マインド

「光と影の法則」は人生もビジネスも減速させる



「光と影の法則」は人生もビジネスも減速させる

光があると影がある、という感じで、良いことがあると、同じだけ悪いことが起こると言われることがあります。うまくいった人は、後で必ずしっぺ返しがあるということです。一見もっともらしい説です。

お金持ちは不幸になるとか、悪い事をしていると考えている人がいます。テレビなどでは、喜んでそういう考えを広めています。これも光と影です。しかし、そうしたマインドを持っていると、ビジネスがうまくいきません。

光と影のこの法則は、実は間違っているのです。人生においても、ビジネスにおいても、こうした考えを取らない方が良いです。なぜなら、良いことがあったら、必ず悪いことが起こるなら、良いことは控え目にしたいと無意識で思ってしまうからです。

ビジネスもうまくいきすぎると良くない、ということで、自分が「まあこれくらいだろう」という範囲から出ることができません。「サラリーマンの年収くらいなら、バチが当たらない」と思ってしまいます。

良いことは増幅する

本当のところはどうかというと、良いことがあるとどんどん良いことがある、という循環があります。例えば、お金が増えていったら、それがさらにお金を呼んできます。

お金ができると、時間や気持ちに余裕ができるので、よりビジネスや生活も安定していきます。余ったお金で時間を買ったり、自己投資や金融で大きくすることができるので、またうまくいきます。

以前、ピケティという人が、資産運用の利益は、常に、労働の利益より大きいという理論を発表して話題になりました。資産家と、労働者の格差はどんどん広がっていくということです。

これが世の中の事実なので、やはりお金があるとどんどんお金が増えていきます。お金が光だとしたら、光は増える一方なのです。

労働者の方も、年々生活レベルは上がっていて、比較的貧しい国の人でもスマホを持っています。アジアでも、日本人レベルの生活以上だったり、かなり近いものになっています。全体的には、豊かになっているのです。

こんなふうに、良いことは増幅します。

光が増幅しても、影は増幅しない

お金持ちが不幸になるとか、悪いことをしている、というような考え方は、すごく狭い考え方です。宇宙は広いのに、自分が見える範囲のことしか考えないと、そういう考えになってしまいます。

お金持ちになると不幸になる、というわけではありません。お金持ちが不幸になる、というのは、労働者向けのガス抜きのようなものです。お金持ちで転落したり、不運が起こることもあります。そういうことがあると、喜んで貧乏マインドの人が飛びつきます。

そして、やっぱり良いことがあると、悪いことが起こるとか、光と影というふうに安心し、自分は今のままでいようと思ってしまいます。今のままでいたいので、そう考えるとも言えます。

実際には、良い商品であれば、たくさんの人が喜ぶのですから、どんどんうまくいけばいいのです。しかし、自分で限界を決めてしまって、平均年収くらい、と思っていたら、ビジネスがうまくいかなかったり、労働者に留まろうと思ってしまいます。

日本人は、世界でもトップクラスに豊かで、年収が高いです。ほとんどの人が気づいていないですが、今のところ世界ではお金持ちです。だから、外国のものを安く買えるし、良いものが簡単に手に入ります。

では日本人が、世界でトップクラスに不幸かというと、そんなことはありません。もしそう思うなら、もっと貧しくて、戦争がある国に移住すればいいのですが、ほとんどの人はそんなことはしません。

逆も同じです。光と影の法則が本当なら、悪いことが起こったら良いことが起こるはずです。それならば、悪いことをどんどん起こせば良いのですが、誰もしようとは思いません。サラ金で借金をしたら、どんどん膨らんでいくだけです。

お金持ちや、うまくいっている人を見てどうこう言うのは、狭い範囲で比較しているに過ぎないのです。

「光と影」と決めているのは人間の勝手

そもそも、幸せや不幸、光と影、と決めているのは、人間の勝手です。お金はたいていの人が好きなので、幸せや光と言うこともできますが、本当はお金はお金、というだけです。

お金にどんなイメージをつけるかは、その人次第で、お金が良いものという人もいれば、悪いものという人もいます。また、お金は良いものなので、影である悪いことが付いてくる、とイメージしている人もいるし、逆の人もいます。

