脳科学

「イメージするだけ」じゃ夢は叶わない?「本当に効果のあるイメージ法」とは

イメージするだけでは目標は達成できない、と良く言われます。僕もそれは無理だと思います。イメージするだけでそれが現実になる、というのはオカルト話のようです。

「えっでもイメージが大事って言ってたはずじゃ・・・・・・」

そう、確かにイメージは大事なんですが、それだけでは全然足りません。

では僕がお伝えしている「認知科学の方法」は、イメージするだけで夢が叶うという話とどう違うのでしょうか。それは「リアリティ自体を取り替える」という点です。

これだけでは良くわからないですね。言い換えると、「自分が見ている世界自体を変えてしまう」ということです。

たとえば、ダイエットをしたいと思ったとき、「やせたいなー」と思ってやせている自分のイメージを思い浮かべるのではなく、「今まさに私はやせている」と本気で思うということなんです。

本気で思う、というのは思い込むのではなく、現実自体が「やせている自分」に変わってしまうことです。そうすると、「私はやせているはずなのに、なぜか太っている、おかしい」と無意識が判断して、勝手にやせてしまうのです。

img_bnr_01

このように、「なんとなく夢を持っている」というレベルではなく、「夢の世界のほうが現実で、そうじゃないのはおかしい」というレベルまで持っていくことで、あなたがゴールに向かうエネルギーが湧いてきます。

そして、そのために必要なのが五感を使ってイメージすることと、イメージと情動を結びつけることです。

まず五感を使ってイメージするというのはどういうことでしょうか。普通イメージというと、視覚のことだと思いますが、私がお伝えしている方法では、視覚だけでなく味覚、嗅覚、触覚、聴覚を全て含めてイメージなのです。

そしてそれに対して情動を結びつけることで、イメージのリアリティを強くします。具体的には気持ちいいとか、嬉しい、と言ったプラスの情動を結びつけることで、脳に「イメージの世界にいたい!」と強く思わせるのです。

このように、イメージと情動がそろって初めて脳がリアリティを感じて、ゴールの世界に向かうエネルギーを生み出してくれるようになります。

なんとなくではなく、科学的な方法でしっかりイメージを作っていくことで、効果を出すことができるのです。なんとなくイメージするだけではないという点、注意してくださいね☆

img_bnr_01

関連記事

  1. 脳科学

    体に良い気を取り入れる方法

    私はヒーリングの一つとして、気功を使ったヒーリングをしています。気功っ…

  2. 脳科学

    快楽を覚えさせ、脳を「ゴール達成に焚き付ける」方法

    ゴールに向かって無意識を焚き付ける「プライミング」についてお話します。…

  3. 脳科学

    本当のポジティブ思考の脳科学

    ポジティブ思考とネガティブ思考はどちらがいいのか、ということが議論にな…

  4. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは

    僕が小学生のとき、地元(田舎)にコンビニがはじめてできました。そのとき…

  5. 脳科学

    爆発的に知識が増える、「超効率的勉強法」

    勉強が苦手、時間がないという方も、抽象度を使えば超効率的に知識を習得す…

  6. 脳科学

    抽象度を上げる「類人猿視点」の作り方 

    1、チンパンジーとゴリラ2、ゴリラと人間3、チンパンジーと人間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

img_bnr_02

  1. 脳科学

    トラウマを解消させる「自己責任」
  2. 脳科学

    「健康の不安を解消」しゴールに集中する「3つの秘訣」
  3. ビジネス

    稼げる人と稼げない人のたった一つの違いとは?
  4. 脳科学

    効率的に情報を手に入れる方法
  5. マインド

    幸せになろうとすると幸せになれない?
PAGE TOP