マインド

変われない人に特徴的な思考パターン



変われない人に特徴的な思考パターン

自分を変えたい、人生を変えたい、と思っていても変えられない人がいます。そういうとき、人は、「変われない理由」ばかり見つけようとしています。

変われない理由があると、「こういうわけで、自分は変わらなくても良い」と納得することができるので、そこから何も変わらなくなります。

よくあるのが、

・親が悪いから
・国が悪いから
・社会が悪いから
・遺伝だから
・過去や前世がそうだから

などです。

そしてこれらを恨んだり、怒ったりするだけになります。原因は自分ではなくて、自分の外側に求めます。けっして、「私がずぼらだから」とか、「勉強をしていないから」などの自分で変えられるものに原因を求めません。また、簡単に変わるようなことを理由にしません。

もし、変えられるものに原因があるとすると、自分が悪いということになってしまいます。そうすると、「自分で変わらないようにしている」という事実を突きつけられてしまうので、そういうことはしないのです。

簡単に変えられない方が、自分も他の人も納得しやすいので、難しい理由にします。「飲み会に行っているので、ビジネスに使うお金がない」などというと「じゃあ飲みに行くのやめろよ」と言われてしまいますね。だから、「政府が」「親の教育が」という話にしてしまいます。

難しい理由で変われないと思いたい人はたくさんいるので、そういう人たちが集まって、その理由を強化していきます。やっぱりできないよね。社会が悪いよね。毒親のせいだね、と、盛り上がってしまうのです。「プログラマーになって年収を上げよう」「ビジネスを一生懸命やろう」などと考えるのは、大変なのでやりません。

この変われない理由探しは、本当に恐ろしいものです。以前、私はネットであるブログを見つけました。そこには、親のせいでダメ人間になった、と書いてありました。

その親というのが、エリートビジネスマンのお父さんで、何でも買ってくれて、教育熱心で、子供にも理解がある人でした。私には、よくある、アッパーミドルの家庭にしか見えませんでした。しかし、そのせいでダメ人間になった、と主張していたのです。

これでは、どんな家庭環境であっても、親のせいにできてしまいます。本人はそれを固く信じているので、当たり前のことだと思っています。こんなふうに、変われない理由探しは、どんな状況でもできてしまうので、とても危険なのです。

こういう人は、どんな境遇であっても、人のせいにしてしまいます。人からしてもらったことへの感謝を忘れて、どんなに良いことでも、悪いことに変換してしまうのです。もちろん悪いことが来たら、そのままにしておきます。

「変われない理由が正しい」理由を探す

変われない理由を探す人は、次に、「変われない理由が正しい」という理由を考え続けます。

自分の考えや、偉い人の言ったことや、学問などを使って、徹底的に自分の説を強くしていくのです。

・社会の制度がいかに間違っていて、一市民にはどうしようもできないか
・毒親にこんなことや、あんなことをされた
・遺伝は科学的に何%の影響がある

などです。このようにして、自分の説をどんどん強化して、「変われない自分」もどんどん強化していきます。もちろん、他にも同じような人がいるので、強力な理論ができていきます。学問的でカッコよく見えるので、そこで満足してしまいます。

これは、はっきり言って「すごく無駄な時間」になります。

そういう暇があったら、政治家にメールしたり、会いに行けばいいし、セミナーの一つでも行けばいいのです。その時間に、家の中を掃除して、片付けしたりした方がよほど人生が良くなるというものです。

変われない理由を考えている人は、頭が悪いというわけではありません。少なくとも、「変われない理論」を作れるくらいには、頭がいいのです。ただ、方向性が間違っているので、どうしても無駄なことをしてしまします。

優秀なコンピューターでも、何を計算させるかによって、有用にも無駄にもなります。無駄なことを高速で処理したところで、やはり無駄です。ゴミしか出てきません。それなら、何も考えずにジョギングでもした方が有用です。

変わらないものに原因を求める人の悲しい結末

変わらないものや、変えるのが難しいものに原因を求めて諦める、というのは一見楽なことに見えます。確かに、労力も創造力も使わないのですから、その意味では楽なことは確かです。

しかし、これはものすごいマイナスを含んでいます。何かというと、生命力が下がるのです。心理学で、電気ショックを犬に与える実験があります。一方の犬は、電気ショックを止められるのですが、もう一方の犬は、止められずに、電気ショックを受け続けます。

その結果、電気ショックを止められない犬は、諦めて、へたり込んでしまいます。そして、うつ病と同じ状態になるのです。これは、学習性無力感と言います。

変わらないものに理由を求める人は、自分から、電気ショックを止められない犬になっているのです。無力感を感じて、生命力が大幅に下がり、うつ病のような状態になる人もいます。もっと言うと、死ぬ人もいます。

楽な方に流されているつもりが、抜け出せないようなものすごく辛い状況に自分を追い込んでしまうのです。何をしても無駄だ、お先真っ暗だという感じになります。

私は催眠術を使って無気力状態から抜け出してもらうことはできるのですが、人のせいにして変わろうとしない人にセッションはできません。自分事だと思える人じゃないと、成長することはできないのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. マインド

    「朝5分の妄想」が「ありえない未来」を創る

    実現性・やり方などを一切考えなければ、ゴールはどんどん見つけることがで…

  2. マインド

    自分に対して優しくする

    自分に対して優しくするあなたは、自分に優しくしているでしょうか…

  3. マインド

    将来への不安を消して、未来にワクワクする方法

    将来への不安を消して、未来にワクワクする方法あなたは現状や将来…

  4. マインド

    超重要マインドを手に入れる遊びとは

    コーチングの超重要マインドである「すべては脳が作っている」を手に入れる…

  5. マインド

    「わずかな労力」でゴールを達成するための思考法

    抽象度の高いところへの働きかけは、とてつもないパワーを持っています。今…

  6. ビジネス

    言い訳しても成長できない

    言い訳しても成長できないあなたは、ビジネスをしたり、何かにチャ…

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    「身近な人」を変えるには?その「根本的な解決法」
  2. ビジネスマインド

    行動しても成功しない人
  3. お金

    時間を投資しても稼げない理由
  4. マインド

    緊張は悪者なのか?意外と気付かない緊張の役割
  5. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法
PAGE TOP