良いものだと思えば、お金が入ってくると嬉しいし、ありがたいという気持ちになるでしょう。悪いものだと思ったら、お金が怖くなって、ビジネスにはなりません。

コーチングで何十万円というコースを売るときにも、怖くなるので、オファーできなくなります。無意識で、お金は悪いものだから欲しくない、と拒否してしまっているのです。

また光は良いもので、影は悪いものと決めているのは自分の心です。真夏に木陰があったら、涼しくていいでしょう。影は良いものだと言えます。せっかくなら、光も影も良いものだと考えていた方がいいです。

人は、自分が思っているように世界を捉えてしまいます。光と影の法則を信じていると、脳は良いことがあると、悪いことを探し出してしまいます。

引き寄せの法則、ということもできますが、そういうマインドを持っていると、本当にそれにあった現実を自分で作ってしまうのです。うまくいった分だけ、悪いことを探す、そのマインドがすでに不幸です。

光と影の法則は、ホメオスタシスの問題

光と影の法則は、実は、ホメオスタシスの性質なのです。ホメオスタシスは、自分が居心地がいい範囲であるコンフォートゾーンに留まろうという心の働きです。

テストでいつも50点か取れない人が、いきなり100点を取っても、ホメオスタシスが働いて、次のテストは30点を取ります。そうやって、コンフォートゾーンに合わせようとするのです。

貧乏人から見たら、お金持ちはコンフォートゾーンではありません。そうすると、ホメオスタシスが働いて、お金持ちが悪いことにして安心しようとするのです。

また、労働者が資産家になると想像するだけでも、ホメオスタシスが働いて、悪いことが起こる気がしてきます。人生がうまくいっても、うまくいくのがおかしいと思っていたら、悪いことを探してトントンにしてしまいます。

うまくいっているのが普通の人は、光とか影とか考えません。普通の日常だな、と思うでしょう。日本人が世界ではお金持ちという話をしましたが、日本人にとっては日常なので誰も気づきません。光とも影とも思わないのです。

光と影の法則の正体は、こうしたホメオスタシスのことです。コンフォートゾーンを高くしていけば、当たり前にお金を持ったり、当たり前にビジネスが安定する、ということが起こります。

私はコーチングで、マインドセットを整えて、ブレーキを外して、コンフォートゾーンを上げていきます。コンフォートゾーンが上がると、そこに行きたい、というホメオスタシスが働いて、ワクワクしたり、やる気が出てきます。

光と影の法則を気にしなくていい

人間は、一人がいくら頑張ったとしても、地球の空気を汚すこともできません。それくらい地球は大きいのです。さらに宇宙はもっと大きいです。

ホメオスタシスが正体である「光と影の法則」は、小さな人間が勝手に考えていることに過ぎません。光と影という、宇宙の法則はあるかもしれませんが、なぜそれが人間の見える範囲で起こると言えるのでしょうか。

時間も空間も、無限のようにあります。何年という単位で、ほんの身の回りで完結する、と考える方がおかしいのです。

ビジネスをやる上では、そんなことは考えなくていいです。それはブレーキになってしまいます。それよりも、ビジネスの法則やマインドセットを身につけて、売れる商品を作ることを考えましょう。




関連記事

  1. マインド

    情報空間のパターンから抜けだす

    情報空間のパターンから抜けだす情報空間のパターンによって、ビジ…

  2. マインド

    自分に対して優しくする

    自分に対して優しくするあなたは、自分に優しくしているでしょうか…

  3. マインド

    超重要マインドを手に入れる遊びとは

    コーチングの超重要マインドである「すべては脳が作っている」を手に入れる…

  4. マインド

    引き寄せの法則の本当の意味

    引き寄せの法則の本当の意味あなたは、引き寄せの法則という言葉を…

  5. マインド

    「朝5分の妄想」が「ありえない未来」を創る

    実現性・やり方などを一切考えなければ、ゴールはどんどん見つけることがで…

  6. マインド

    他人の意見に左右されなくなる「たった一言の質問」

    高いゴールを設定してそれを目指していると、ときどき「どうせ無理に決まっ…

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣
  2. コーチング

    血が通っていない怪しいコーチング
  3. お金

    お金が集まる人と、集まらない人の違い
  4. ビジネス

    「ゴール達成脳」と「ビジネス脳」を同時に鍛える方法
  5. マインド

    エフィカシーを上げるための重要マインド
PAGE TOP