コーチング

Invent on the way



前回、ニューヨークに行った時の
重要なマイルストーンは、
シュガーバーのオープンマイクで
歌うことでした。

ただ、実はシュガーバーに出るか、
出ないかは、結構迷ったのでした。

というのも、
気軽に出れる場所ではないから、
それから、コンディションが
あまり良くなかったからです。

ハーレムに行って生活環境や気候が
日本と大きく変わったので、
最初の方は、喉を悪くして、数日
咳が止まらないことがありました。

予想の範囲内でしたが、
ハーレムまで来て、
咳が出て歌えないでは困ったな、と
少々焦りました。

ロビタシンDMという
よく効く咳止めシロップを飲んで
なんとか凌ぎましたが、
相変わらずコンディションは
悪いままだったのです。

まあこれは、
自分の歌い方が悪かったのと、新曲を
たくさん練習したのもあります。

その時は、
「今回は歌うのをやめようかな」と
思ったのでした。

回復するかどうかもわからず、
よくない状態で出るよりも、
日本に帰ってから技術を高めて、
例えば、声の安定性を高めて、
もう一度来たほうが
良いかもしれない、と考えたのです。

私にとって、シュガーバーは、
「よく知らないけど、老舗で
プロが来るところ」というイメージ
だったので、心配でもありました。

だいたいちゃんとしたステージで
歌うのなんて10年振りでした。

しかもそれが、ニューヨークです。

その前にThe Grooveに出ていたのが、
救いでしたが・・・

しかし、それは思い直しました。

というのも、ニューヨーク、
ハーレムに来て
今出せる最大限のことをやり、
最大の成果を得ようと
思ったからでした。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

  2. コーチング

    なぜ先にゴールを設定するのか

    なぜ先にゴールを設定するのか稼げるようになるにはまずゴールを設…

  3. コーチング

    アファメーションが入らない原因と効果を出す方法

    アファメーションが入らない原因アファメーションや、セルフトーク…

  4. コーチング

    「ベッドで寝転がりながら」急速にゴールに近づく朝の習慣

    「もう朝だーもうちょっと寝てたいなーむにゃむにゃ」…

  5. コーチング

    私がコーチングをする理由

    私がコーチングをする理由今回は、なぜ私がコーチングをしているか…

  6. コーチング

    コーチングにおける抽象度を巡る誤解

    ゴール設定をする時に、「抽象度」という考え方が重要ですがこれはよく誤解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスプラン

    売れる商品作りのマインドセット
  2. ビジネス

    成功者洗脳がゴールを見えなくしている
  3. ビジネスプラン

    コーチングが儲かるのはなぜか
  4. コラム

    誰も私たちに「強制」することはできない
  5. 催眠術

    催眠術は怖いのか?プロ催眠術師が催眠術の実際を解説
PAGE TOP