コラム

婚外子問題~家族制度という洗脳~



今、婚外子の相続問題が世間で話題になっています。結婚していない男女の間に生まれた子供は、結婚している男女の間に生まれた子供の半分しか親の財産をできないという法律があるのですが、それが差別ではないかという裁判になっています。

それが最高裁判所まで争われて最高裁で、その法律が憲法違反であるという判決が出たのです。しかも、最高裁判事が全員一致で違憲判決という希に見る事態になっています。その判決について、いろんな人が発言しており社会問題となっているようです。

最高裁判所から憲法違反の判決が出たからには、法律が改正されないといけないのですが、一部の国会議員からかなり反対の声が出ているようです。家族制度が崩壊するとか、不貞の子を認めていいのかといった意見まで出ているそうです。

ここで思ったのは、家の論理が日本ではかなり根強いんだということです。家族制度が日本の伝統だとか、人間として正しいと思っている人が多いと思いました。

しかし、家族制度自体は明治に民法が制定された際に導入された新しい制度で、決して日本の伝統的な制度とは言えません。今のような一対一の結婚をして家族を作るという考え方は明治より前は一般的ではありませんでした。

日本を近代化するために家族制度が導入されたのです。そして不貞だとか罪の意識も一緒に生まれました。それ以前は、もっと緩やかな性の規範があって夜這いや複数婚なども一般的に行われていたくらいです。現代でも日本では個人より家のほうが大事になってしまっています。

ちょっと考えて欲しいのは、養子をもらった場合、養子に対しては通常通りの相続が行われることです。血縁のある婚外子は半分しかもらえないのに、血縁のない養子は全部もらえるということです。

養子が全部もらえることはいいのですが、家の子か家の子じゃないかが問題になるのは、
やはり個人よりも家のほうが大事だという話です。個人の差別をやめるより、家族制度のほうが大事なので、国会議員でさえ憲法違反をなんとも思わないのです。むしろ憲法が間違っているとか最高裁判所の存在自体を否定する人がいるほどです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コラム

    無力感を乗り越える方法

    自分の力で、何かを変えることができない、と思っている方に読んでほしいで…

  2. コラム

    私が高級ホテルでセッションをしない理由

    こんばんは!石切山です。コーチング業界では、セッションでホ…

  3. コラム

    イビザ・サンセットビーチ

    夕日が沈むのを見て、日本人なら大抵はしみじみとするでしょうが、イビザの…

  4. コラム

    抽象度の高いラーメン

    先日、東高円寺のラーメン屋でつけめんを食べて、衝撃を受けました。…

  5. コラム

    契約と自己責任

    最近、契約書を作る機会があって、契約書って大事だなと思いました。…

  6. コラム

    ドクターの蔵書

    こんばんは。platonicusの石切山です。現状の外に行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    世界レベルの「とんでもないゴール」を作る方法
  2. ビジネス

    正社員信仰をやめて、お金の奴隷を卒業しよう
  3. 脳科学

    「小さな常識変更」で、現状の外側の世界が見える
  4. ビジネスマインド

    良い商品じゃなくても売っていい
  5. セールス

    セールスを成功させる秘訣
PAGE TOP