロ経済のように「世界経済」「国家経済」ではなく心理学になったからといって、抽象度が低いでしょうか?違いますね。「心」や「認識」というより根本的な高い視点に立ったと言えます。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    コーチングは稼げるのか?

    コーチングは稼げるのか?コーチングは稼げるのか?というテーマに…

  2. コーチング

    ゴールを「最短距離で達成する」ための「感情コントロール法」

    嫌な感情やネガティブな感情をコントロールする方法をお教えします。…

  3. コーチング

    やりたくないことを一切やめる具体的方法

    やりたくないことをやめる具体的な方法をご紹介します。僕は「wa…

  4. コーチング

    縛られることの自由

    こんばんは!石切山です。先日、彼女といっしょに緊縛師の有末剛さ…

  5. コーチング

    無気力を抜け出すセルフコーチング5つの方法

    やる気がなくて、やりたいことがない。ゴールを設定したけど、気力が出ない…

  6. コーチング

    現状を抜け出して成功する方法

    現状を抜け出して成功する方法目標やゴールを設定しても、1年で大…

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    最近、日本が注目されている?
  2. お金

    「お金がない」人は稼げません
  3. ビジネスマインド

    稼げる未来をもっと確信する
  4. コーチング

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる
  5. コーチング

    ゴールの臨場感を高める「意外な感覚」とは?
PAGE TOP