脳科学

「イメージするだけ」じゃ夢は叶わない?「本当に効果のあるイメージ法」とは



イメージするだけでは目標は達成できない、と良く言われます。僕もそれは無理だと思います。イメージするだけでそれが現実になる、というのはオカルト話のようです。

「えっでもイメージが大事って言ってたはずじゃ・・・・・・」

そう、確かにイメージは大事なんですが、それだけでは全然足りません。

では僕がお伝えしている「認知科学の方法」は、イメージするだけで夢が叶うという話とどう違うのでしょうか。それは「リアリティ自体を取り替える」という点です。

これだけでは良くわからないですね。言い換えると、「自分が見ている世界自体を変えてしまう」ということです。

たとえば、ダイエットをしたいと思ったとき、「やせたいなー」と思ってやせている自分のイメージを思い浮かべるのではなく、「今まさに私はやせている」と本気で思うということなんです。

本気で思う、というのは思い込むのではなく、現実自体が「やせている自分」に変わってしまうことです。そうすると、「私はやせているはずなのに、なぜか太っている、おかしい」と無意識が判断して、勝手にやせてしまうのです。

このように、「なんとなく夢を持っている」というレベルではなく、「夢の世界のほうが現実で、そうじゃないのはおかしい」というレベルまで持っていくことで、あなたがゴールに向かうエネルギーが湧いてきます。

そして、そのために必要なのが五感を使ってイメージすることと、イメージと情動を結びつけることです。

まず五感を使ってイメージするというのはどういうことでしょうか。普通イメージというと、視覚のことだと思いますが、私がお伝えしている方法では、視覚だけでなく味覚、嗅覚、触覚、聴覚を全て含めてイメージなのです。

そしてそれに対して情動を結びつけることで、イメージのリアリティを強くします。具体的には気持ちいいとか、嬉しい、と言ったプラスの情動を結びつけることで、脳に「イメージの世界にいたい!」と強く思わせるのです。

このように、イメージと情動がそろって初めて脳がリアリティを感じて、ゴールの世界に向かうエネルギーを生み出してくれるようになります。

なんとなくではなく、科学的な方法でしっかりイメージを作っていくことで、効果を出すことができるのです。なんとなくイメージするだけではないという点、注意してくださいね☆




意外と知られてない!「正しいゴール」設定方法とは?前のページ

「目的」が達成できれば「勉強」も「努力」も不要次のページ

関連記事

  1. 脳科学

    やる気と自己評価を高める脳科学

    ゴールを達成するには、自分にはそれだけの能力があるという自己評価(エフ…

  2. 脳科学

    ゴールのイメージ力がアップする3つの瞑想法

    夢やゴールをイメージすれば、叶います!とよく言われていますが、うまくで…

  3. 脳科学

    「情報空間のリアリティ」を高めて、夢を現実にしよう

    目標や夢の世界は、テーブルやパソコンのように、手で触るのが難しいです。…

  4. 脳科学

    「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」

    コーチングに、「現状の外側」という概念があります。これは、「現状とは違…

  5. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法

    ゴールに向かって無意識を焚き付ける「プライミング」についてお話します。…

  6. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは

    僕が小学生のとき、地元(田舎)にコンビニがはじめてできました。そのとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. 脳科学

    「基本的洗脳法」に気づけばスコトーマが外れる!
  2. コラム

    サラリーマンを辞めても会社に迷惑はかからない
  3. お金

    本気で稼ぎたいですか?
  4. お金

    労働者思考のコーチは稼げるようにならない
  5. 目標設定

    世界レベルの「とんでもないゴール」を作る方法
PAGE TOP