コーチング

コーチングに資格は必要?現役コーチが教えるメリット・デメリット



コーチングを勉強して使いたい、もしくはプロのコーチになりたいと思ったとき、コーチングの資格を取ることは必要でしょうか?また資格は何の役に立つのでしょうか?コーチング資格を持っていて、現役のプロコーチである私が解説します。

コーチングをするのに資格は必要?現役のコーチが教える資格の有効性

コーチングを勉強したり、コーチになりたいと思った人の多くが検討するのが、資格を取得することでしょう。日本にも大小さまざまなコーチング資格発行団体や個人があり、養成講座などが用意されています。

コーチングの資格を取ったら稼げるの?

まず、誰もが知りたいであろう、「コーチング資格を取ったらぶっちゃけ稼げるの?」という疑問にお答えしましょう。これは「人によるし、環境や状況による」というのが正直なところです。一体どういうことでしょうか?詳しく解説します。

コーチング団体の状況

これは、どれだけそのコーチング団体のコーチであることが注目されるのかという問題です。つまり、あるコーチング団体が発行するコーチ資格を取った人に対して、どれだけニーズがあるのかということです。 ほとんど誰にも知られていない団体であれば、資格を取っただけでクライアントがつくわけではないかもしれません。逆にすごく盛り上がっているのに、コーチング資格保持者がレアであれば、比較的簡単に集客をすることができるでしょう。 私がコーチになったばかりのとき、まさに盛り上がっているのにレアという状況でした。受けたい人が多いのにコーチが少ないとなると、さほどの苦労もなくクライアントを獲得できるでしょう。もちろんブームがずっと続くわけではありません。 その団体が沈んでいった場合、割を食って売り上げが下がることもありえます。

コーチング団体のサポート体制や集客

コーチング資格を出す団体が、どれだけクライアントを紹介してくれるか、また集客をサポートしてくれるかも影響します。 団体によって、技術と知識を与えて資格も発行するけどサポートはなし、ホームページにコーチ検索を掲載する、団体とコーチの距離が近くてかなり手厚くサポートしてくれる、集客法まで教えてくれるなど、いろいろとあります。 集客のことまで面倒を見てくれるのなら、コーチとして稼げる確率は上がるでしょう。ただし、サポートが厚いことと、技術や知識が使えるものであることは別に考えた方がいいです。 自分自身がこれを学びたいと思ったところで勉強した方がいいと思います。集客やマーケティングは自分で勉強したり、コンサルを雇ったりすればカバーすることができます。

コーチング技術の有効性

コーチング団体によって技術は多様です。もしその技術がたいして使えないものだと、クライアントの満足度が低くなってしまい、集客が困難になります。そうした団体は、だんだんと先細っていく可能性があります。 技術がしっかりしているかどうか、そして自分がそれを実際に使えるようになるのかは収入に影響していきます。もちろんマーケティングだけうまくやればお金を稼げるのですが、詐欺に近いので、良識的な人なら嫌になってしまうでしょう。

個人の資質

個人の能力や、マーケティングのうまさなどのも、稼げるかどうかに強い影響があります。能力は高いほうが当然良いですが、お金を稼げるかどうかはマーケティング力によるところが大きいです。 実際、私が見た感じでもコーチングのスキルや能力が高い人よりも、どちらかといえば商売上手な人が稼いでいます。 マーケティングがうまい方が、コーチング能力が高いと考える人もいますが、それはあまり関係ありません。もちろん商売がうまくてコーチングもうまい人はいます。 以上のように、コーチング資格を取って稼げるかどうかは、環境や資質によって大きく左右されます。一番大きな部分はマーケティングがどれだけできるかです。 しかしマーケティングだけ勉強していてもコーチングが直接的に上達するわけではありません。自分自身も満足しながらコーチングをしたいなら、技術や知識を勉強したり研究し続けることが大切です。

コーチング資格のメリット

ここからコーチング資格のメリットとデメリットを見ていきましょう。

資格があることで信頼される

まずコーチング資格があることで、人からある程度信頼されるということがあります。資格があると、ある一定の教育を受けた人だと判断されるからです。 また、資格を持っているというだけで需要があったり、高い信頼を得たりできることがあります。例えば、その資格を高く評価している人に会ったら、資格を持っているだけでちゃんとした人だと認識されるでしょう。 ただし、現時点で日本ではコーチングという言葉自体が知られていないので、コーチングに興味がない人に対してはあまりこのメリットはありません。「コーチングってなんですか?」と聞かれることもよくありますよ。 もちろんコーチングを受けたい人や興味がある人に対しては有効です。また、「資格を持ってその職業をしている」ことに関しては信頼してもらえる可能性があります。 しかし、コーチング資格があっても今のところ、医師や弁護士、公認心理師のような広い社会的信用が得られるわけではありません。

技術や知識などを効率的に勉強できる

コーチング資格を出している団体は、ある程度体系だった技術や知識などを教えています。そのため、資格を取ることで自分で体系立てる時間や手間、費用などを短縮することができます。 特に、直接習わないと再現が難しい技術に関しては、こうした教育を利用するメリットが大きいでしょう。本で読んで勉強することもできますが、細かいところのやり方、雰囲気だとか、声の出し方などは本ではわかりません。 実はこういう細かいところが重要なこともあるので、習うことにはメリットがあります。また、心を扱うので危険なこともありますし、倫理的な問題もあります。 例えばコーチとクライアントの間に恋愛感情が生まれることや、お互いに過度に依存すること、支配関係になってしまうなどの可能性もあります。一歩間違えれば犯罪になることもあります。 こうした失敗やネガティブ要素に対処するためには、体系立ったものを学ぶことが有効です。ただしちゃんと教えてくれないところもあるので注意してください。

コミュニティに所属できる

コーチング団体の養成講座に行けば、同じ志を持った仲間を作ることができます。こうした横のつながりがあることによって、お互いに情報交換したり、技術を高めあったりすることが可能です。 また、団体の先輩や後輩、先生など様々な人とつながりを持つことができます。それはきっとコーチとして活動していく上で役に立つでしょう。



ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    裁判所で抽象度を上げる

    裁判所に見学に行くと、抽象度が上がります。裁判所に行ったことあ…

  2. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)

    目標やゴールを達成するために、自分で自分自身のコーチになりたい、と思っ…

  3. コーチング

    どんなコーチ像があるか

    どんなコーチ像があるかあなたはどんなコーチになりたいですか?コ…

  4. コーチング

    お手軽に「成功体験を量産」して、「自信をつける」方法

    エフィカシーを高めるにはどうしたらいいでしょうか。エフィカシーは「自分…

  5. コーチング

    一年の反省は必要ない

    こんにちは、石切山です。今日は大晦日ですね。大晦日になると今年…

  6. コーチング

    コーチングにおける抽象度を巡る誤解

    ゴール設定をする時に、「抽象度」という考え方が重要ですがこれはよく誤解…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    嫌われるブログライティング
  2. 脳科学

    テレビを捨てれば、「ゴール達成脳」が手に入る
  3. マーケティング

    正しい集客とは
  4. 脳科学

    抽象度を上げる「類人猿視点」の作り方 
  5. お金

    お金を稼ぐのは簡単だと考える
PAGE TOP