脳科学

文章を書いて悩みを解決する



僕は文章を書くことが好きです。
なにかと文章を書きたくなってしまいます。

ただもともとは、文章を書くのは好きではありませんでした。

小中学生のときには、読書感想文というものがありましたよね。
あれが大嫌いでした。

読書感想文が嫌いな人はけっこういるのではないでしょうか。

まずどうやって文章を書いたらいいのかもわからなかったですし、
原稿用紙に書くという作業自体がとても嫌いでした。

いつも、原稿用紙の文字数を埋めるために、
思ってもいないことを書いたり、本をそのまま書き写したりしていました。

でもなかには読書感想文が得意な友達もいて、
賞を取ったりする人もいます。

いったいどうやったら、賞を取れるような文章を書くことができるのだろう、
ということが、永遠の謎です。

いまでも、読書感想文を書くことができません。
書く必要もないですけどね笑。

さて今回は文章を書くことの効用について考えたいと思います。

読書感想文が嫌いだったかもしれませんが、
好き嫌いに関係なく文章を書くことは役に立ちます。

たとえば悩んでいるとき、
文章を書くことによって悩みが解決することもあります。

悩んでいるときというのは、不安な感情に心の中が支配されています。
恐怖とか、焦りといった感情を抑えられなくなっている状態です。

そこで、この不安な感情をなくさないといけないのですが、
文章を書くことで、感情をコントロールできるのです。

不安な感情というのは、とらえどころがありません。
それを、文字にすることによって、客観的に整理してしまうのです。

たとえば、仕事をクビになるかもしれない、
という不安で、パニックになったとしましょう。

放っておくと、どうしようどうしようと、おどおどするばかりです。
パニック状態ですね。

そういうときには、ノートやPCに何が不安なのかを書いてみます。

「仕事をクビになったら、食べていけないのが不安だ。」
「家族が路頭に迷うかもしれない」
「親になんていったらいいだろう」
・・・etc

このように、何が不安なのかをはっきりさせていきます。
これ以上ないというくらい不安を吐き出してください。
不安を書き出した時点でもうほとんど解決したようなものです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    体に良い気を取り入れる方法

    私はヒーリングの一つとして、気功を使ったヒーリングをしています。気功っ…

  2. 脳科学

    ゴールのイメージ力がアップする3つの瞑想法

    夢やゴールをイメージすれば、叶います!とよく言われていますが、うまくで…

  3. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは

    僕が小学生のとき、地元(田舎)にコンビニがはじめてできました。そのとき…

  4. 脳科学

    「スコトーマ」をなくす「苦手克服法」

    好き嫌いはすぐに決めない方が良いです。なぜなら、嫌いなものの方…

  5. 脳科学

    効率的に情報を手に入れる方法

    こんばんは、石切山です。今日は効率的に情報を手に入れる方法につ…

  6. 脳科学

    ご飯を食べるたびに頭が良くなる、「抽象思考のトレーニング」

    あなたはご飯を食べるとき、何してますか?スマホをいじったり、テレビをみ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    「ゴールのリアリティ」が「爆発」する瞬間
  2. ビジネスマインド

    成功することを許せない
  3. お金

    お金をかけてるのに売れないのはなぜか
  4. セールス

    商品の説明をするほど売れない
  5. マーケティング

    売ることに集中する
PAGE TOP