ゴール設定

ゴール設定は「3つの必須ルール」で大きな効果が出る



ゴール設定をして人生を変えたい、ゴールはあるけど現実が変わっていかない、コーチングの理論がよくわからない、本当に正しくゴールが設定できているのか知りたい。

こんな疑問にお答えします。

ゴール設定の3つのポイント

ゴールには正しく設定するための3つのルールがあります。ざっくりとしたイメージとしては、子供が見る大きな夢のようなものです。正しいルールに沿って設定すると、高い効果を発揮することができます。

ゴール設定のポイントは、以下の3つです。

⒈やりたいこと
⒉現状の外側
⒊抽象度が高い

ゴールはやりたいことで設定

ゴールは、どうしてもやりたいことで設定しましょう。なぜなら、自然とやる気が出て、高いエネルギーで前に進むことができるからです。

子供は夢中になって、おままごとや、サッカー、ゲームなどをやっています。そのとき、努力しているとは思っていません。むしろ、「やめなさい!」と言われたら、泣いたり、必死で抵抗するでしょう。こういうのが「やりたいこと」です。

反対にやりたくないことをやると、モチベーションが下がって、どんどんエネルギーが落ちていきます。やりたくないことを目標にしていると、そこから逃げることに、脳が創造性を使ってしまうのです。これを「クリエイティブアボイダンス」と言います。

やりたいことを英語でwant-to、やりたくないことをhave-toと言います。want-toとhave-toの関係や、have-toをなくす方法を書いたのでぜひご覧ください!

ゴールは現状の外側に設定する

  
ゴールは現状の外側=今の自分のままでは達成不可能な地点に設定します。なぜかというと、そのほうが、エネルギーや創造性が高まって、現実が大きく変わるからです。

ゴール設定は輪ゴムに例えられます。輪ゴムは引っ張られるほど強い力を発揮します。同じように、ゴールと今の現実のギャップが大きければ大きいほど、ゴールに向かうエネルギーも強くなるのです。

現状の内側とは

まずは、現状の外側を理解するために、反対の、現状の内側について知りましょう。

現状の内側=今の自分のままで達成できる未来

です。例えば、TOEICを勉強している人が満点を取るのは現状の内側です。難しいけれど、勉強している限り満点を取る可能性はあります。すごくうまくいったり、必死に頑張ったりすればいいかもしれません。

内側にゴールを設定すると、現状がさらに固定化してしまいます。これは理想的な現状であって、自分を大きく変えるものではないからです。ますます現状に縛り付けられる結果になります。

現状の外側とは

現状の外側のポイントは以下の2つです。

⒈達成方法がわからない
⒉今のままでは構造的に達成できない




ページ:

1

2

関連記事

  1. ゴール設定

    新年の目標を達成させるコツ

    新年の目標を達成させるコツ新年になると、1年の目標を立てる人が…

  2. ゴール設定

    新月のゴール設定

    今日は新月のゴール設定についてお話します。あなたはゴール設定や…

  3. ゴール設定

    ゴールを現実と結びつけてはいけない理由

    ゴールを現実と結びつけてはいけない理由ゴールから逆算して、現実…

  4. ゴール設定

    ゴールは逆算して考える

    ゴールは逆算して考えるあなたは、ゴールから逆算して考えています…

  5. ゴール設定

    ゴールを直接達成するステップ

    ゴールを直接達成するステップゴールを直接達成するステッ…

  6. ゴール設定

    ゴールから引っ張られてゴール達成する

    ゴールから引っ張られてゴール達成するゴール達成するために必要な…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    ZOOMコーチングが伸びます
  2. 脳科学

    「過去志向」を消去し、「ゴールに集中する」方法
  3. ビジネスプラン

    売れる仕組みとビジネスプランの作り方
  4. マーケティング

    単価を上げるのはなぜか
  5. ビジネスプラン

    自己投資を回収できないコーチ
PAGE TOP