目標設定

やりたいこと、want-toを発見するセルフコーチング法



コーチングではよく、「やりたいことや夢を目指そう」「ワクワクすることをしよう」と言われています。しかし、「やりたいことや夢がない」「ワクワクしない」と悩んでいる方も多いようです。私のところ相談に来るクライアントさんの中にも、「やりたいことがない」という悩みを持っている方がたくさんいます。

「さとり世代」という言葉をご存知ですか?さとり世代は、欲のない最近の若者のことなんだそうです。「最近の若者は・・・・・・」というよくある話かと思いきや、そうでもありません。若者に限らず、「やりたいことがない」と言う方は結構いるのです。

今回はやりたいことがない人が、やりたいこと=want-toを見つけるコーチングの方法をお伝えします。

やりたいこと=want-toがない原因

まずなぜwant-toがないのかという原因についてお話します。私が考えるその原因は、

・want-toにまだ出会っていない、知らない
・want-toを制限している
・やり方が間違っている
・生きるのに困っていない

の4つです。

まだ出会っていない、知らない

やりたいことがない原因の1つとして、「やりたいことにまだ出会っていない、知らない」ということがあります。やりたいことがない、という人でも、これまでの人生の中でいろんなことを知ったり経験してきています。

もしその中で、これは!というものがあれば、やりたいことがないと困ることもありません。しかし、過去から現在までを見渡してみても、want-toが思い付かないのであれば、それは単純に出会っていない、知らないのです。

私は先日、ダンスダンスレボリューションをやってみたくて、ゲームセンターに行きました。ゲームセンターなんて小学生ぶりでした。結局ダンスダンスレボリューションは混んでたのでやめたのですが、ついでなので他のゲームをやってみようと思いました。

なんとなくガンダムが戦うゲームをやったのですが、それがすごく面白かったのです。ちょっとやって帰るつもりが1時間くらいやっていました。こんな風に、やりたいことはまだ出会っていないことだったり、今は知らないことだったりするのです。

want-toを制限している

次に、やりたいことはあるけど制限している場合があります。これはやってはいけないとか、自分にはできないと思い込んでいるwant-toがあるのです。

例えば、マンガを読むのは良くないことだから、楽しいけど読まない、という感じで制限しています。また、お金が儲からないからとか、仕事と関係ないからといって制限していることもあります。「まじめな理由」で制限していることが多いと思います。

いったんこうした思い込みを外してみることで、want-toを見つけることができる可能性があるのです。ちなみに、小説は今では教養の一つみたいになっていますが、小説が出てきた当初はけしからんものでした。

価値基準は時代によって変わるので、あまりまじめにならなくてもいいでしょう。そのうちマンガは教養扱いされるでしょうし、現に今そうなっています。今の世の中の基準を気にしすぎる必要はありません。

やり方が間違っている

同じものであっても、やり方や取り扱いを間違えると、面白くなくなることがあります。学校の勉強はその典型的な例です。テストに必要だからといって勉強をすると、つまらなくなってしまいます。

ゲームであっても学校に持ってきたらつまらなくなる可能性があります。「1学期はガンダム対戦の試験があります。できないものは居残りで技を覚えてきなさい」「操作法のここは試験に必ず出るから覚えてね!いつやるの?今でしょ!」とやっていたらどうでしょうか?

「明日のガンダムの試験だるいね」「穴埋めができない」と言ってゲームが嫌いになる人が続出しそうです。同じことが学校の教科で行なわれているのです。私も国語で読書感想文の宿題とか、「主人公はこの時どんな気持ちだったでしょうか?」という授業だったので「国語はつまらない。意味がない。 → 寝よう。」となりました。部活の顧問の先生に報告されて叱られました。

今では作文も読書も書評も要約もするので、国語は面白いと思います。しかし、やり方が違うと魅力がなくなってしまうのです。

スポーツでも音楽でも、仕事でも、つまらないやり方をするとつまらなくなります。今知っているものであっても、つまらないやり方をしていないか点検してみてください。

生きるのに困っていない

日本にいれば衣食住に困ることはないし、治安も良く、スマホやパソコンを多くの人が持っていて、生活するには十分すぎるほどです。だから欲しいものもやりたいこともないというのは、無理もない話です。

日本に来ているベトナム人の実習生のブラック労働が話題になっていますが、彼らはすごい借金をして日本に来ています。豊かな日本に憧れたり、お金をたくさん稼ぎたいなどの理由で日本に来ているのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 目標設定

    実は「高いゴール」のほうが達成しやすい、その理由とは

    抽象度が高いゴールは達成しやすい?僕は「抽象度の高いゴール」を…

  2. 目標設定

    「目的」が達成できれば「勉強」も「努力」も不要

    僕が通っていた中学校では、「勉強時間」を自己申告していました。詳細はよ…

  3. 目標設定

    儲からないゴール設定

    ゴール設定をする時、「儲かるゴール」と「儲からないゴール」…

  4. 目標設定

    世界レベルの「とんでもないゴール」を作る方法

    こんばんは、石切山です。ニューヨークの黒人街、ハーレムから…

  5. 目標設定

    自宅でできる!やりたいこと発見のための知識習得法

    やりたいことが見つからない原因の一つに、知識量が足りないことがあります…

  6. 目標設定

    「1年のゴール設定」を成功させる「5ステップ」

    「この1年で○○するぞ!」という目標を立てる人がよくいますが、「今年こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    稼げない環境を離れる
  2. ビジネスマインド

    稼ぎたければ過去から判断しない
  3. ビジネスマインド

    あなたの収入が増えない原因
  4. マーケティング

    無料集客で稼げる人と稼げない人
  5. コラム

    独立国家の作り方について
PAGE TOP