ゴール設定

ゴール設定で失敗する設定法とマインドセット



ゴール設定で避けるべき設定法とマインドセット

ゴール設定には正しい方法とマインドセットがあります。その方法を外してしまうと、ゴール設定に失敗してしまいやすくなります。モチベーションがわかない、現状から抜け出せない、などの結果は、正しいゴールを設定できていないことから来るのです。

やりたくないこと

ゴール設定では、やりたいことをゴールにします。やりたいことがゴールになっていないと、そこに行きたいという気持ちが出てきません。そうすると、必ず「モチベーションが上がらない」という問題が出てきます。

モチベーションは、上げるための工夫をしても、それがやりたいことじゃないと上がりません。やりたいことじゃない目標になっている場合は、一度見直した方が良いでしょう。

やりたいことだと、どうしたら達成できるか、と自然に考えることができます。やりたくないことだと、クリエイティブアボイダンスと言って、クリエイティブにそこから逃げようとします。

サラリーマンで会社に行きたくない人は、いろんな言い訳を考えて会社を休みます。会社が嫌な人は、会社に行ける理由を一生懸命考えるということにはなりません。

やりたいことをゴールにしておかないと、ゴール達成しないだけでなく、クリエイティブアボイダンスで、逃げ続けるということが起こります。無理にやろうとすると非常にストレスになります。

脳の創造性を無駄に使ってしまうので、本当はやりたいことがあっても、それに使うエネルギーまで奪われてしまうでしょう。会社が嫌いな人が、無理にモチベーションを上げようと思うと、体も人生も壊してしまいます。

そういうことにならないように、やりたいこと、want-toなゴールを作りましょう。

現状の内側

ゴールは現状の外側に設定します。現状の外側というのは、過去から現在までの延長線上にない未来のことです。言い方を変えると、達成方法すら分からないゴールのことを言います。

反対に、現状の内側というのは、過去から現在までの延長線上のゴールのことです。過去にもうやったことがあったり、達成方法がもうわかっているような目標のことを言います。

また、自分を大きく変えなくても、達成できるものです。例えば、平社員が社長になるというのは、難しいことではあるけど、可能性はゼロではありません。構造的には、可能です。

構造的に今のままで達成できるものは、現状の内側になります。平社員が、会社を辞めてアフリカ支援に行く、というのなら、いくら会社でうまくいっても達成しないので現状の外側になります。

現状の内側を目指していると、現状の中でうまくいくだけなので、同じ現実が続くだけになってしまいます。また、今の延長線なので、それほどエネルギーが出てこない、ということになります。

現状の内側は、目標が小さすぎるときにも入ってしまいます。目標が小さいということは、ほぼ確実に達成できるということです。TOEICの点数を50点伸ばそう、という感じで、勉強を続ければできるようなものです。

また、過去に引っ張られた目標というのも、現状の中に入ってしまいがちです。過去にこういうことがあったから、今までこうしてきたから、と、過去基準で考えてしまうと、どうしても過去の延長線上に入ってしまいます。

自分の作ったゴールが、現状の外側なのか、内側なのか、をどう判断したらいいでしょうか。それには、今の自分の知っている枠内のことを、やり続けたり、それがすごくうまくいったら、達成できてしまうものなのか、考えてみましょう。

すごくうまくいって達成できるのは現状の内側です。なぜなら、そのゴールはただ難しいだけで、達成の可能性があるからです。

抽象度が低い

抽象度が低いゴールもうまくいきません。抽象度の低いゴールは、現状の内側に入ってしまいます。また、抽象度が低いと、自分勝手なものになったりして、幸せになることはできません。

例えば、結婚したい、というゴールを作っている人がいます。結婚したい、というのはいいのですが、その内容が、自分が楽をしたいとか、周りが結婚しているからということだけで考えているのは抽象度が低いです。

こういうのは、自分のことしか考えていなくて、結婚する相手のことを考えていません。相手に嫌なことがあったら、すぐに離婚して、また自分に都合のいい人を探すようになるでしょう。

抽象度は、情報的な視点の高さのことです。例えば、椅子は視点を上げると、家具です。家具は、視点を上げると工業製品です。このように、情報には高さがあり、どれくらいの高さか、というのを抽象度と言います。

抽象度を上げないと、自分という枠の外に出ることができません。例えば、会社で働いているなら、会社の中だけで考えるのは抽象度が変わりません。会社から視点をあげて、業界とか、社会というふうに抽象度を上げないと、ビジネスもうまくいかないでしょう。

会社の中の都合だけで考えていると、お客さんのことをないがしろにしたり、社会的に評判が落ちるようなことをしてしまったりします。そうすると、味方が減ってしまい、ビジネスがうまくいかなくなります。

最近だと、労働者をこき使うようなブラック企業は、ネットで発表されてしまいます。そうしたことに気づかないで、儲かるからといって、ぎゅうぎゅう絞っていたら、そのうち、採用もうまくいかなくなるでしょう。また、不買運動などが起こって売り上げが減ってしまします。

抽象度に関しては、とにかく数字が大きいとか、範囲が広いということと勘違いされがちです。例えば、100人に役立つより、1000人の方がいい、という感じです。こういう考え方で、抽象度を上げることもできますが、不十分です。




ページ:

1

2

関連記事

  1. ゴール設定

    新月のゴール設定

    今日は新月のゴール設定についてお話します。あなたはゴール設定や…

  2. ゴール設定

    ゴールを現実と結びつけてはいけない理由

    ゴールを現実と結びつけてはいけない理由ゴールから逆算して、現実…

  3. ゴール設定

    新年の目標を達成させるコツ

    新年の目標を達成させるコツ新年になると、1年の目標を立てる人が…

  4. ゴール設定

    ゴールとコンフォートゾーンの関係

    ゴールとコンフォートゾーンの関係今回は、ゴールとコンフォートゾ…

  5. ゴール設定

    ゴール設定は「3つの必須ルール」で大きな効果が出る

    ゴール設定をして人生を変えたい、ゴールはあるけど現実が変わっていかない…

  6. ゴール設定

    ゴールから引っ張られてゴール達成する

    ゴールから引っ張られてゴール達成するゴール達成するために必要な…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    やれることで欲しい人を探す
  2. ビジネスマインド

    成功することを自分に許可する
  3. お金

    お金の基本マインドセット
  4. コーチング

    誰も知らない?「引き寄せの法則」はコーチングで起こせる
  5. 脳科学

    トラウマを解消して未来に集中するには
PAGE TOP