目標設定

「重要なこと」を変えればゴールが見つかる

脳はすべての情報を見ているわけではなく、自分にとって重要なものしか見ていません。それ以外の情報はシャットアウトしているのです。

では、スコトーマを外すにはどうしたらいいでしょうか。それには、脳の重要性を変えて、脳の情報フィルターをずらしてあげればいいのです。

脳の重要性を変えるとはどういうことでしょうか。実際に脳の重要性を変えるワークを行って体感してみましょう!

脳の重要性を変えるワーク

~~~~~~~~~~~~~~~~

・自分が重要だと思っていることトップ10を書き出す

・それをひとつひとつ否定する

~~~~~~~~~~~~~~~~

自分が重要だと思っていることというのは、たとえば「会社に行くこと」「恋人とデートすること」「親孝行すること」「友達と話をすること」のように、自分にとって大事なものです。

自分がトップ10に重要だと思っていることを書き出していきましょう。もしよくわからない場合は、自分が頻繁に、あるいは長い時間行っていることや、考えていることを書き出してみてください。

次に10個の重要なことひとつひとつに対して、それが重要じゃない理由を書いていきます。自分が重要だと思っていることを否定するのです。たとえば、「親を大事にするのは、親にとっては余計なお世話かもしれない」「会社で仕事をこなす人生でいいのだろうか」というふうに書いていきましょう。

こうすることで、自分が重要だと思っていたものが揺らぎます。放っておけば、今まで重要だったものしか見えませんが、重要性を揺らがせることで、重要なものの順位が変わったり、新しい重要なものが見つかるかもしれませんよね^^

このワークは心の抵抗があってちょっとやるのが大変かもしれません。自分の重要だと思っていることを否定する、というのは、自分のコンフォートゾーンから大きく外れるということですから、不快になる可能性はあります。

でもそれでいいんです。脳の重要性が変われば、脳は新しい情報をキャッチするようになります。その中から、自分が今まで気づかなかったやりたいことやゴールが見つかります。

このワークは、自分を脱洗脳するワークでもあります。今まで疑いもしなかった思い込みを外していくのです。思い込みが強いものほど、心の抵抗が大きいかもしれませんが、それを否定することは、自分が大きく変わるチャンスでもあります。

僕自身もよく、自分が重要だと思っていることに対して、本当にそれでいいのかと考えていますよ♪これをすると考え方を大きく変えることもできますし、見えなかったものが見えてくるようになります。

自分の考えを否定することで、今より一つ上の視点を手に入れることができるんです。このワークを集中してやってみてください。心理的な抵抗が大きい分、きっと大きな効果が得られるはずですよ!

現状から抜け出して成功する「フレームの壊し方」前のページ

「努力なし」で夢が叶う!「コンフォートゾーン」の恐るべき力次のページ

関連記事

  1. 目標設定

    「はるか彼方」をイメージして抽象度を上げる

    こんばんは、石切山です。はるか彼方について想像してみましょう。…

  2. 目標設定

    やる気を取り戻すための「4つのチェックポイント」

    どうしてもやる気が出ない、モチベーションが下がってしまう、そんなときあ…

  3. 目標設定

    「ゴール型生活」を実現する「2つのコツ」

    今日はやりたいことを見つけるための、生活の仕方についてお教えします。…

  4. 目標設定

    目標設定を成功させる3つのコツ

    目標設定をしたけど、うまくいかない。あるいは、目標設定自体ができないと…

  5. 目標設定

    本当に人生を好転させる「ゴール志向」の秘密

    今回はコーチングの重要なマインドである「すべてはゴールから見て合理的か…

  6. 目標設定

    儲からないゴール設定

    ゴール設定をする時、「儲かるゴール」と「儲からないゴール」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座メルマガ登録

Amazon著者ページ(電子書籍一覧)

全記事一覧

有料記事一覧

  1. 脳科学

    「五月病」の「原因と対策」とは?
  2. お金

    労働者はありがたい
  3. ビジネスマインド

    コーチは価格を上げて良い
  4. マーケティング

    誰のためにコーチングをしていますか?
  5. ビジネスマインド

    勉強や努力を手放す
PAGE TOP