脳科学

「情報空間のリアリティ」を上げるには

こんばんは!石切山です。

情報空間の臨場感を上げる方法
についてお話しします。

~~~~~~

トライアルコーチングは
【残り1名様】となりました。

トライアルコーチングでは、短時間で

・ゴール設定の正しい方法を知る
・新しい視点の獲得
・悩みや疑問の解決

などをすることができます。

また、あなたの状況に合わせて、
今後どのようにマインドを
使っていけばいいのかもお教えします。

◆トライアルコーチングのお申込は
こちら【5名限定】
→ https://ws.formzu.net/fgen/S3306355/

~~~~~~

ゴールの臨場感が
上がっていくことで、物理的な
現実世界が変化していきますが、
ゴールは、抽象度の低い
物理的空間にあるのではなく、
抽象度の高い情報空間にあります。

そのため、臨場感を持つのが
難しいという側面があります。

ではどうしたら情報空間に臨場感を
持てるようになるのでしょうか。

その一つの方法は、

~~~~~~~

言語への臨場感を高めること

~~~~~~~

です。

言語は、人間の6つの感覚の中の
一つです。

人間には、モーダルチャンネルという
情報の入り口があり、視覚・触覚・
味覚・嗅覚・聴覚・言語の6つが
あります。

この中で言語は、
抽象度の高い情報空間にあります。

言語は、直接触ったり、匂いを
嗅いだりすることはできませんよね。

だから、
言語に対する臨場感が高くなれば、
情報空間への臨場感も高くなり、
抽象度の高いゴールの臨場感も
高めることができるのです。

臨場感というのは、そこにあるか
のように感じることです。

例えば、
みんな赤信号を渡ってはいけない、
と言語を使って思っていると、
赤信号の時、
ちゃんと止まるようになります。

そこには、壁があったり、ゲートが
あったりするわけではないのにです。

この時、人は、
言語に臨場感を感じているのです。

言語のリアリティには、
強さがあります。

知らない言葉には、
もちろん臨場感がありませんし、
ビジネス書は読めても、マルクスの
資本論には臨場感が持てない、
ということもあるでしょう。

言語の臨場感を高めるには、
どうしたらいいでしょうか?

それには、言語にたくさん触れて、
使うことが有効です。

私たちは、小さい時は、
言葉をあまり話せませんでした。

しかし、親の真似をしたり、
学校で習ったり、本を読んだり
しながら言語への臨場感を
高めてきたのです。

社会人にもなれば、
難しい文章を読んだり、
複雑な法律に従いながら
ビジネスをすることが
できるようになります。

これは、それだけ私たちが
訓練されてきたということなのです。

さらに高めていくためには、
意識的に、そうした言語空間に
触れて、リアルに認識できる力を
高めていくと良いです。

そのために、さらに多様な
言語空間に触れてみましょう。

例えば、小説や評論文を読んだり、
文章を書いたりすることで、
言語空間での自由度が
上がっていきます。

冷たいものを触った時に、
ただ、冷たいというより、
氷のように冷たいとか、
痺れるほど冷たいなど、
いろいろな表現方法で言えた方が、
言語空間としては、より広く、
臨場感の高いものになります。

言語空間の、臨場感が高くなり、
自由度が高まるほど、それを
操作できるようになっていきます。

そうすると、
ゴールをリアルに感じたり、
いろいろなゴールを設定できるように
なっていくのです。

まだそれほど
言語空間に慣れていない人は、
読みやすそうな小説などを見つけて
読んでみても良いと思います。

私が最近読んだ中で、
おすすめするのは、
「流れる星は生きている」
という本です。

この本は、敗戦後、満州国から
3人の幼い子供を連れて、
乞食同然の生活をしながら、
1年かけて引き上げてきた女性の
ノンフィクションです。

大戦と敗戦後を生きた人々のリアルで
複雑な感情が綴られています。

もうすぐ8月15日の終戦記念日
ですから、その周辺で読んでみると
より深く共感できると思います。

世界平和のゴールを持っている方は、
その臨場感を高めるのにも
役立ちますよ。

認知科学に基づいた

ゴール達成プログラムを

8日間で脳にインストールする

メールマガジンを作りました。

 

ご登録はこちらからどうぞ↓

http://coachingjapan.net/landingpage/

img_bnr_01

関連記事

  1. 脳科学

    現状から抜け出す「フレームの壊し方」

    こんばんは!石切山です。&nb…

  2. 脳科学

    「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」

    コーチングに、「現状の外側」という概念があります。これは、「現状とは違…

  3. 脳科学

    「カメラの向き」が現実を劇的に変える

    努力しているのに、現実が望ましい方向に変わらない、と思っていま…

  4. shutterstock_716544256 のコピー

    脳科学

    いいこと日記の書き方と効果〜幸せ体質になろう〜

    あの人は何だかいつも幸せそう・・・・・・いつも楽しそうにしている「幸せ…

  5. 脳科学

    嫌なことをやらずに済ませる「上の論理」の使い方

    嫌なことを断ってやらずに済む方法をお教えします。嫌なことはやら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

img_bnr_02
  1. 脳科学

    「ゴールイメージ力」を上げる「音遊び」
  2. コラム

    リアルポケモンGO
  3. コラム

    イビザ・サンセットビーチ
  4. 脳科学

    五輪ロゴデザインからわかるスコトーマの原理
  5. 目標設定

    「仮のゴール」でステップアップし「真のゴール」が見つかる
PAGE TOP