脳科学

ゴール達成を早くする「スコトーマ」利用法



ゴールは抽象度が高いので、
漠然としていて、行動を起こしにくい
という人は多いようです。

ゴールがあまりにも遠いので、
何をしたらいいかわからなくなって
しまうというわけです。

そんな時は、どうやったら、
現実に行動が起こせるように
なるのでしょうか?

そのためには、

~~~~~~~

スコトーマを利用する

~~~~~~~

ことが有効です。

「え、スコトーマって、外さないと
いけないんじゃないですか?」

と思った方もいるでしょう。

確かに、私は繰り返して
スコトーマを外すことの重要性を
指摘してきました。

スコトーマは、心理的盲点のことで
自分が認識できない部分のことを
言います。

目隠しされているような状態と
言ってもいいでしょう。

自分の本当のゴールはスコトーマで
見えなくなっていたり、また、
ゴール達成の方法も、スコトーマで
見えなくなっています。

そのため、スコトーマは、ゴール達成
にとって邪魔な存在である、
と思っても無理もないでしょう。

しかし、スコトーマは、
ゴールを達成するために、必ずしも
邪魔になるものではありません。

むしろ、あえて
スコトーマを利用することによって、
ゴール達成を早めることができたり、
自然に現実が変化していくように
できたりするのです。

例えば、
勉強に集中する必要がある時に、
あっちこっち気が散っていたら
勉強になりません。

教科書を開いて読もうとしても、
急に部屋の掃除をしたり、スマホで
SNSをチェックしていたら、
全然進まないわけです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    最近、日本が注目されている?

    近頃、ある日本のコンテンツが注目されているようです。外国人…

  2. 脳科学

    テレビを捨てれば、「ゴール達成脳」が手に入る

    あなたはテレビを持っていますか?もし持っているとしたら、今すぐ捨てるか…

  3. 脳科学

    嫌なことをやらずに済ませる「上の論理」の使い方

    嫌なことを断ってやらずに済む方法をお教えします。嫌なことはやら…

  4. 脳科学

    効率的に情報を手に入れる方法

    こんばんは、石切山です。今日は効率的に情報を手に入れる方法につ…

  5. 脳科学

    中学生でもできる「世界視点の作り方」とは

    今日は、「中学生でもできる世界視点の作り方」をお話します。秘密は「社会…

  6. 脳科学

    世界レベルで才能を発揮する脳科学

    世界レベルで才能を発揮する脳科学ニューヨークのブルックリンから…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    楽して儲ける方法
  2. 脳科学

    「クレーム」をつければゴールが見える
  3. ビジネスマインド

    足し算思考が成功しないのはなぜか
  4. コーチング

    血が通っていない怪しいコーチング
  5. コーチング

    ゴールを邪魔する間違った「want-to」の捉え方
PAGE TOP