コーチング

have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法



やりたくないことをやっていると、そこから逃げることに脳を使ってしまい、モチベーションも低くなります。そのため、いかにやりたくないことをやめて、やりたいことだけやるかが、コーチングでは重要になります。

今回は、やりたくないけどやらねばならないこと(have-to)をやりたいこと(want-to)に変換する方法をお伝えします。少しずつでもhave-toを減らして、want-toを増やしていけば、より前向きに、高いモチベーションを得ることができるようになります。

have-toとwant-toとは

have-toは「やらねばならないこと」です。例えば、学校に行きたくないけど、お母さんが行けというから仕方なく行く子供は、学校に行くことがhave-toになっています。大人でも、仕事に行きたくないけど、行かないといけないから出勤すると思う時、会社に行くのがhave-toです。

反対にwant-toは「やりたいこと」です。学校には行きたくないけど、家でゲームはいくらでもやりたい、という時、ゲームをやることがwant-toです。また、仕事には行きたくないけど、映画は見に行きたいのなら、映画を見ることはwant-toです。

have-toのデメリットとは

have-toには、どんなデメリットがあるでしょうか。

have-toから逃げるために脳が働く

まず、脳はhave-toから逃げようとします。このことをクリエイティブアボイダンス(創造的回避)と言います。学校に行きたくない子供であれば、「今日は熱がある」と熱がないのに言い張るかもしれません。こんな風に、言い訳や逃げることの方にクリエイティブになってしまうのです。

脳はすごい能力を持っているのですが、逃げることや言い訳ばかりに頭を使っていては、能力を発揮できません。本当は、ゴールや、もっと生産的なことのために能力を使いたいところです。脳の大事なエネルギーを、無駄遣いしてしまうので、have-toはない方がいいのです。

クリエイティブアボイダンスの詳しい解説と、回避方法についてブログで詳しく解説しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

健康に悪い

have-toなことをやるとストレスになり、心身ともに健康が損なわれていきます。旭労災病院の研究によると、月曜日は心臓への負担が他の曜日よりも高くなります。これは会社勤めしている人が、休みを終えて仕事に行くのがストレスになるからだと考えられています。

また、鉄道自殺が一番多いのが、月曜日です。しかも月曜日は午前8時〜10時の件数が最も多いというデータがあります。もちろん、原因は様々でしょうが、ストレスが関係しているのではないかと考えられます。

ストレスは、コルチゾールという、身体機能や脳機能を低下させるホルモンを分泌を増やします。コルチゾールは、ストレスがなくなれば元に戻りますが、ずっとストレスにさらされていると、高いままになります。脳を萎縮させ、健康に悪い影響をもたらします。コルチゾールは認知症の原因と考えられていますが、若い世代であってもダメージがあります。

want-toができない

そして、have-toなことをやっている時間は、want-toなことができません。1日やりたくない仕事を10時間やったら、その分だけ自分がやりたいことをする時間が減ってしまうのです。

休日にやりたいことをするために、平日はhave-toをする、というのでは、週に1日2日しかwant-toなことができません。

またhave-toなことをやった疲れから、休日は何もできない人もいるでしょう。そうしたら、ほとんどhave-toのために生きているような感じになります。

このように、

・脳のエネルギーを無駄遣いする
・心身の健康に悪い
・want-toなことができなくなる

というデメリットがhave-toにはあるのです。

have-toから抜け出せない理由

「仕事に行くのはやだ。」
「めんどくさいことはいやだ。」
「お金に困るのはいやだ。」

などなど。「嫌なことばっかりで、嫌になる」と思っている人もいることでしょう笑。しかし、やりたくない、やりたくないと思っていると、脳はやりたくないことを実現してしまいます。

have-toにフォーカスすると、結局それが現実になってしまいます。歩いていて前から人が来たときに、「危ない」と思いながらもぶつかってしまったことはありませんか?お互いに避けたいはずなのに、なぜかぶつかってしまうのは、相手の動きにフォーカスしているからです。相手が避けた方向を見ていると、脳は自然と同じ方向に向かってしまいます。

日曜の夜に「仕事に行くのは嫌だ」と思ってたら、あなたは自然と月曜日も仕事に向かってしまいます。それは、「仕事に行くこと」に視線を向けているからです。さらに、毎日「仕事に行くのやだな」と思っていれば、どんどん仕事に行くイメージは強化されていきます。

前から来る人とぶつかりたくないなら、相手のことを見てはいけません。他の方向に視線を向けていればいいのです。目を合わせてしまうと、相手も自分も同じ方向に動いてしまいます。でも相手のことを見なければ、すっと避けることができるんです。

もし本当に避けたいなら、




ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    無気力を抜け出すセルフコーチング5つの方法

    やる気がなくて、やりたいことがない。ゴールを設定したけど、気力が出ない…

  2. コーチング

    「ステップバイステップ」でゴールに到達できる「小さなゴールの設定」

    高いゴールを設定して、いまいち臨場感が持てないときにどうしたらいいでし…

  3. コーチング

    現状の外側は、「なりきり」で行け!

    ゴールは、「現状の外側」にあります。しかし、現状の外側とい…

  4. コーチング

    コーチングとティーチングを分けて考えない

    コーチングとティーチングを分けて考えないよく、コーチングとティ…

  5. コーチング

    「私らしくない!」の使い方・・・

    コンビニのネットプリントに、印刷したい楽譜をアップし、印刷した…

  6. コーチング

    コーチとして独立するにはコーチングスキルよりマインドが重要です

    コーチにはコーチングスキルよりマインドが重要ですコーチとして独…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. セールス

    コーチングをマネタイズする方法
  2. マーケティング

    コーチングの副業で稼ぐ方法
  3. マーケティング

    コーチングで月100万円以上の収入を得る方法
  4. 目標設定

    正しいゴール設定でモチベーションが止まらなくなる
  5. コラム

    閉塞感を打ち破る方法、危機への対処
PAGE TOP