2013年と、2018年の、苫米地英人氏及び事務局による、苫米地式コーチの認定における、繰り返された契約違反とその経緯

苫米地英人氏は、少なくとも2度、苫米地式コーチに対して、契約にない義務を、その優越的立場を利用して強制しようとしました。一度目は2013年、そして2度目は2018年の現在進行中の問題です。

義務を強制されたのは、いずれも旧カリキュラムによって認定を取ったコーチたちです。前提知識として説明しておきます。

旧カリキュラムというのは、便宜的につけた名前です。これは、半年程度のコーチング、講座と、苫米地ワークスへの出席の後、マスターコーチ及び苫米地英人氏に認定されるものです。

旧カリキュラムは、資格更新がなく、資格取得後、資格維持のために支払うお金が一切ない課程です。

対して、現在のカリキュラムでは、詳しく知りませんが、更新が義務付けられているようです。1年間活動のないコーチにはフォローアップの受講が要請されたり、資格更新を拒絶することもあるそうです。

■2013年の経緯

2013年当時には、新カリキュラムは存在していませんでした。

そして、苫米地英人氏の事務局から、認定コーチのレベルチェックをしますので、講座に必ずご参加ください、という主旨の通知がコーチに届きました。その講座の価格は20万円以上の高額でした。

そもそも認定条件に、レベルチェックなど存在せず、ましてそれが高額講座なので、ありえない話でした。

こうしたおかしなことを放置できないので、私たちは、ブログにより抗議しました。もしこれを認めれば、認定後にお金はかからないはずなのに、この先ずっと苫米地英人氏の望むように、お金を払わなければならないからです。

入った時と、入った後で話が違うので、苫米地博士のカルトの定義によれば、苫米地式はカルト宗教である、という主旨のことを書きました。

その後、このブログが苫米地英人氏の目に入りました。激怒した苫米地英人氏は、私の仲間のコーチと電話で話しましたが、その際に4000万円の損害賠償請求をする、と言ってきました。

訴訟の可能性を示唆したため、私たちは一度ブログを非公開としました。

※訂正 9月19日:訴訟の可能性を示唆されたためではなく、苫米地英人氏が、今後ちゃんとすることを約束したので、一旦ブログを非公開としました。

その後、苫米地英人氏と、私たちで話し合いが持たれました。その時苫米地英人氏は、僕は20年コーチをやっている、とか過去の関係ない話をしていましたが、結果的に和解となりました。

内容は、今後苫米地英人氏は、苫米地式コーチングを改革すること、今後こういうことをしないということと、私たちも、今回の話は他言しない、という約束で、私に対して約60万円、仲間のコーチに対して約100万円が支払われることとなりました。苫米地英人氏は、これは口止料じゃないからね、ということを私たちに告げましたので、口止め料ではありません。

■2018年の経緯

苫米地英人氏がブログを公開しました。主旨は、こちらで詳しく解説しています。

http://coachingjapan.net/?p=1272

簡単に言えば、苫米地式コーチを、本物と偽物に分け、本物の苫米地式コーチの条件は以下の4つであるとするものです。

・公式サイトのリストに載っている

・苫米地アカデミーを1年間受講し、審査に合格し、本部と契約を結んでいる

・所定の契約書を使用している

・過去は関係なく、過去のことは一切話題にしない

この条件は、少なくとも旧カリキュラムにはありませんでした。このままでは旧カリキュラムのコーチは偽物扱いを受ける可能性がありました。

そこで私は、苫米地アカデミーコーチング事務局に対してメールで問い合わせをしました。

内容を要約すれば、

「苫米地英人氏のブログの条件に私は当てはまらないため、偽物扱い可能性があり困っている。もし、認定コーチを名乗れるのであれば、私や他の同様のコーチたちが非難を受けないように、何らかの措置(例えば、苫米地式認定コーチの条件を再定義して公表していただくなど)を取っていただけないか。」

というものでした。

それに対して、事務局は、あなたは本物のコーチですから大丈夫です、という内容の回答を送ってきました。また、「認定コーチとして公式サイトへ掲載されることが、最も有効な本物の認定コーチである証明」という新条件を提示してきました。これは今まで聞いたことがない話でした。

もしそうなら、認定状よりも、公式サイトへの掲載の方が有効な証明ということになります。

おかしな話が出てきて、要領を得ないので、私は事務局に対して返信をしました。

内容は、前回同様、公式見解などの何らかの措置を取ってもらいたいことなどです。

それに対して、1か月近く(8月9日から9月5日まで)待った結果来たメールは、的外れなものでした。というか、やりとりをしていて感じたのは、事務局は肝心なことをはぐらかし、ごまかしているということです。そうでなければ、よほど読解力がないとしか考えられません。

要約すると、現在の体制に至った過去の経緯、そして、現在の事情説明でした。私は、これからどう対応するのかを聞いていたので、全く回答になっていませんでした。

それどころか、私に対して、使ってもいない名称をでっちあげ、その名称は使わないでくださいと言ってきたのです。これは単に難癖をつけたいとしか思えませんでした。

そこで私は、余計な話は無視して、

「ご回答いただけないので、もう一度お聞きします。

博士のブログが間違っているなら訂正し、新旧カリキュラムの違いも含め、

本物の苫米地式コーチの定義を公式に発表していただけませんか?」

と、返信をしました。最初から何度も聞いていることです。

それに対して、事務局から来たのは、またしても、現状のご説明でした。また、私は回答を求めているのに、前回のメールでお問い合わせにお返事をした、という無意味なことを言ってきたのです。お返事が来ているのは知っています。回答になっていないのが問題です。

そして、最後に、でっちあげた名称の件も合わせて「ご賢察」を求められたのでした。

極め付けは、その後の9月14日、突然全コーチに対して事務局から送られたメールです。

内容は、公式サイトへのコーチの掲載について、

・過去1年間のコーチング活動報告をしてください

・本名を使っていないコーチは、本名を報告してください。

・期限は9月30日

・報告がない場合、公式サイトから自動的に削除する

というものでした。こんなことは初めてのことです。

つまり、実質的には、当初なかった義務を上乗せしています。もし、公式サイトから削除されれば、偽物のコーチになるからです。なぜなら、苫米地英人氏が、公式サイトに載っていないコーチは偽物と断じているからです。苫米地英人氏のブログは、私へのメールの中で事務局も追認しています。つまり、苫米地英人氏本人が勝手にしたことではないということです。

苫米地英人氏及び事務局は、そういうことを、正式な手続きも保障も説明もなし、優越的立場を利用して当然のごとく強制しようとしています。もし、こういうことをしたいなら、十分な説明と、補償、手続きが必要です。同意なく契約を一方的に変更することはできません。

入る時と入った後で違うという、2013年の事件と同じことが起こったのです。そして、本物、偽物という、絶対的な基準を認めています。つまり、現在、苫米地英人氏をトップとする苫米地式コーチングは、苫米地英人氏自身のカルトの定義に照らせば、カルト宗教です。

約束は破られ、私たちは苫米地式コーチとして、当初なかった義務を課され、その地位を脅かされているので、私は、前回と、今回の経緯を公開しました。

苫米地英人氏は、過去は一切関係ないと、常々言っています。過去1年間の活動も、コーチの価値と当然一切関係がありません。こうしたことを聞くのは、苫米地英人氏の定義によると、偽物のコーチです。

私は、今後苫米地式コーチングという集団からは距離を置こうと思います。とてもまっとうな組織とは言えず、また、肝心なことをごまかすか、日本語能力に問題があるかどちらかわかりませんが、そういう事務局に管理されたくはないからです。

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